両家顔合わせに兄弟姉妹は同席すべき?

両家顔合わせに兄弟姉妹は同席すべき?

結婚を決めて親へのあいさつが済んだ後は両家顔合わせのステップに進むみますが、顔合わせには親だけか、兄弟は招いてもいいのか迷うカップルは多いでしょう。この記事では、両家顔合わせに兄弟を招くことは一般的かどうかについて解説します。

両家顔合わせでは何をする?

顔合わせはその名前の通り、食事会を開いて両家を紹介する場。
中には婚約指輪などの記念品を交換するケースも多いが、結納のように形式ばった品を用意することは稀です。儀式性はなく、家庭や地域によって雰囲気は大きく違います。

なかには食事会だけでなく、結納を含んで「顔合わせ」ととらえている地域・家庭もあるため、顔合わせの内容を2人で話し合い、両家にも意見を聞く必要があるでしょう。

顔合わせには兄弟姉妹は同席しない

一般的には、両家顔合わせには兄弟を招かないものです。
顔合わせ食事会には、新郎新婦と両家の両親の計6人が出席するのが一般的です。
ただし、兄弟を招くのがNGというわけではありません。

顔合わせには細かいしきたりがあるわけではないため、両親に相談して決めるとよいでしょう。
相手の家に相談せず、勝手に兄弟を招くのはマナー違反。親だけなのか、兄弟も招くのか両家でそろえる必要があります。

兄弟姉妹が同席するメリットとデメリット

【メリット】
・お互いの家庭にどのような人がいるのかを結婚前に知ることができて安心できる
・両家の間で共通の話題ができるようになる、また顔合わせ当日も出席者が多いことで会話の種が多くなる
・兄弟も同席してくれることで心強さが増す

【デメリット】
・人数が増えるためスケジュール調整の負担が大きくなる
・ある程度のスペースが確保できる場所を押さえる必要がある
・顔合わせにかかる費用が高くなる

⇒⇒【こちらの記事もオススメ】【結婚式準備】インポートドレスの選び方
⇒⇒【こちらの記事もオススメ】【結婚式準備】ドレス試着の際のメイクは?
⇒⇒【こちらの記事もオススメ】【結婚式準備】ドレス試着の時の服装とポイント

兄弟姉妹を同席させる際の注意点

顔合わせに兄弟を招くか検討する場合、どのような趣旨で顔合わせを行うかを両家に伝えて納得してもらう必要があります。

両親と新郎新婦だけ出席する場合:式や今後についてじっくり話す場
兄弟も同席する場合:家族ぐるみで親密に付き合っていきたいための顔合わせ

また、兄弟のドレスコードにも気を配る必要があります。
新郎新婦よりも華美にならないよう、清潔感のある服装を心がけましょう。

また、中には両家間で和装と洋装がバラバラになるのを気にする人もいるため、両家で和装にするか洋装にするかを決めたら、兄弟に共有することも大切です。

兄弟姉妹が同席することはメリットが多い

両家の顔合わせは兄弟を招かないことが一般的で出席人数が増えることで準備の負担も増えてしまいます。
しかし、兄弟が同席することで両家の親睦が深まるなど今後のメリットは大きいでしょう。



イベントカテゴリの最新記事