車免許は分割払いできる?料金の支払い方法

車免許は分割払いできる?料金の支払い方法

                                                                  教習所に通うにはかなりまとまった金額が必要であり、一括で支払うのが難しい人も多いでしょう。そこで、教習所料金を分割払いで支払う方法について紹介します。

教習所に支払う料金

・教習料金
・仮免許料金
・卒業検定料金
・補講料金
・夜間料金
・免許証交付料金

教習所によって料金が異なる理由

教習料金は人件費、物価、生徒の人数などによってそれぞれの教習所が独自に定めたものであり、全国で統一されているわけではありません。そのため、各教習所によって料金が異なります。
教習所には通学で通う方法と合宿に参加する方法の2種類があり、通学か合宿かで料金が異なるのです。
通学の場合は270,000円~350,000円程度となり、補習代や仮免許学科試験、終了検定に落ちた場合は追加料金が必要なケースが多いです。
合宿の場合は2週間程度で集中して取得するため、210,000円~300,000円程度となり通学よりも割安になるケースがあります。
また、合宿の料金プランは追加料金なしのものが多いです。

料金の支払い方法の種類

料金の支払い方法は教習所によって違うため事前に確認が必要です。
・現金一括払い
・クレジット払い(一括・分割など)
・現金分割払い(弊社ではない)
・デビット払い(弊社ではない)
・ローン払いなどがある

教習所の分割払いとローンの違い

教習所によっては現金分割払いが可能。技能教習料金や検定料金などをその都度支払います。支払いの合計は現金一括払いと変わらないことが多く、合宿免許は短期間での取得を目指すため現金分割払いは扱っていない場合が多いです。
合宿免許で分割払いが可能になっている場合、教習所が提携しているローンを利用できることが多く、支払回数を選ぶことができ、1回~36回など無理のない範囲で支払うことが可能。学生の場合は親権者の確認が必要です。また、金利手数料がかかります。

運転免許ローンの申し込み条件

・大学生・短大生・専門学生は18歳未満:親権者の代理申し込み。18歳以上20歳未満の場合本人申し込み(親権者の同意が必要)、20歳以上の場合本人申し込みが可能。
・高校生や高等専門学校生の場合は最終学年:本人で申し込み可能(親権者の同意が必要)。その他の方は原則親権者の代理申し込み。
・社会人、アルバイト:18歳未満の場合は親権者の代理申し込み、18歳以上20歳未満の場合は本人申し込み(親権者の同意が必要)20歳以上は本人申し込み
・無職、主婦、年金受給:ローンが申し込みできる場合がある。(弊社のローンは保証人なしでも可能)
各教習所の提携しているローンによって申し込み基準や審査の基準が異なります。

ローンが組めないケース

運転免許ローンは学生の場合、基本は本人だが場合によって世帯主(親)の収入に基づいて審査が行われるため、学生以外で安定収入がない場合は審査落ちする場合があります。
また、過去に返済の遅延や延滞がある、多額の借金がある場合は審査に通らないことがあります。

ローンを組むときの注意点

ローンの審査に時間がかかる場合があるため、余裕をもって申し込むことが大切。
審査基準で利用できないケースも考えて、銀行系や消費者金融系のローンなど、いくつか候補を決めておきます。
申し込み者、保証人共に日本国内在住であることが必要です。

無理のない返済計画が大切

合宿免許で分割払いを選択する場合、ほとんどのケースでローンを組むことになります。ローン払いは便利である一方で、金利がかかるため支払い期間が長くなったり、支払い金額が増えることになるのです。返済が滞ると信用に傷がつくため、足りない分だけを借りて無理のない範囲でローンを組み、早めに返済することが大切です。


ライフハックカテゴリの最新記事