個人輸入転売について解説!利益を出す方法や中国輸入のポイント

個人輸入転売について解説!利益を出す方法や中国輸入のポイント

                                                                  個人輸入転売とは何か、利益を出す方法、メリット、中国輸入のメリット・デメリットやポイント、違法性について、個人輸入転売に向いていない人を紹介します。

そもそも輸入転売とは?

・海外のサイトにあるショップから仕入れを行い(輸入)、日本で販売する転売手法である。
・たとえば、海外のAmazonサイトで仕入れ、日本のAmazonで転売すると輸入転売になる。

個人輸入転売で利益を出すための方法

・仕入れるための送料や関税などのコストも計算する。
・商品数が多いebayから仕入れて、ヤフオクで販売する。

個人輸入転売のメリット

・輸入品を転売する場合は、古物商許可証が必要ない。
・輸入転売は国内転売よりも難易度が高いため、競争相手が少ない。
・ノウハウを把握すれば、利益の幅が大きくなりやすい。

個人輸入転売で中国輸入をするメリット

中国は経済成長は著しいが、物価や人件費は依然として安いため物の値段も先進国に比べると安いです。中国から輸入すれば原価が安いので、利益率は高くなります。
正しい方法で行えば安定した利益が期待できます。

個人輸入転売で中国輸入をするデメリット

・輸入時に手数料や関税がかかる。
・納品までに時間がかかるため、倉庫の保管料が高くなる可能性もある。

個人輸入転売で中国から輸入をするときのポイント

・季節ものなど、ジャンルで商品をリサーチして仕入れを行う。
・ノーブランドで検索して、中国から仕入れる商品を探す。

個人輸入転売で違法になるケース

個人で輸入すると、転売目的よりも税金が安くなります。輸入品の数量が多いと、商用目的とみなされ関税は多くなるが違法ではありません。
Amazonへの出品方法や、食品衛生法などの法律を確認しておく。悪質と見られて違法にならないように注意しましょう。

輸入転売をおすすめしない人

・英語ができない人、Google翻訳でも意味が分からない人は個人輸入転売は難しい。
・転売自体が初めてて、流れや仕組みが分からない人には難しい。

個人輸入転売のポイント!

・自分が得意な分野についてリサーチして仕入れをする。
・負債のリスクを減らすために、慣れるまでは少量の仕入れにする。
・輸入に欠かせない関税について学ぶ。

個人輸入転売は仕組みや特徴を把握しよう

個人輸入転売は転売の中でも難易度が高い方法です。そのため、無理をせずに仕組みや特徴を学びながら事業としての利益を目指しましょう。

おすすめのせどり・転売ツール

おすすめのツールやサイトを紹介します。様々なサービスを活用して、自分のやり方に合うサービスを中心にせどり・転売で稼ぎましょう。
激安セール 本・CD・DVD・ゲームソフトが108円から!

電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】



せどり、OEM、卸販売の全てに対応な究極ツールが登場!



ビジネスカテゴリの最新記事