コミュニケーションの種類とリモートワークの注意点

コミュニケーションの種類とリモートワークの注意点

                                                                  コミュニケーションにはさまざまな種類があります。リモートワークを導入する場合、コミュニケーションの取り方にはとくに注意が必要。リモートワークにおけるコミュニケーションの注意点を説明します。

コミュニケーションとは?

・コミュニケーションは、対人関係において意思疎通をおこなうこと
・円滑にコミュニケーションができれば、さまざまな組織(家庭、学校、職場など)において良好な人間関係を作れる。情報を共有したり、相手に働きかけたりできる
・コミュニケーション能力は、社会的スキルの一つ

コミュニケーションの方法

・言葉や文字によるコミュニケーション:話したり書いたりして、直接的に伝える
・非言語コミュニケーション:相手の表情、声のトーン、身振り手振りなどの態度などから状況を察する

企業の業務ではコミュニケーションが重要

コミュニケーションをしっかり取ることで、業務を円滑に進めやすくなります。
組織としての一体感を保つには言葉による業務的な伝達以外にも、非言語コミュニケーションを通した関わりが必要。
ビジネスシーンで重視されるコミュニケーション能力とは他者をともに力を合わせて課題を解決する力、相手に自分の考えなどを伝える力、論理的に伝える力です。

リモートワークはコミュニケーション不足になりやすい

リモートワークをする社員は基本的にオフィスに足を運ぶことがなく、オフィスで働く社員とインターネットや電話を介してやり取りします。実際に対面する機会が少なくなるため、リモートワークに取り組む社員は組織から孤立しやすくなります。
リモートワークに取り組む社員が孤立した結果、日常的な業務についてのコミュニケーションもとりにくいと感じるようになり、仕事に支障が出る可能性もあるのです。

リモートワークでのコミュニケーションの重要性

円滑なコミュニケーションが取れる体制を作っておけば、テレワークの社員との連携がスムーズになります。コミュニケーションについての取り決めを明確にしておけば、緊急時でもすぐに連絡をとることも可能。連絡ミスや対応漏れを防げるのです。

リモートワークで役立つコミュニケーションの方法

・バーチャルオフィスシステム(仮想空間のオフィスにおいて音声・映像・文字などを使い、リアルタイムに連絡がとれるツール)などを導入すると、社員同士がコミュニケーションを取りやすくなる
・定期的に顔を合わせたり親睦を深めたりする機会を設ける

リモートワークを導入する際の準備

リモートワーク導入の基本的な流れ:基本方針の決定→社内ルールの見直し→在宅勤務に必要なツールや環境の整備→試行→分析→本格的な導入へ
テレワークを導入したうえで業務をスムーズに進めるためには、オフィスの社員とテレワークをする社員の連携が重要。
実際にリモートワークをする社員の視点も取り入れる必要があります。
ツールや運用方法についてしっかりと情報を集めたうえで導入したほうがよいでしょう。

まとめ

業務を円滑に進めるには、日常的なコミュニケーションが要となります。コミュニケーションは言葉だけでなく、対面するからこそ分かる表情や態度も重要。リモートワークを導入する場合、多様なコミュニケーションを取れる体制を構築する必要があるでしょう。


ビジネスカテゴリの最新記事