チーズをおいしく食べるお店選びのポイントや初心者向けのチーズの種類

チーズをおいしく食べるお店選びのポイントや初心者向けのチーズの種類

チーズを美味しく食べるためには、お店選びから始める必要があります。
取り扱っている種類やお店によって、チーズの味わいは変わります。
チーズの美味しい食べ方を考えるために、まずはお店を選びのポイントやチーズの種類を知るところから始めましょう。

お店によって味が変わる

同じチーズであれば、どのお店で購入しても同じことであると考える方も多いでしょう。
しかし、チーズは非常に繊細な食べ物です。

新鮮であるかどうかはもちろんですが、チーズの管理や陳列方法や、熟成レベルによって味は大きく異なります。
チーズの品揃えが多く、繁盛しており商品の回転が早いお店で購入しましょう。

商品の回転が早いお店であれば、新鮮なチーズを陳列しています。
チーズは基本的にパッキングされた状態で陳列されているはずです。

パッキングされた状態のチーズは、どの程度熟成しているのかが分かりにくいです。
そのため、チーズが見える状態でショーケースに入れて切り売りしているお店で購入することがおすすめです。

チーズの色も確認できることと、スタッフに相談をしながら購入することもできます。

初心者が楽しめるチーズの食べ方

チーズを食べ慣れていない初心者の場合、フレッシュチーズといった味の特徴が少ないチーズを選ぶことがおすすめです。

青かびチーズなど、味に特徴があるチーズを選択すると、食べにくいでしょう。
少し独特な風味も味わいたいという方は、セミハードタイプや白カビチーズから始めます。

慣れてきたところで、青カビチーズの中でも癖が強くは無いタイプを選ぶなど、徐々に特徴のあるチーズに進みましょう。

チーズの種類も覚えておく

チーズにはたくさんの種類があるため、覚える事は難しいです。
そのため、主なチーズの種類と食べ方だけを覚え、徐々に食べる種類を増やして行くようにします。

一度に並べて食べてしまうと、それぞれのチーズの特徴をつかめず、覚える事ができなくなるため注意が必要です。

食べやすいチーズとして人気のナチュラルチーズはフレッシュタイプが最もおすすめです。
綺麗なホワイトであり、鮮度が落ちると黄色くなるため、新鮮さが一目でわかります。

食べ方としては、小さく切ってサラダにトッピングするなどの方法がおすすめです。
白カビタイプは、触ってみると鮮度が分かるチーズです。

熟成すると中心部まで柔らかくなり、最もおいしく食べる事ができる時期になります。
青カビタイプは、食べ方がシンプルなチーズでもあります。

香りや味が特徴であるため、そのまま食べる事がおすすめです。
カビの色が青いチーズは、新鮮であるという証拠です。

カビが青くはなく、黄色くなっているものは参加しているため注意が必要です。

食べ方のポイントはチーズ選びから

「チーズの食べ方」とは、単にチーズをアレンジするのか、そのまま食べるのかという事だけではありません。
選ぶチーズの鮮度や熟成度合いによって、味は変化をします。

そのため、調理はせずにそのままの食べ方が適している場合と、他の食材と組み合わせる食べ方が適している場合があります。

どちらの方法で食べたいと考えているのかによって、選ぶチーズが変わります。
まずはチーズを扱うお店の中から、信頼できるお店を選ぶところから始めましょう。


フードカテゴリの最新記事