婚約者のどんなことが分かる?探偵を選ぶ方法

婚約者のどんなことが分かる?探偵を選ぶ方法

                                                                  結婚を控えた時期は幸せでもあるが、婚約者に対する不安が募る時期でもあり「今時探偵を使って調べるなんて」と思うかもしれませんが、現在でも結婚調査を依頼する人は多いです。
結婚調査ではどんなことを調べられるのか、婚約者本人にバレてしまうことはないのか、結婚調査に関する気になる疑問や、信頼できる探偵を選ぶポイントについて説明します。

婚約者の結婚調査を依頼する理由や背景

かつてお見合い結婚が主流だった時代には、家柄を重んじる人たちは、仲人を介したお互いの情報以外に探偵や興信所を利用して相手のことを調べるケースも多かったです。
現代では恋愛結婚が多いため、結婚調査を行う人は減ったものの、SNSや婚活パーティーなど男女の出会い方は多様化していています。相手を深く知らないまま交際が進むことも少なくありません。
ニュース等でDV、結婚詐欺、借金などのトラブルを見聞きして不安になって、婚約者について調べたいと考える人が増えてきています。
親が子供の結婚を心配して探偵に依頼するケースだけではなく、結婚を控えた本人が直接依頼するようになってきているのも最近の傾向です。

探偵で調べてもらえる婚約者の調査内容

探偵で調べてもらえる結婚調査の内容はどのようなものがあるのか?どんなことを知っておくべきなのか、それぞれの内容を説明します。

・ 本人や親族に関する基本的な情報が調査できる

・本名や現在の住所など。ネットで知り合った場合や在日外国人の場合は偽名や通称を名乗っている可能性があるため。
・本人も含め、家族や親戚に犯罪歴がある人がいないかなども調査する。
・婚約者の両親が健在か、寝たきりで介護が必要か、同居して面倒を見ている人はいるのか、など、結婚生活を送るうえで自分たちにも関わってくるため、知っておくと安心である。

・勤務先や仕事に関する情報

・学歴や勤務先、年収を偽っている人も少なくない。
・現在の勤務先や、過去の勤務先をやめた理由(社内不倫や不祥事はなかったかなど)についても調べることができる。
・今後の出世の可能性を知りたがる人も多い。
・勤務先での評判を同僚から聞くことで、自分には見せていない一面を知ることもできる。

・ギャンブルや借金に関する情報

現在や過去に借金をしていないかを知ることは結婚するうえでは重要なこと。
過去に借金をしていた場合は、どのように返済をしたのか(親や親族が肩代わりした、自己破産した)についても調べることができます。
借金はなくとも、パチンコ、競馬などのギャンブルの趣味があるか、どの程度お金を使っているかなども結婚前に知っておきたいことです。

・婚姻歴・異性に関する情報

実は既婚者で、結婚詐欺である可能性もゼロではない。過去に離婚歴があるにもかかわらず、初婚と偽っているケースもあります。
離婚歴がある場合は、借金、異性問題、暴力などによる理由ではないか、離婚原因についても知っておきたいですね。
また、自分以外に交際している人はいかないか、浮気癖はないかなどについても調べておくと安心です。

・交友関係に関する情報

・交友関係からも婚約者の人となりが分かるため、ぜひ調べておきたい内容。
・異性の友人が多かったり、浮気へつながるような交友関係ないかなど、友人とどういう付き合い方をしているのかを調べておく。

調査ができない項目

探偵は、婚約者に関する様々な内容を調べることができるが、法律で調査ができない項目もあります。

・出身地、出生地に関する情報は差別につながるとして、探偵業法で調査を禁止されている。
・法に触れる内容を調査することはできないが、まれにグレーな調査でも引き受けている探偵や興信所がある。

違法な調査を行った場合は、探偵や興信所だけではなく、依頼主としても責任を負うことになるため、依頼する探偵が引き受けてくれるからといって、依頼内容には注意しましょう。

調査したことを相手に伝えるべきかどうか

結婚する子供を心配して、親が勝手に結婚調査を依頼するケースもあります。
本人としては、自分の婚約者について調査をしていることに罪悪感を感じるかもしれないですが、調査したこと・していることと相手に伝えるのは避けた方が良いでしょう。
婚約者にとっては、調べられて困ることがなかったとしてもショックを受けます。
今後、結婚生活を送るうえでも調査したことに関しては伝えない方が余計なわだかまりができずに済むでしょう。

調査が失敗する・婚約者にバレてしまうケース

婚約者の結婚調査を探偵に依頼し、失敗してしまうケース、対象者である婚約者に調査の事実がばれてしまうケースもあります。

・探偵側のミス・失敗

探偵側のミスで失敗してしまう原因について紹介します。

●対象者に気づかれる
・対象者のことを知るには、長い時間をかけて調査や聞き込みを行う必要があるが、長い時間をかければかけるほどミスが起きやすい。
・正確な情報を得るために、無理な尾行をすれば本人に気づかれる可能性も大きい。
・自宅や勤務先付近を何度も訪れることで、対象者や近隣の人から不審者と間違われ、通報されてしまう。
・その場合、調査を中断せざるを得なくなる。

●情報が集められない
・なかなか情報が集められず、調査が長期化する、または情報不足で中断になってしまうケースもある。
・これらは探偵の技量不足である場合が多いため、調査の進捗が思わしくない場合は、担当者を変えてもらう、依頼先を変えるなどの手を打った方が良い。


・依頼者側のミス・失敗

依頼者側の問題によって調査が失敗するケースについて紹介します。

●第三者に話してしまう
・自分の婚約者について依頼する場合、または子供の婚約者について依頼する場合に、「探偵に結婚調査を依頼している」ということを第三者に話すのは避ける。
・世間話のつもりでも、第三者から対象者である婚約者本人に調査の事実が伝わってしまう可能性がある。
・子供の結婚調査をする場合、子供にも調査することを伝えておくのか、黙っておくのかをしっかりと決めておくことも必要。
父は黙っておくつもりだったが、母が子供へ話してしまった、などのミスが起きないようにしましょう。

●普段とは違う言動をしてしまう
・結婚調査を行っている場合、後ろめたさから婚約者の前で普段とは違う言動をしてしまい、不審に思った婚約者に問い詰められるケースもある。
・探偵社に少しでも多くの情報を渡すために、婚約者にいろいろ質問したり、自分でも尾行をしてみたり、といった行為はNG。
・「探偵に依頼する」という行為自体が非日常であるため、探偵に関するもの(名刺や契約書)を目に触れるような場所に置いたり、電話番号を探偵社とわかる名前で登録することも避ける。

婚約者の調査を依頼する探偵社を選ぶときのポイント

探偵に調査を依頼した経験はない、という人は多いです。その分、どうやって探偵社を選べばいいのか、この探偵社は信頼できるのか、など気になることも多いでしょう。
探偵社を選ぶ際のポイントを紹介します。

・探偵業届出番号

・2007年6月1日に探偵業法が施行され、探偵業を営む人、会社はすべて探偵業法に基づいた業務を行う必要がある。
・探偵業として正式に届出をしている場合は、必ず探偵業届出番号が交付されている。
・ホームページ内にきちんと番号が公表されているかを確認する。
・さらに実際に事務所に訪問した際にも、掲示されているのを確認する。

・契約書にクーリングオフについて

・探偵や興信所に出入りしていることを人に知られないように、直接探偵に合うときは喫茶店やレストランなどを利用するケースもある。
・探偵が事務所として届け出をしている場所以外で契約を行う場合、クーリングオフ制度が利用できることを契約書に明記し、依頼者に分かるようにしなければならない。
・直接探偵社や興信所を訪れて契約する場合以外では、きちんと説明があるかを確認する。

・料金の安さや妥当性

・広告やホームページに「格安」「激安」など、料金が安いことをアピールしている探偵社もある。
・安く済むことは魅力かもしれないが、なぜ安く済むのか、その根拠は確認しておくべき。
・料金が安いということは、人件費にお金をかけていなかったり、調査期間が他の探偵社と比べて短かったり、格安には格安の理由があるかもしれない。

探偵を利用して婚約者に対する不安や疑念を解消しよう

・人と人との出会い方が多様化した現在では、結婚相手の本質が見えにくかったり、詐欺や事件に発展することもあり、本人も親も心配になるのは当然のこと。
・自力で相手のことを調べようとするには限界があり、ともすれば不信感を与えることもある。

探偵に調べてもらうことで、結婚前の不安や疑念が解消するのであれば、どんどん利用してみたほうが幸せな結婚生活が送れるのではないでしょうか。

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】



業界初大手弁護士法人のグループ探偵社だから安心!



↓どの探偵社が良いのか選べない!という人におすすめのサービスはこちら↓


恋愛/男女問題カテゴリの最新記事