乾燥するのに皮脂が気になる!おすすめのスキンケアアイテムの選び方

乾燥するのに皮脂が気になる!おすすめのスキンケアアイテムの選び方

                                                                  乾燥肌なのに皮脂が多く、テカりやベタつきを感じる人は多いです。この記事では皮脂が多いのに乾燥するメカニズムを紹介するだけではく、水分と油分のバランスが取れた肌になるためにおすすめのお手入れ方法を紹介します。

乾燥肌なのに皮脂が多い肌状態について

乾燥するのに皮脂が多いというのは、肌の水分量が少ないのに皮脂量が多い状態。
皮脂量が多く、脂っぽいから水分が多いというわけではありません。
肌の水分量が少ないために、バランスよく皮脂と水分が混じり合ったうるおい膜「皮脂膜」が作れず、皮脂ばかり目立ってテカッてしまいます。
皮脂を抑えようとして、脂を取り除こうとしたり顔を洗いすぎたりするとさらに乾燥することがあります。

乾燥肌なのに皮脂が多い人のスキンケアのポイント

テカりやベタつきが気になると皮脂を取り除くことに重点を置いてしまいがちだが、まずは乾燥肌にスポットを当てた保湿を心がけることが大切。
水分と油分のバランスを整えることによって、うるおいバリア(皮脂膜)を作り、乾燥を防ぎ、余計な皮脂テカリをおこさないようにします。
保湿をはじめ、水分と油分のバランスを整えるには、肌状態にあったスキンケアアイテムを使うことが大切。
化粧水で水分を与えても、乳液やクリームを省くと水分が蒸発するので、乳液やクリームなどの油分の入ったスキンケアアイテムで蓋をします。
次の段落以降で乾燥するのに皮脂が多い人におすすめのスキンケアアイテムを紹介するので参考にしてみてください。

皮脂分泌を抑えたい人におすすめの化粧水「ONE BY KOSE (ワン バイ コーセー) バランシング チューナー」

【商品特徴】
1.乾燥肌の人にもうれしい、うるおいを与え、保ちながら、皮脂を抑制する化粧水
2.日本初、医薬部外品として唯一“皮脂分泌を抑制”の有効成分を配合した化粧水。
3.毛穴の奥の皮脂腺に直接働きかけ、過剰な皮脂分泌を抑制してくれる化粧水。
4.無着色、弱酸性、オイル(鉱物油)フリー、アレルギーテスト済み。

肌のキメを整えたい人におすすめの美容液として、「GLAMATICAL(グラマティカル) 保湿型VC30原液」

【商品特徴】
1.キメの乱れ、ざらつき、毛穴にアプローチする。
2.ビスグリセリルアスコルビン酸(保湿成分)でうるおいある肌へ導く。
3.化粧品を製造するときに配合するエキスなどの原料をそのまま容器に詰めた高濃度美容液。
4.気になる部分に直接塗ってダイレクトに集中ケアできる。
・水分・油分のバランスが乱れてキメが整っていない肌におすすめ

皮脂はコントロールしたい人におすすめのELIXIR(エリクシール シュペリエル) リフトモイスト エマルジョン T I さっぱり

・みずみずしい感触で気持ちいい。べたつきはないのに、なめらかですべすべの肌になる。
・肌に均一なハリを与え、「つや玉」続く薬用乳液。エイジングケア※が気になる人におすすめ。

乾燥肌で皮脂が多いときはスキンケアアイテムを再検討

乾燥肌なのに皮脂が多いときは、肌の水分と油分のバランスが乱れている状態なので、自分の肌状態にあったスキンケアアイテムに見直すのがおすすめ。
「グラムビューティーク」にはWEBストアもあるので、忙しいママでも家に居ながらにして商品を購入できるでしょう。


美容/健康カテゴリの最新記事