開業チラシの作り方と効果的な配布方法

開業チラシの作り方と効果的な配布方法

                                                                  開業時はチラシを作成し、アピールすることで集客やリピーター獲得にもつながります。しかし、どのようなチラシを作成すればよいのか、何枚配布すべきなのかと悩む人も多いのではないでしょうか。そこで、開業時のチラシ作成方法と、配布する際のポイントを紹介します。

開業時にはどの程度の枚数のチラシを用意する?

開業時に配るチラシの枚数は、地域密着型のサービスや郊外のお店などの場合、最低でも3カ月以内に10万枚を配布することを目標にしましょう。ただし、10万世帯に10万枚を配布するのではなく、オープン前の3カ月間で、3万世帯に3回に分けて配布する必要があります。繰り返しチラシを配布し、目に留めてもらうことによって印象に残り、集客効果が高くなるためです。

チラシは数種類作ろう

開業する前から、ターゲットにサービスや商品を認知してもらい興味を引くためには、3種類以上の広告を作ることが大切です。広告の種類は非常に多く、有料や無料のものなど料金にも差があります。しかし、基本的にはお客さんへ手渡しできるもの、長期間にわたり配布できるもの、お店での旬な情報やイベント情報を発信できるものの3つを作成しましょう。

開業時のチラシの作成方法

開業チラシを作る際には、まず会社やお店のコンセプトをしっかりと伝えられるようにしましょう。開業するオーナーは、理想のお店やサービスをイメージしていることでしょう。そのため、どのようなお店にしたいのか、誰をターゲットにしているのかをはっきりさせたうえで、コンセプトを作成することが大切です。ほかのお店が提供しているサービスや商品との差別化ができなければ、チラシを見た人に魅力を感じてもらえません。そのため、インパクトの強いメッセージを掲載する必要があります。

コンセプトや強みは目につきやすい位置に配置したり、デザインを工夫しましょう。また、信頼や安心を伝えられる内容にすることも重要です。はじめて来店するお客さんは「どのようなサービスなのか、どのようなお店なのか」など、イメージを膨らませますが、なかには不安をいだく人もいます。お客さんに信頼してもらい、安心して利用してもらうために、詳しいサービス内容を掲載したり自身の会社やお店でオリジナルで行っているサービスを丁寧に案内したりと工夫しましょう。

さらに、会社やお店のイメージに合ったデザインにすることも大切です。例えば、飲食店であれば安心や清潔感信頼できるといったイメージが好まれます。イメージにマッチしたデザインにすることが重要であり、チラシのカラーについても清潔な印象をいだかせるパステルカラーやホワイトなど柔らかい色を使用したほうよいでしょう。パステルカラーやホワイトは清潔感だけではなく優しいイメージも与えられます。

水色なども清潔なイメージ、ピンクであればかわいらしいイメージなど、会社やお店のイメージカラーとなる色を見つけることもポイントです。また、チラシを見た人がインターネットから検索をするケースも非常に多いため、ウェブサイトもチラシと似ているカラーに仕上げましょう。もともと自社のウェブサイトがある場合には、サイトとチラシのメインカラーを合わせる方法が有効です。

まとめ

チラシは、開業前、開業後の両方で配布するためにいくつかの種類を用意しておく必要があります。コンセプトを伝えられるよう、デザインにもこだわって作ることが重要です。せっかくチラシを作成するのであれば集客効果の高いデザインに仕上げて、開業のアピールも効率的に行いましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事