カエルはペット保険に入る?必要性とメリット/デメリット

カエルはペット保険に入る?必要性とメリット/デメリット

公的な医療制度がないアルビノツノガエルやニホンアマガエルなどカエルの場合、動物病院での治療費は全額飼い主さんが負担することになります。
 
民間の保険会社が取り扱っているペット保険は、イエアメガエルやツノガエルなどカエルの治療費の負担を軽減できるため加入者が増えています。
 
しかし、「そもそもカエルにペット保険って必要なのか」と、ペット保険に入るべきかと迷っている方も多いでしょう。
 
そこで、カエルにペット保険は必要なのか、ペット保険のメリットとデメリットについて紹介します。
 


 

カエルが加入できるペット保険とは?

ペット保険は、飼っているスズガエルやヤドクガエルなどのカエルがケガや病気で動物病院で治療を受けたときに、飼い主さんが負担した治療費の一部を補償できます。

補償内容を見て、「医療保険と同じでは?」と思う方も多いでしょう。

しかし、ペット保険は、生命保険ではなく、火災保険や自動車保険と同じ損害保険です。

生命保険や医療保険は「人」が対象のため、ペット保険は該当しません。

医療技術や飼育環境が向上し、トノサマガエルやツノガエルなどのカエルが長生きできるようになりました。

それに伴い、病気や怪我で動物病院にかかる機会も増えています。

手術や治療で長期間の通院や入院となると、高額な医療費を支払うことになります。

そのため、カエルもペット保険に加入する必要性は高いといえるでしょう。

カエルがペット保険に加入するメリット

カエルに対する獣医療技術が発展し、治療で完治する病気も増えています。
 
ペット保険は、治療費が高額になる飼い主さんの負担を軽減できることが最大のメリットです。
 
また、医療費の負担が軽減されるためお金の心配が減り、治療や入院、手術の選択肢が広がります。

そのため、カエルの症状や状態に最も適した治療を選択でき、命が助かる可能性も高くなるでしょう。 
 

カエルのぺット保険のデメリット

カエルが加入できるペット保険は、基本的に保険料は掛け捨てで戻ってきません。

さらに、補償内容は保険会社によって異なり、保険ではカバーできない治療もあります。

カエルにペット保険は必要?

イエアメガエルやツノガエルなどをを家族の一員として考え、迷わずペット保険に加入する方もいます。

また、動物病院で勧められてペット保険に加入する方も少なくありません。

カエルの年齢や飼育方法によって、必要かどうかが変わります。

ペット保険に加入しようと思っても、ある程度年齢を重ねていると保険料が上がることや、既往症があるとペット保険に加入できないことがあります。

カエルが病気になったり怪我をしたりした際に「治療費をかけたくない」と診察を受けるのをためらう方は多いです。

しかし、ペット保険に入っていれば治療費の不安が大幅に減るため、少し様子がおかしい、調子が悪そうに見えるといったときに、ためらわずに診察を受けられます。

カエルが加入できるペット保険そのものが少ないため、対象の動物やカエルがかかりやすい病気を補償しているかどうかを確認する必要があります。

ペット保険に加入してカエルの健康を守ろう

ペット保険は、大切なカエルの医療費負担を軽減してくれます。

ペット保険に入っていれば、突然の手術や入院、長期間の通院でもお金の心配を減らし、治療に専念できます。

カエルが加入できるペット保険は少ないため、保険料や補償内容をしっかり比較して、適切な補償を受けられるペット保険を選びましょう。

↓↓ペット保険の比較・無料の資料請求はこちらから↓↓


爬虫類/両生類カテゴリの最新記事