エアコンのカビの臭いが!掃除方法やきれいに保つコツ

エアコンのカビの臭いが!掃除方法やきれいに保つコツ

                                                                  エアコンのカビの臭いはどうしたら、除去できるのでしょうか。エアコンのカビの臭いをとるには定期的な掃除が必要です。エアコンのカビの臭いの掃除方法やきれいに保つコツを紹介します。

エアコンがカビ臭い原因

エアコンは室内の空気を吸い込み、冷やしたり温めたりしている。空気を吸い込む際に室内のホコリも少しずつ吸い込んでいます。
空気を冷やすときに水分が発生したり、空気を温めるときに結露したりするため、エアコン内は湿度が高いです。よって、カビが発生しやすいでしょう。
カビはエアコン内にたまったほこりをエサにして増えていきます。
カビの臭いをとるには掃除が必要。自分で掃除する方法やハウスクリーニングのプロに任せる方法もあります。

エアコンがカビ臭い時の処置

エアコンの内部にカビがたまっている場合、エアコンの運転開始時にカビの胞子が一気に放出されます。
運転開始直後(10分程度)は窓を開けておくようにすると、カビの胞子を家の外に出すことができ、臭いもこもりにくくなるでしょう。
高温に設定して送風運転を1時間以上おこない、エアコン内を乾燥させてカビを死滅させるという方法もあります。
エアコン用のカビ防止スプレーを吹きかけると、カビの臭いを軽減させられます。応急処置による効果は一時的なので、臭いを解消するには本格的な掃除が必要です。

エアコンの掃除の準備

・エアコンは高い位置にあるため、踏み台が必要。安全に作業するためには、グラグラしないようしっかり足場を固めることが大切。
・コンセントを抜き、掃除中の感電や漏電を防ぐ。
・中性洗剤やエアコン用の洗剤を用意する。細かい部分を掃除するためにブラシなどがあると便利。

エアコンがカビ臭いときの掃除方法

・エアコンの外側にもホコリがついているので、最初に拭き取る。拭き取らずに開けるとホコリが周囲に舞ってしまうので注意。
・フィルターを取り外し、水洗いする。汚れが落ちにくいときはブラシや中性洗剤を使用する。洗い終わったらよく乾燥させる。
・フィン(空気を冷やしたり温めたりする部分)、ファン(空気を送り出す部分)などが取り外せないときは、専用の洗剤を使って汚れを落とす。

エアコンを綺麗にキープするコツ

・エアコンを使わない時期はカバーをかけてホコリが入るのを防ぐ。
・エアコンの送風口に貼り付けてカビの発生を抑えるグッズを活用する。
・新しいエアコンはカビの発生を抑える機能が充実している場合もあるため、機能を上手に活用する。

エアコンの掃除の頻度について

・エアコンの掃除は月に1回程度おこなうときれいな状態を保ちやすい。
・難しい場合は季節の変わり目(3カ月に1回程度)でもいいので、掃除したほうがいい。
・こまめに掃除できるなら、1~2週間に1回フィルターの汚れを掃除機で吸い取ると効果的。
・エアコンの掃除まで手がまわらない場合や本格的に掃除したい場合は、ハウスクリーニングのプロに依頼したほうが確実。

定期的な掃除がエアコンのカビの臭いを予防するコツ

エアコンからカビの臭いがするのは、ホコリをエサにして増えたカビが原因。エアコンのカビの臭いを防ぐには定期的な掃除が必要です。自分で掃除する以外にもプロに依頼するという方法があります。家事代行サービスに依頼すると、プロの手でエアコンをしっかり掃除できます。しっかり掃除をしてエアコンのカビの臭いを防ぎましょう。


ライフハックカテゴリの最新記事