育毛メソセラピーとは?副作用やデメリットを解説

育毛メソセラピーとは?副作用やデメリットを解説

                                                                  AGA治療の1つとして、育毛メソセラピーと呼ばれる方法が人気を集めています。耳にしたことはあっても、どのような方法の治療なのかを詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。育毛メソセラピーに効果が期待できるのか、痛みや副作用などの心配はないのか、育毛メソセラピーについての詳しい情報を紹介します。

育毛メソセラピーとは

育毛メソセラピーとは、注射器などの医療器具を使用して、育毛や薄毛解消に有効な成分を患部へ直接注入するAGA治療法のことです。有効成分の注入方法は、一般的な注射器のほかに、痛みを軽減するためのレーザーや超音波を選択できます。AGA治療専門医院のほか、美容整形外科などでも扱っているケースがある治療メニューです。
育毛メソセラピーは、体内から有効成分を巡らせて効果を期待する投薬治療とは異なり、気になる部分へ直接アプローチできることから、高い効果が期待できるとして注目を集めています。薄毛の人は、髪の毛の成長に必要となる栄養素が不足したり、血行が悪く頭皮へ栄養が届かなかったりというケースも多いです。育毛メソセラピーでは、有効成分と同時に髪の毛の成長に必要な栄養素も注入するため、髪の毛を成長させることにつながります。

育毛メソセラピーに期待される効果

育毛メソセラピーの治療方法は、患部へ直接有効成分や栄養素を注入することが特徴です。しかし、具体的にはどのような成分を注入するのでしょうか。AGA治療に有効とされており、育毛メソセラピーで使用される成分について紹介します。

育毛メソセラピーで注入する成分

グロースファクターとはタンパク質の一種で、日本語に訳すと「成長因子」という意味です。グロースファクターは、体内で生成されるエラスチンやコラーゲンのほか、あらゆる細胞が分裂する際に重要な役割を果たします。AGA治療で重要なのは、細胞の増殖をコントロールする働きです。薄毛が進行している人の場合、基本的にヘアサイクルが乱れています。原因は人それぞれ異なり、身体的ストレス・精神的なストレス・遺伝などが多いです。

グロースファクターには、発毛を促すための「発毛信号」を発信する作用もあるといわれています。薄毛の人は、発毛信号がしっかりと発信できておらず、結果としてヘアサイクルに異常が生じていると考えられているのです。そのため、頭皮に直接グロースファクターを注入することで、強制的に発毛信号を発信させます。発信させることでヘアサイクルを正常な状態に戻し、薄毛の悩み解消を目指すための成分です。

グロースファクター

育毛メソセラピーで使用される有効成分には、グロースファクター以外にも、細胞増殖因子を含んでいるケースがあります。AGA治療で用いられる細胞増殖因子の種類は、ケラチン細胞増殖因子であるKGF、繊維芽細胞増殖因子のIGF-1やbFGF、血管内皮細胞増殖因子のVEGFなどです。ほかにも、肝細胞増殖因子のHGF、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸などが挙げられます。美容成分としての認知度が高いコエンザイムQ10は、基本的には細胞内にあるミトコンドリアに存在する成分です。当然、顔の皮膚だけではなく、髪の毛を生成する毛母細胞や頭皮の表面の細胞にも存在しています。そのため、コエンザイムQ10を注入することで細胞を活性化する効果が期待できるのです。さらに、コエンザイムQ10には抗酸化作用があり、髪の毛の成長に必要な成分の酸化を防いでしっかりと浸透させる働きも期待できます。

また、同じく美容成分と認識されることが多いヒアルロン酸は、美容ケアに用いられるケース同様頭皮の乾燥予防のために用いられる成分です。薄毛を進行させるのは、頭皮が乾燥していることが原因の1つといわれています。頭皮も皮膚であり、乾燥によってさまざまなトラブルを引き起こすのです。頭皮にトラブルが発生すれば、頭皮にある毛穴にもダメージを与えることになり、健康な髪の毛を維持する機能が低下し、薄毛につながります。育毛メソセラピーでヒアルロン酸を使用すれば、直接保湿成分を注入することになり、頭皮の乾燥予防ができるため薄毛の解消にもよい影響が期待できるでしょう。加えて、髪の毛そのものにも潤いを与えられるため、髪の毛が傷んで切れ毛や薄毛になっている場合には、予防・改善に効果が期待できます。

細胞増殖因子

育毛メソセラピーと同様に、頭皮へ有効成分を注入する発毛方法として「HARG療法」と呼ばれるものがあります。育毛メソセラピーとHARG療法の大きな違いとしては、「成長因子」を使用しているか否かです。HARG療法では、細胞に直接アプローチする成長因子を注入しますが、育毛メソセラピーでは頭皮や髪の毛の細胞に有効な成分や栄養を供給する成分を注入します。どちらの治療法でも薄毛解消に効果が期待されていますが、比較すると育毛メソセラピーは副作用がなく、安心して受けられることが評価されているのです。そのため、トレンドの発毛治療法になるのではと注目されています。

間違いやすいHARG治療との違い

2つの治療方法には、注入する成分にも違いがあります。HARG治療では、毛母細胞を活性化させる成長因子と、髪の毛が成長するために必要なタンパクAAPE、ビタミン、アミノ酸といった成分を豊富に配合していることが特徴です。一方の育毛メソセラピーでは、薄毛の原因にもなる男性ホルモンに働きかける作用が期待できる、ミノキシジルやフィナステリドなどの有効成分も配合されています。男性ホルモンの働きを抑制するという、基本的なAGA治療方法も含まれることが特徴です。

成分・持続性

HARG治療は、治療を行ったあとも一定期間効果を持続できるのに対して、育毛メソセラピーは治療を続けて行わなければ効果もなくなるという点に違いがあります。ただし、最新の育毛メソセラピーで使用される薬剤には、成長因子が配合されているケースも多いです。HARG治療は、基本的に日本医療毛髪再生研究会から「HARG治療施設」と認定された医療機関が行う、再生治療の1種となります。しかし、日本医療毛髪再生研究会に認定されていない医療機関であっても、使用する成分によっては同等の効果が期待できる治療法でもあるのです。つまり、成長因子が配合されていれば、育毛メソセラピーが劣る部分を解消できるともいえます。事前のカウンセリングで成長因子が配合されているかどうかを確認しましょう。配合されていれば、HARG治療と同じく一定期間効果を持続できる可能性があります。


育毛メソセラピーの注入方法

育毛メソセラピーにはさまざまな注入方法があり、ほとんど痛みを感じないものもあります。可能な限り痛みが少ない方法で治療をするためにも、実際に通うクリニックで扱っている注入方法を確認することが大切です。実際に行われている4つの治療について、具体的な注入方法と痛みの程度を紹介します。

パピュール法

パピュール法とは、注射針で頭皮に有効成分を注入する方法です。育毛メソセラピーの方法として最もポピュラーであり、表皮と真皮のあいだに有効成分を注入して発毛に有効な成分を浸透させます。発毛効果も実感しやすく確実性が高い点が特徴ですが、注射針を使用するため人によっては痛みを感じる場合もあるでしょう。

フラクショナルレーザー法

フラクショナルレーザー法は、レーザーを使用して頭皮に小さい穴をあけ、有効成分を浸透させる方法です。あける穴は極めて小さいため、直接注射するパピュール法と比較すると、有効成分が浸透しにくいことはデメリットだといえます。しかし、これまで多くのクリニックで行われていたHARG療法と比べると、痛みも軽減されており頭皮へのダメージも少ないことが特徴です。

ナパージュ法

ナパージュ法は、注射針で頭皮の表皮に浅く細かく有効成分を注射して浸透させ、皮下組織まで届ける方法です頭皮へ深く注射して有効成分を注入するパピュール法と比較すると、効果を実感できるまでに時間がかかりますしかし、浅く表皮へ注射するため、痛みは少ないことが特徴です。

ダーマローラー法

ダーマローラー法は、マイクロスパイクと呼ばれる極細の針が付いたローラーを頭皮の上で転がし、極めて小さな穴をあけます。たくさんの穴を1度であけられるため、有効成分の浸透率を高めることが可能です。頭皮には、肌を守るための角質層が存在するため、有効成分を塗布しただけでは浸透しにくいといえます。また、美肌に用いられるダーマローラーは、真皮層で生成されるエラスチンやコラーゲンにアプローチすることが目的です。そのため、皮膚の奥まで針が行くよう、0.5mm~2mmの長い針が付いています。一方、育毛メソセラピー用のダーマローラーは、有効成分の浸透をサポートするために0.25mm~0.5mm程度の長さがあればよいとされているのです。そのため、皮膚に対する負担も軽減され、ほとんど痛みを感じることもありません。

育毛メソセラピーの副作用とデメリット

育毛メソセラピーを行う際、痛みを伴うのかどうかも気になる部分ですが、有効成分を注入する以上、副作用やデメリットがないのかも確認しておく必要があるでしょう。副作用や、育毛メソセラピーを受けたあとに見られる可能性がある症状などを紹介します。

副作用・デメリット

頭皮に注入する有効成分によっては、成分に対する副作用が表れることもあります。副作用が見られる場合の例としては、ミノキシジルやフィナステリドが原因となるケースです。ミノキシジルやフィナステリドは医薬品にも含まれる有効成分であり、薄毛を治療するための高い効果が認められています。しかし、副作用が見られるケースもある成分です。さらに、ほかの有効成分については、これまでに重大な副作用は報告されておらず、基本的には心配ないといえます。副作用が出ないように、万が一出たとしても重篤な症状にならないようにするためには、施術当日のアルコール摂取や激しい運動、入浴やサウナを利用しないようにしましょう。

また、育毛メソセラピーをはじめたあと、1カ月~1カ月半のあいだは、開始前よりも抜け毛の量が増加することがあります。ただし、毛が生え変わるサイクル(毛周期)の、退行期と呼ばれる期間に入っている髪の毛が抜け落ちているだけであり、一般的には有効成分による副作用ではありません。新しい髪の毛が生えるまでのあいだの準備期間なのです。退行期に髪の毛が抜けることは「初期脱毛」と呼ばれ、抜ける人と抜けない人がおり、初期脱毛の有無に関わらず結果として育毛効果に影響や差は生じないとされています。


育毛メソセラピーの注意点

育毛メソセラピーは、注入する有効成分によっては副作用の心配もなく治療を進められます。しかし、頭皮に直接注入するという点から、痛みを伴う治療方法もあることがデメリットです。クリニックによって育毛メソセラピーに使用する医療機器が異なりますが、注目される治療であるため、痛みを軽減した機器を導入しているクリニックも増えています。全く痛みを感じない育毛メソセラピーとして、超音波などを使用した方法も存在するのです。痛みが気になっており治療をためらっているのであれば、痛みがない方法を採用しているクリニックを探してみましょう。

すべての人に必ずしも効果が表れるわけではない

育毛メソセラピーを受けるにあたって、副作用やデメリット以外にも注意したいポイントがあります。身体に害があるといった注意点ではないものの、認識したうえで治療をすべきだといえる2つのポイントを見ていきましょう。

効果を正式に認められているわけではない

育毛メソセラピーとは、「発毛や育毛を促進するための有効成分を、頭皮へ直接注入・浸透させることから、高い育毛効果が期待できる」と謳うクリニックがあります。しかし、専門家からは「育毛メソセラピーで得られるとされる効果には、医学的根拠がない」とする声もあがっているのです。AGA治療に用いられるフィナステリド内服薬やミノキシジル外用薬などは、日本毛髪科学会や厚生労働省が認定した成分であるのに対して、育毛メソセラピーは認定されていません。

育毛メソセラピーを行っているクリニックでも、育毛メソセラピーは「オプション」として提供しており、主なAGA治療はあくまでも内服薬、外用薬であるとするケースが多いです。どのような治療にも「100%改善できる」と言い切れるものはありません。育毛メソセラピーは、実際に効果を実感している人も多く、効果が期待できるとされる内容も理にかなっています。ただし、受けることで必ず改善する治療方法ではないことを理解しておきましょう。

育毛メソセラピーをおすすめできる人とできない人

育毛メソセラピーは、多くのクリニックで扱っている治療メニューですが、安全性や有効性が正式に認められている方法ではありません。医療機関で行う治療のすべてが、安全性が高く効果が認められた治療方法であると認識している人も多いのではないでしょうか。しかし、医療機関で扱っているからという理由から、「イコール効果が高い」と解釈しないように注意が必要です。

おすすめできる人

育毛メソセラピーは、使用する有効成分や治療の特徴から、おすすめできる人とできない人がいます。せっかくカウンセリングに行っても、治療に進めないのでは時間の無駄になるでしょう。おすすめできる人、できない人の項目に自分が当てはまるかどうかを確認し、治療を受けるか否かを検討する必要があります。

プロペシアやミノキシジルが効かなかった人

まずは、育毛メソセラピーをおすすめできる人は、どのような人なのかを紹介します。おすすめできるか否かは、治療で使用される有効成分や、性別なども関係しています。当てはまる場合には、育毛メソセラピーを検討しましょう。

女性

AGA治療においては、初期の治療でミノキシジルやプロペシアが使用されるケースが多いです。基本的な2種類の薬でも効果が実感できなかった人や、本来よりも効果が薄かった場合、ミノキシジルやプロペシアの有効成分が育毛に重要な毛母細胞まで行き渡らなかったのだといえます。何らかの理由で有効成分の効果が妨げられたことが考えられるため、直接頭皮へ成長因子を注入する方法が有効です。つまり、成長因子で髪の毛が生え変わるサイクルを正常な状態に戻す方法である育毛メソセラピーは、効果が期待できる可能性があります。

おすすめできない人

プロペシアなど、フィナステリド配合の男性用薄毛治療薬に関しては、女性の薄毛への効果がないとされています。さらに、プロペシアは妊娠中や授乳中の女性が使用すると、胎児や乳児が男児の場合に生殖器の発育異常を起こす可能性があるため、服用できません。理由は、男性生殖器の形成には男性ホルモンが大きく影響しており、プロペシアが男性ホルモンの生成を妨げることで、正常に男性生殖器が発育しないためです。女性の薄毛解消には、育毛成分や成長因子などの有効成分が配合されたものを投与することが、安全かつ効果が期待できるとされています。そのため、育毛メソセラピーをおすすめできるといえるのです。

育毛メソセラピーを受ける前に確認すべき3つのポイント

頭皮の状態によっては、育毛メソセラピーをおすすめできません。おすすめできない状態とは、髪の毛が抜けたあとに頭皮が非常に滑らかで光っている状態です。毛根に存在する細胞が死滅している可能性が高いため、育毛メソセラピーを含め、ほかのAGA治療においても薄毛を解消できないでしょう。また、育毛メソセラピーは1回の施術相場が3~10万円と高額な治療方法であるため、塗り薬や飲み薬などの比較的安値の治療を試していない人には、おすすめできません。まずは、専門家に相談して薬剤による治療からはじめる方法が有効です。

安全性

育毛メソセラピーを実施する前には、必ずカウンセリングを受けることになります。カウンセリングでは、自分がかかえている悩みや不安を相談することはもちろん、ほかにも確認すべきことがあるのです。納得できる治療を受けるために、カウンセリングで確認すべきポイントを紹介します。

価格

カウンセリングの際には、注入される有効成分の安全性を質問しましょう。育毛メソセラピーで使用される有効成分や薬については安全性が高いものが多いですが、クリニックオリジナルの成分を使用するケースもあるのです。オリジナル成分が危険だというわけではありませんが、必ず配合している成分の詳細について説明を受ける必要があります。使用するものに納得したうえで、治療を受けるようにしてください。

痛み

育毛メソセラピーの価格はクリニックによって異なりますが、数十万円かかる場合もある、非常に高額な治療方法です。さらに、効果を実感するためには、治療を継続して行う必要もあります。そのため、自分の経済面と照らし合わせて、治療を続けられる金額であることも大切です。提示される価格の内訳を確認し、無理なく継続できる価格かどうかを確認しましょう。

メソセラピー以外の育毛・治療法

育毛メソセラピーは、有効成分を直接頭皮へ注入するため、注入方法や個人の感覚によっては強い痛みを感じることもあります。痛みに不安がある人はカウンセリングの際に相談をして、痛みのない治療を行っているか、軽減する方法はあるかなどを確認する必要があるでしょう。
育毛メソセラピー意外には、どのようなAGA治療方法があるのでしょうか。これまでに治療を受けたことがない人は、選択肢として育毛メソセラピー以外の方法もチェックしておきましょう。主に行われている3つの育毛方法とAGA治療方法を紹介します。

投薬治療

投薬治療は、医療機関で行われている治療方法としてポピュラーなAGA治療の1つです。投薬治療で使用される有効成分はミノキシジルとフィナステリドの2種類であり、2016年6月以降にはデュタステリドという新しい有効成分も使用が認められ、広く処方されています。フィナステリドについてはプロペシア、デュタステリドはザガーロなどの薬品名で発売されていることが特徴です。フィナステリドとデュタステリドは内服薬であり、サプリメントとは異なるため、1日に定められた量を飲まなければなりません。投薬治療で用いられる有効成分は、薄毛の原因である男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が作られることを抑制する作用があります。

男性ホルモンの生成を抑制する作用を利用して、薄毛の進行も阻止するという方法です。ミノキシジルに関しては内服薬のほかに、外用薬として使用されることも多く、頭皮に塗ることにより髪の毛の成長期を引き延ばします。そして、退行期にはいる時期を遅らせながら、成長期へ移る働きを促す育毛促進効果を期待できるのです。本来は高血圧の人が血圧を低下させるために使用する内服薬でしたが、ミノキシジルを服用した患者に育毛効果が表れたことで効果が認められたため、AGA治療に用いられるようになりました。

植毛

植毛とは、頭皮に髪の毛を植えることによってボリュームを出す方法です。自毛植毛と人工毛植毛の2タイプがあり、カツラとは異なり医療行為であるため、医療機関のみで行われます。自毛植毛は、側頭部や後頭部など髪の毛が残っている場所の毛根を取り、薄毛が進行している箇所へ移植する方法です。人工毛植毛は、自分の髪の毛ではなく、主にナイロンなど繊維を使用して製造された人工毛を頭皮に植えます。しかし、人工毛植毛は身体の拒絶反応などのリスクもある点から、治療方法として選択すべきではないとされているのです。植毛による治療は、副作用や感染症などのトラブルも報告されているため、施術を希望するのであれば安全性や注意点について十分に説明を受けることが重要になります。

発毛剤・育毛剤

市販されている薄毛対策製品には、育毛剤と発毛剤の2種類があります。いずれの製品も、直接頭皮に塗ることによって効果を期待するものですが、作用については特徴が異なるのです。育毛剤は、髪の毛が抜けることを予防し、毛根にアプローチして活性化させることを目指す製品となります。そのため、育毛剤には髪の毛を生やす効果を期待するというより、現在生えている髪の毛を成長させて薄毛が進行しないよう予防する製品です。化粧品に分類されるもので、安全性が高い種類だといえます。一方の発毛剤は、医療機関でも処方されるミノキシジルが含まれるため、髪の毛を生やす、生え変わるように促進する効果が期待できる製品です。医薬品に分類されるため、副作用のリスクも0%ではありません。

メソセラピーは育毛の選択肢のひとつ

育毛メソセラピーは、受けた際に期待される効果だけではなく、副作用といった注意点についても正しく理解することが大切です。AGA治療には、投薬治療や植毛を含めてさまざまな選択肢があるため、自分に合うと感じる治療方法を選びましょう。


ライフハックカテゴリの最新記事