冬の北海道旅行に持っていく荷物の注意点や対処法

冬の北海道旅行に持っていく荷物の注意点や対処法

                                                                  冬の北海道は着替えが厚手のものになりやすく、荷物が多いです。スーツケースは移動に楽だが冬の北海道にはあまり向いていません。冬の北海道旅行に持っていく荷物の注意点や対処法について解説します。

冬の北海道旅行にスーツケースはNG?

通常、スーツケースはタイヤが小さく、車高も低いため、雪の抵抗を受けやすいです。
冬の北海道は一旦雪が積もってしまうと路面に段差ができることも多く、スーツケースを引くのは至難の技。
雪の中を引くのは難しいことから、冬の北海道旅行にはスーツケースは向いていないと言えます。

冬の北海道旅行に持って行くならバックパック

バックパックとは、海外旅行など長期旅行での荷物を入れるのに適したリュックのこと。
バックパックは背負うため、雪でスーツケースを引きにくい場所や歩く場所が多いときには便利です。
ボストンバッグやメッセンジャーバッグなどは片方の肩や腕に負担がかかりやすいため、バックパックのほうが便利です。

バックパックへの荷物の入れ方

・衣類は小分けし、圧縮袋に入れる。
・重いものは内側の背中に近い部分に入れ、軽いものは外側に詰めると重さを感じにくい。
・重いものは上に入れるほうがよいが、肩より上の位置に重いものがくるとバランスを崩しやすいので注意。
・左右の重さもバランスを取って詰める。

バックパックの注意点

飛行機で荷物を預ける場合や、北海道に着いてから観光するときのために、財布や携帯電話(スマホ)など携行品を入れるためのサブバッグを入れておきます。
冬でも荷物は少なめになるように調整し、シワになりにくい着替えを選びましょう。
北海道旅行の目的にもよるが、観光であれば旅行用のバックパックで問題ありません。バックパックには登山用と旅行用がありますが、障害物のカバーとしての役割を兼ねている登山用に対して、旅行用は軽量で価格も低いです。

荷物が増えてしまう場合

宿泊先に荷物を送ってもらえる宅配サービスを使う方法もあります。
大きめのボストンバッグやスーツケースも預けられるので、荷物の量を気にせずに旅行できるでしょう。
宿泊先に届けてもらえ、帰りは宿泊先に預けておけば自宅まで届けてもらえるので、北海道の雪の中でスーツケースを引く必要もありません。
携行品だけで移動ができて楽です。

冬の北海道はスーツケースではない方が良い

冬は雪の抵抗があるためスーツケースは向いていないです。冬の北海道旅行は、バックパックや宅配を利用して上手に移動しましょう。


お出かけカテゴリの最新記事