夫婦で結婚式に参列する際のご祝儀やマナー

夫婦で結婚式に参列する際のご祝儀やマナー

夫婦一緒に結婚式に呼ばれた際、ご祝儀の金額など迷うことが意外と多いです。この記事では、夫婦で出席する場合のご祝儀相場などについて紹介します。

ご祝儀のマナー

ご祝儀は、2万円や4万円など割り切れる数字は縁起が悪いとされています。

結婚式に1人で出席する場合の一般的なご祝儀相場…仲の良い友人は3万円、兄弟姉妹は5万円ほどが相場です。

ただし、付き合いの深さや関係によって金額が異なることもあります。

夫婦で出席する場合の相場は?

ご祝儀の相場は基本的に、「1人で出席する場合のご祝儀×2人分」。
夫婦で出席する結婚式のご祝儀相場は、新郎新婦との関係によって変わります。

・友人の結婚式に出席する場合:5万円ほど(友人の結婚式には1人3万円だが、偶数だと割り切れて縁起が悪いと考えられている)

・親族の結婚式に出席する場合:5~7万円が相場だが、新郎新婦ととても仲がいい、もしくは自分たちの方が年上の場合:8~10万円が目安

金額に適したご祝儀袋を選ぶ

ご祝儀袋には、印刷のみの簡略的なものから、デザイン性の高いもの、格の高いタイプなど様々あり、包む金額によって適したご祝儀袋があります。

夫婦で出席する場合、包む金額は5万円以上になることから、格の高いご祝儀袋を使うのが正解。

水引にデザインが加わったタイプは5万円以上、水引で鶴亀を図案化したご祝儀袋は10万円以上を包む際に使うことが一般的です。

ご祝儀袋の正しい書き方

ご祝儀袋には夫婦連名で記載します。
夫の名前を中央に、その左側に妻の名前を書く。妻の名前に苗字は不要です。
代表として夫の名前を書く場合は、中央に夫の名前を書きましょう。

中袋は代表者の名前だけ記載するので問題ないが、ここも連名にしてもよいです。

マナーを押さえて夫婦で参列しよう

結婚式に夫婦で出席する場合は、ご祝儀の金額に迷いがちですが、重要なのは相手をお祝いする気持ちと最低限のマナーです。

基本的なマナーを守り、新郎新婦をお祝いしてあげましょう。

⇒⇒【こちらの記事もオススメ】ご祝儀袋の名目や名前は英語表記でも良いの?書き方のマナー
夫婦でご祝儀を用意する際に気を付けるべきポイント
ご祝儀の金額や渡す際の基本的なマナー
結婚式の受付係に抜擢!失礼の内容ゲストを迎えるマナーとは



イベントカテゴリの最新記事