夫婦でご祝儀を用意する際に気を付けるべきポイント

夫婦でご祝儀を用意する際に気を付けるべきポイント

夫婦でご祝儀を渡す場合、ご祝儀の金額や名前の記載方法などで迷う人は少なくありません。この記事では、夫婦でご祝儀を渡す場合、相場や連名で記載する際のコツ、中袋の書き方などを説明します。

夫婦でご祝儀を渡す際のポイント

夫婦で結婚式に出席する場合、ご祝儀は基本的に「1人で出席する場合の金額×2人分」。ただし、とても仲の良い人の結婚式に参列する場合などは多めにしてもよいでしょう。

結婚式に欠席することになった場合は、出席する場合の金額の半分、3分の1とした1人1万円前後、またはお祝いの品を渡します。
ご祝儀に名前を書く際、夫婦連名で記載しても代表で夫のみ記載しても問題ありません。

夫婦連名をきれいに書く方法

ご祝儀袋の中央に夫の名前をフルネームで書き、左側に妻の名前を苗字なしで書きます。
もしくは苗字を中央に書いたら、右下に夫の名前、左下に妻の名前を書く方法でもよいでしょう。
文字の中心と大きさをそろえることもポイント。鉛筆で線を引いて下書きをする方法がおすすめです。
名前はお祝い名目の文字よりも少し小さめに、夫の名前の間隔に合わせて妻の名前も書きます。


中袋を書く際のマナー

中袋の書き方のマナーを押さえておきましょう。
・表には「金 〇萬円(※〇は入れる金額)」と書く。数字は旧字で書く
・「〇萬円」のあとに「也」と付ける場合は、10万円以上包む場合のみ
・裏面には、住所と氏名を書く。ここも表面と同様に連名で書いても可

ご祝儀袋に文字を書く際の注意点

ご祝儀袋に名前などを書く際には、毛筆や筆ペンで記載します。ボールペンは事務用品のため、ご祝儀用の筆記用具として向いていません。
お祝いの名目を書く際は、「死文字」とされる「四」文字は避けること。寿・お祝い・御結婚御祝など4文字以外のものを書きます。

ポイントを押さえてお祝いの気持ちを伝えよう

ご祝儀に包む金額や書き方は一見難しく感じるかもしれませんが、一度しっかりマナーを押さえておけば実はそう難しくはないことがわかります。
マナーを押さえたうえで気持ちを込めて渡せば、相手にお祝いの気持ちはしっかり伝わるでしょう。

イベントカテゴリの最新記事