オフィスにふさわしい服装とカジュアルコーディネートの注意点

オフィスにふさわしい服装とカジュアルコーディネートの注意点

                                                                  オフィスによっては、スーツだけではなくオフィスカジュアルでの勤務が許可されているケースもあります。オフィスカジュアルとは、仕事をする場所にふさわしい服装のことですが、具体的にどういうものを指すのか分からない人も多いのではないでしょうか。オフィスカジュアルコーデで使用するアイテムや服装そのものを誤れば、オフィスで浮いてしまい恥ずかしい思いをする可能性もあります。場合によっては、上司から叱責されることもあるでしょう。そこで、オフィスカジュアルの基本から、男女別にコーディネートのポイントを解説します。

オフィスにふさわしい服装の条件は?

オフィスカジュアルコーデを考える際には、仕事をするための服装であることを忘れないようにしましょう。仕事の効率を最優先にするためには、動きやすく着ていて疲れない服装でなければなりません。また、清潔感があるものを着用しましょう。襟の汚れやシワがないなど、実際に清潔なアイテムというだけではなく、一緒に働く社内の人間や、仕事で関わる社外の人間が不快な思いをしない服装を心がけます。さらに、仕事をする環境にマッチしたものを選び、デザインや色がシンプルなもの、柄がついていたとしても地味なものを着用することがポイントです。

オフィスカジュアルは本当にカジュアルでいいの?

オフィスカジュアルでの出社が許されている会社でも、実際にカジュアルな服装で働いてよいということではありません。オフィスカジュアルに、明確な定義はないものの、一般的なオフィスファッションであるスーツを基準として、多少着くずしておしゃれを楽しめる服装のことだと認識しておきましょう。あくまでも仕事をする際に着用するものであるため、ラフやカジュアルな服装を指すわけではない点に注意が必要です。
オフィスにふさわしくない服装としては、露出が多い服装、ノースリーブやキャミソール、胸元が大きく開いているトップスやミニスカート、ショートパンツなどが挙げられます。ほかにも、T シャツやジーンズパーカーといったラフなアイテムや、ダメージジーンズやオーバーサイズのアイテムなど清潔感がないものも、オフィスにはふさわしくありません。加えて、足元も意識しなければならず、サンダルやミュール、ピンヒールなどのデザインは避けましょう。

男性におすすめのオフィスカジュアルコーデは?

男性のオフィスカジュアルコーデは、ジャケットを着用することが一般的です。スーツを少し着崩す形でオフィスカジュアルを楽しみたいのであれば、ジャケットとパンツスタイルが基本となります。また、スーツではなくオフィスカジュアルコーデであることを強調したいのであれば、上下のカラーや素材柄などが異なるジャケットとスラックスを組み合わせましょう。ただし、チノパンを着用すると、オフィスによっては「カジュアルすぎる」と判断されることもあるため注意が必要です。
ジャケットのなかにはシャツとネクタイを着用しますが、ノーネクタイが許可されているオフィスも増えてきているため、それぞれの環境に合わせてコーディネートします。外出の予定や接客の予定がある場合には、オフィス内でノーネクタイが許可されていても、ネクタイを持参しましょう。それぞれのアイテムは、素材や色柄などをTPO に合わせて選択し、基本的には明るい色や大きめの柄は避けます。カラーはブラウンやグレーブラックなどシックなもの、柄は小さめ、もしくは無地のものを選ぶことが大切です。

女性のオフィスカジュアルはどう組み合わせる?

女性のオフィスカジュアルコーデでは、ジャケット着用することが必須というわけではありません。また、女性の場合はコーディネートの幅が広いことが特徴であり、シャツとスラックス、シャツとスカート、それぞれのアウターとしてジャケットもしくはカーディガンなど、さまざまなパターンで着回しできます。シャツは、無地もしくはストライプのものを着用し、胸元などの露出は少ないものを選びましょう。スカートもの丈も膝丈を目安に、足を出しすぎないよう注意が必要です。
シャツやアウターは、襟元に装飾が施されているものでも、装飾が目立たないものや少ないものを合わせます。いずれのアイテムも、レースなどフェミニンなデザインのものは仕事をする場所にはふさわしくないため、シンプルなデザインのアイテムを選ぶことがポイントです。さらに、体のラインが強調される服装も品がなく見えるため避けなければなりません。反対に、オーバーサイズのアイテムもだらしない印象を与えます。自分の体のサイズに合う、シンプルなアイテムを使用しましょう。

スーツにもオフィスに合わないものがある

スーツを着用していても、スーツのなかにはオフィスに適していない種類のものもあるため注意しましょう。黒いフォーマルスーツは、ビジネスシーンで着用するものではありません。また、柄がはいっているスーツであっても細いストライプ程度のものにして、柄が大きく目立つものや派手な色のスーツは着用しないようにしましょう。スーツの種類だけではなくサイズにも気を配り、体型に変化がある場合にはサイズを測り直して買い換える必要があります。オーバーサイズのスーツを着ているとだらしなく見えたり、反対にサイズが小さいスーツを着ていると体型が目立ったりと、スーツを格好よく着こなせなくなるためです。

オフィスの服装は小物にも要注意

オフィスにふさわしいコーディネートをしていても、ベルトやネクタイ、靴や靴下といった合わせる小物を間違えてしまうと台無しになります。そのため、オフィス用のファッションアイテムを扱っているお店などで、コーディネートの相談をする方法も有効です。オフィスに適した服装を選んだうえで小物にまで気を配り、オフィスカジュアルを楽しみましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事