保育士として採用されるための履歴書の書き方

保育士として採用されるための履歴書の書き方

                                                                  履歴書は、保育士として採用されるための最初の関門。ここを突破しない限り採用への道はひらけません。この記事では、保育士として採用されるための履歴書の書き方について紹介します。

履歴書を書く上での基本

・黒色のボールペンか万年筆を使う
・文字は見やすく丁寧に書く
・間違えてしまったら、修正テープなどは使わずに二重線を引いて書き直す
・誤字や脱字がないようにしっかり見直す

基本項目と学歴・職歴は正しく記入しよう

・日付は、履歴書を書いた日ではなく提出する日を記入する
・住所は省略せずに、マンション名なども正式名称で記入する
・学歴は、高校以降の入学と卒業年月を記入する(学校名も正式名称で記入する)
・職歴は、入社と代謝の年月を記入する

免許・資格の書き方のコツ

・免許・資格名は正式名称で記入する
・保育士の場合は「保育士資格」が正式名称
幼稚園教諭の場合は、「幼稚園教諭第一種免許」「幼稚園教諭第二種免許」「幼稚園教諭専修免許」があるので注意しましょう。
また、基本的には仕事に関係する資格のみを、取得した順に記入します。

特技・趣味や自己PR

ピアノや絵を描く、歌を歌うなどは保育業界でポイントの高い特技・趣味となります。
実績や、毎日どれくらいの時間を費やすのかなども記入すると効果的。
保育の現場に関係のない特技や趣味でも、しっかり記入して欄を埋めるといいでしょう。
自己PRでは、自己分析を活かして自分の魅力をしっかりとアピールします。

志望動機は重要!

他ではなく、なぜ応募先を選んだのかを明確に書きます。
事前に園のホームページをチェックして、保育方針を調べておくと効果的。
園の理念と自分の理想や自分のよさをリンクさせて書きます。
履歴書は、なるべく空白を少なくしてしっかり記入することを意識しましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事