人探しに住民票が必要?探偵が人探しをする方法

人探しに住民票が必要?探偵が人探しをする方法

                                                                  人探しをするとき、まっさきに思い浮かぶのが住民票の活用ではないでしょうか。探偵も住民票を活用して人探しをすると思っている人も多いかもしれないですね。そこで今回は、人探しにまつわる住民票の活用方法と注意点について説明します。

住民票の記載内容

・住民票とは各市町村で作成される住民の氏名や住所等を記録した帳票で、住民の居住関係を公証するもの。
・正確には原本は請求できないため、「住民票の写し」が交付される。
・住民票に記載されている内容は以下の通り。
氏名
生年月日
性別
世帯主の氏名及び世帯主との続柄
戸籍の表示
住民となった年月日
住所及び転居したものについては、その住所を定めた年月日
届出の年月日及び従前の住所など

住民票の閲覧資格

・住民票の写しの交付は、従来は誰でも請求することが可能だった。しかし、2008年(平成20年)5月1日に交付制度の全面改正が行われた後は、厳しく制限されるようになった。
・申請できる人の範囲は以下の通り。
住民票の写し又は住民票記載事項証明:「本人」及び「本人と同一世帯の者」
住民票の除票の写し(死亡による) :「死亡時に本人と同一世帯だった者」
住民票の除票の写し(転出による) :「本人」
・その他
国・地方公共団体の機関による請求、特定事務受任者(弁護士や司法書士など)が職務上必要な場合において行う請求、自己の権利行使や義務履行に必要なときなど住民票の記載事項を確認することにつき正当な理由があるものによる請求の場合に限り交付が認められる(b:住民基本台帳法第12条、第12条の2、第12条の3)

探偵による住民票の閲覧は違法行為

住民票の閲覧や交付は厳しく制限されているため、第三者が交付を受けることや閲覧することはできない。
このことは、探偵業務の実施の原則(法第6条関係)にも明記されています。
したがって、探偵事務所であっても通常身内以外が住民票の写しを手に入れることはできないのです。

・ 例外的に住民票の閲覧行為が認められるケース

・尋ね人が近親者の場合。
・お金を貸している、養育費や慰謝料の支払いが滞っているなど、請求理由に正当性が認められた場合交付請求が認められるケースもある。
この場合は、探偵事務所ではなく探している本人が申請することになります。

住民票が役に立たないケース

・記載されている住所に出向いたとしても、住民票の記載情報が古い場合は、引っ越した後である可能性もある。
・なんらかの事情で逃げている人などは、住民票を移動させずに転々と住処を変えている可能性もある。
・住民票の情報だけでは居場所を特定できないことが多い。


人探しの目的

・身内が突然失踪してしまった
・元気で暮らしているか心配
・子供の養育費を払ってほしい
・借金を踏み倒して逃げた
・結婚詐欺にあったなど
人探しの目的は人それぞれですが、住所を知った後に調査対象の現在の状況を知りたい、できればあって話し合いたいというケースが多いです。

住民票に頼らない人探しの方法

・インターネットを活用する
・SNSを活用する
・残された私物を確認する
・ビラを作成する
・徒歩で捜査する
・警察に捜索願を出すなど

捜索願を出す場合の注意点

・捜索願は、以下に該当する人しか届け出ることができない。
親権者
配偶者
後継人など親族や監護者
行方不明者の福祉に関する事務に従事する者
同居人
恋人
行方不明者の雇用人
行方不明者と親密な関係にある者
・捜索願を出す場合は、詳細な情報が必要となる。
・警察が捜索願を受理した場合、すみやかに捜索するケースと、捜索を行わないケースがある。
・「事件性があるのか」「事故なのか」「自分の意思で失踪したのか」を判断して「一般家出人」と「特異行方不明者」に分けられる。
・一般家出人と判断された場合は、捜索願を出してもほとんどのケースは探してくれない。
・警察の調査は事件性がある場合や生命の危険がある場合が優先となる。

探偵による人探しのポイント

・人探しは非常に根気のいる作業であり、一般の人が限られた時間や情報で探すのは難しい。
・探偵事務所に依頼した場合以下のような方法で調査をすることができる。
・データー調査
・尾行、張り込み調査
・徒歩や車を使った調査
・周辺への聞き込み調査など
さまざまな手法を組み合わせて最適な調査方法を決定して調査できるのがメリットといえるでしょうか。

人探しは探偵事務所に依頼してみよう!

なんらかの原因で行方をくらましている人の居場所を調べるのは困難な作業。また、行方を突き止めたとたんに逃げてしまうケースも多いです。調査対象者に気付かれることなく調査したい場合は思い切ってプロにまかせてみましょう。

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】



業界初大手弁護士法人のグループ探偵社だから安心!



↓どの探偵社が良いのか選べない!という人におすすめのサービスはこちら↓


ライフハックカテゴリの最新記事