引越しドライバー/運転手の仕事内容とは?働くメリットを紹介

引越しドライバー/運転手の仕事内容とは?働くメリットを紹介

                                                                  引越しドライバー・運転手の仕事内容は、依頼のあった自宅の荷物の運び出し、運搬、搬入です。安全に荷物を運ぶことを重視し、比較的短い距離を走行することも特徴だといえます。
引越しシーズンとなる春には多忙になるものの、給料は平均年収よりも高い傾向にあり、引越し作業は深夜や早朝におよぶケースは極めて稀なため勤務時間帯も安定しているでしょう。待遇面はよい仕事であり、長期間働くのにも適しています。

引越しドライバー/運転手のやりがい

仕事中には、お客さんとのやり取りからやりがいを感じられることも魅力です。お客さんは、引越しの作業中に「ありがとうございます」や「ごくろうさま」など声をかけてくれるケースが多いため、モチベーション維持にもつながります。また、引越しが完了したあとにはアンケートを実施している企業が多く、直接声をかけられなかったとしても、アンケートでよい評価をもらえることもあるでしょう。
さらに、お客さんからお昼代や飲み物代などを貰うこともあり、やりがいを感じられる場面も多い仕事だといえます。体力が必要な仕事であり、繁忙期には非常に忙しくなりますが、さまざまな場面でやりがいを感じられることによって仕事を頑張れるというドライバーも多いのです。

夜勤の引越しドライバー/運転手のメリット

夜勤ドライバーの仕事には、主に4つのメリットがあります。
1つ目は、渋滞に巻き込まれる可能性が極めて低いことです。夜間の道路は、昼間と比較して車の数が少ないため、渋滞が発生することが非常に少ないといえます。渋滞によるストレスや、納品時間に間に合わせなければならないという焦りなどもなくなるため、精神的な負担が軽減されるでしょう。
2つ目は、日中に行動できるため、銀行や役所、病院にも行きやすくなることです。
土日は銀行の窓口や役所はしまっている、病院は混んでいるなど、日中働いていると効率よく行動できないこともあります。しかし、夜勤の勤務であれば、平日の日中や休日を利用して銀行や役所、病院にも不自由なく行くことが可能です。
3つ目が、子供の幼稚園や学校行事に参加できることです。
シフト制などで土日の日中に仕事をしていると、子供の行事には参加できません。
しかし、夜勤であれば、例え土日に仕事があったとしても勤務後に向かえば間に合うケースも多いため、家族そろって子供の行事に参加できます。
4つ目が、深夜手当がつくため稼ぎやすいことです。
深夜23時~5時のあいだに勤務する夜勤ドライバーは、日中に勤務するドライバーと比較すると給料が高くなります。

日勤引越しドライバー/運転手のメリット

日勤ドライバーとして働く場合、主に3つのメリットがあります。
1つ目が、身体へのストレスがかかりにくいことです。夜勤のドライバーは深夜手当もつき、日勤のドライバーと比較すると稼ぎやすくなります。しかし、稼ぎではなく身体の健康を重視するのであれば、日勤ドライバーのほうがよいでしょう。
人間の身体は、夜間は睡眠をとることが自然であり、昼夜を逆転させてしまえば必然的に身体に負担がかかるのです。そのため、健康を維持したい、体力に不安があるという人は、日勤ドライバーとして働くほうがメリットは大きいといえます。
2つ目が、前職が日勤であった場合に、すぐに仕事に慣れることが可能である点です。前職が日勤であったにも関わらず、突然夜勤ドライバーをすれば、夜型の生活へ移行するまでに時間がかかります。いずれ夜勤ドライバーを兼任する可能性があるとしても、まずは慣れることが大切です。ドライバーの仕事は日勤、夜勤とありますが、どの時間から勤務をはじめることが自分にとって最適なのかをしっかり判断しましょう。
3つ目が、家族と生活リズムが同じであることです。毎日一緒に食事をすることは難しいかもしれませんが、夜は睡眠、朝に起床するなど、生活リズムを揃えることは非常に大切なことだといえます。


ビジネスカテゴリの最新記事