ハゲ予防にはシャンプー方法が重要!ハゲが悪化する間違った方法

ハゲ予防にはシャンプー方法が重要!ハゲが悪化する間違った方法

ハゲの予防や悪化を防ぐためには、正しい方法でシャンプーをすることが大切です。

日頃、意識せずに行っているシャンプーやヘアケアが、ハゲの原因になっていることもあります。

ハゲることを防ぐためには、頭皮や髪の毛に負担がかかりにくいシャンプーを使用し、正しい方法で洗って乾かすことが重要です。

そこで、正しいシャンプー方法や、ハゲが進行する可能性がある誤ったシャンプー、ヘアケアについて解説します。


ハゲに効果が期待できるシャンプー方法

頭皮を清潔な状態で維持するために行なっているシャンプーは、方法を間違えるとハゲの原因になることがあります。

ハゲに悩んでいる場合には、髪の毛や頭皮にダメージを与えないよう、正しい方法でシャンプーをしましょう。

弱酸性のシャンプーを使う

薄毛や抜け毛、ハゲに悩んでいる場合には、弱酸性のシャンプーを使用する方法が有効です。

頭皮は弱酸性であり、シャンプーも弱酸性のものを使うことでによって、頭皮への負担を軽減できます。

さらに、髪の毛や頭皮に負担がかかりにくい天然成分で作られたシャンプーを使用することも重要です。

ブラッシング

シャンプーをする前に、髪の毛をブラッシングすることでフケやホコリなどの汚れを落とすことが可能です。

髪の毛が絡まっている箇所もとくことによって、シャンプーをした際の髪の毛や毛根への負担を軽減できます。

ぬるま湯で濡らす

シャンプーをする際のお湯の温度は、38°から40°にしましょう。

また、シャワーを当てて髪をしっかり濡らすことが重要です。髪の毛を水で濡らさずにシャンプーを使うと、髪や頭皮に摩擦が生じ、薄毛や抜け毛、ハゲに繋がることがあるため注意が必要です。

シャンプーを泡立てる

シャンプーは、液体の状態で髪や頭皮につけて髪の毛の上で泡立てないようにしましょう。

髪の毛や頭皮に負担がかかるため、手のひらで泡立てたうえで髪の毛に乗せます。

また、シャンプーで洗う際には爪を立てたり力を入れて洗ったりせずに、指の腹で頭皮を押すようにしてマッサージをしながら洗います。

すすぐ

髪の毛についたシャンプーを洗い流しても、頭皮にすすぎ残しがある可能性があるため、しっかりと洗いましょう。

コンディショナーやリンスを使った場合にもしっかりと洗い流さなければ、毛穴が詰まりハゲの原因になります。

さらに、髪の毛は濡れたまま放置せず、吸水性が高いタオルで水気を拭き取り、ドライヤーでしっかりと乾かすことが大切です。

ハゲの原因になる!注意すべきシャンプー方法

十分にヘアケアを行っているつもりでも、髪の毛のお手入れ方法を誤ると頭皮環境が悪化したり、髪の毛が傷んでパサパサになったりすることがあります。

髪の毛は頭皮に負担がかかるお手入れを継続していると、ハゲにつながる場合があるため注意しましょう。

指に力を入れて洗う

シャンプーをする際に、力を入れないようにします。頭皮の皮脂やフケを取り除きたいと考えて頭皮をこするように洗ってしまう方もいるでしょう。

頭皮をきれいにすることはハゲを予防するために重要ですが、強い力でこすり洗いをすれば頭皮がきれいになるわけではありません。

特に、爪を立てて頭皮を洗うと、頭皮を傷つけることがあります。頭皮は顔と同じようにバリア機能で保護されていますが、力を入れてこすると頭皮がはがれ、バリア機能が低下します。

頭皮が荒れた状態になると、雑菌が繁殖して皮膚の感染症も起こしやすいため、ニキビや湿疹ができてハゲに繋がることがあります。

熱いお湯で洗い流す

シャンプーの後、頭皮をすっきりさせたいと考え、温度が高いお湯で洗い流すが方も多いです。

しかし、熱いお湯で髪や頭皮を洗い流すとダメージを与えるため注意が必要です。熱いお湯によって頭皮を守るために必要な皮脂や髪の毛の水分が洗い流され、髪の毛や頭皮が乾燥します。

シャンプーをする際のお湯の温度は、熱すぎず冷たすぎない温度に設定しましょう。

髪の毛だけを洗う

頭皮や髪の毛に刺激を与えたくない場合や、ハゲ予防のためにシャンプーをする際、髪の毛だけを簡単に洗うという方もいるでしょう。

しかし、髪の毛だけを短時間で洗うという方法は、髪の毛や頭皮の状態を悪化させる可能性があります。

頭皮の毛穴や皮膚についた汚れをしっかりと落とさないと、頭皮に雑菌が繁殖し、皮膚が炎症を起こしたり不快な臭いの原因になったりします。

すすぎ残し

リンスやコンディショナーを十分に洗い流さないと毛穴が詰まるため、健康な髪の毛が生えず、ハゲの原因になることがあります。

洗い流さないタイプのトリートメント以外のリンスやトリートメントについては、長時間髪の毛につけた状態にしていても効果が高くなるわけではないため、すぐに洗い流しましょう。

洗い流さない状態で長時間過ごしていると、髪の毛や頭皮が酸化して頭皮環境が悪化したり、髪の毛はごわついたりします。

リンスやトリートメントは商品ごとに使用方法や注意点が異なるため、説明書をしっかりと確認したうえで活用しましょう。

ドライヤーの使い方でハゲが進行する!?

シャンプーをした後は、濡れた髪の毛を乾かすために温風でドライヤーをかけることが一般的です。

しかし、間違ったドライヤーの使い方をしているとハゲが進行する可能性があります。そこで、間違ったドライヤーの使い方や注意点について見ていきましょう。

髪の毛を必要以上に乾かす

髪の毛を乾燥させすぎると、髪の毛や頭皮がダメージを受けることがあります。

さらに、ドライヤーの温風は最高で100°ほどの温度になることもあり、髪の毛や頭皮にドライヤーを近づけると温風により炎症を起こすことがあるため注意が必要です。

ドライヤーの熱によって髪の毛や頭皮の炎症を起こさないためには、ドライヤーは短時間で、髪の毛を乾かすことが重要です。また、温風のみではなく冷風も使って乾かすと、頭皮への負担を軽減できるでしょう。

頭皮に近付ける

髪の毛にドライヤーを近づけると、髪の毛や頭皮が乾燥します。

特に、頭皮が乾燥すると頭皮を守るためのバリア機能が低下し、皮脂を調整できなくなるため、皮脂の過剰分泌に繋がることがあります。

また、乾燥しすぎた皮膚を守るために皮脂が過剰分泌されたり頭皮が乾燥しないよう、ドライヤーは髪の毛から離して使うことが大切です。

乾かせていない

髪の毛はドライヤーで充分に乾燥させても、頭皮を乾かせておらず乾かせていない場合や、ドライヤーの熱によって汗をかいた場合は髪の毛や頭皮が蒸れることがあるため注意が必要です。

特に、髪の毛を十分に乾かせないと頭皮が蒸れ、細菌が繁殖します。また、髪の毛を乾燥させても頭皮がしっかりと乾かせていないと、ハゲの原因だけではなく頭皮のかゆみや不快な臭いの原因にもなります。

ドライヤーの温風によって汗をかいてしまった場合には、最後に冷風を使って乾かしましょう。

ハゲが進行したら早めに専門クリニックへ

正しいシャンプーの方法や、髪の毛や頭皮の乾かし方のポイントを押さえてハゲ予防をしても効果がない場合には、専門クリニックに相談する方法が有効です。

特に、男性型脱毛症のAGAは治療方法があるため、クリニックで治療をするとハゲを改善できる可能性が高いです。

また、AGAは進行するため、放置すると回復までにも時間がかかってしまいます。そのため、自宅でハゲ予防をしても効果が現れない場合には、早めに専門クリニックに相談しましょう。

シャンプーではハゲが止まらない!AGAクリニックおすすめ3選

ハゲの進行を止めたい方におすすめのAGAクリニックを3つ紹介します。

3位:銀座総合美容クリニック

頭髪専門外来がある美容皮膚科クリニック!


2位:MSクリニック

発毛実感99.6% 月4200円からできる最新のAGA治療!


1位:リアス銀座クリニック

毛髪診断士の資格を持ったカウンセラーが次世代の医療発毛を実施!
治療費は月額2,980からとリーズナブルです。
完全予約・完全個室制なので、患者さんのプライバシーを徹底厳守、安心して施術を受けられます。


自宅で気軽にケアをしたい人におすすめのアイテム

クリニックに行く時間はない・・・・という方におすすめの、自宅で使えるアイテムを紹介します。

スヴェンソン

スヴェンソン独自の毛髪理論に基づいた商品設計で、頭皮本来のポテンシャルを引き出すオリジナル商品 『へアライズシリーズ』!WEB限定、初回購入50%OFFの半額購入可能です。


金ナノコロイド配合の金の育毛剤【FUNDUP(ファンダップ)育毛ローション】

育毛剤は「臭い」というイメージを持つ方も多いでしょう。FUNDUP(ファンダップ)育毛ローションはジンジャーの爽やかな香りで、使い心地が良いことが魅力です。


薬用グローリン・ギガ

医薬部外品『薬用グローリン・ギガ』は、 8つの効果効能を3つの薬用成分で気になる部分にグングン浸透。
1本1本にアプローチ! ピンポイント注入で発毛促進します。


症状が軽い場合には、クリニックで治療をする前に自宅でのケアを始めてみるのもよいでしょう。

美容/健康カテゴリの最新記事