ご祝儀の金額や渡す際の基本的なマナー

ご祝儀の金額や渡す際の基本的なマナー

親族や友人の結婚報告に対し、家族みんなで結婚をお祝いしたい場合、ご祝儀の金額などで悩むことは多いです。この記事では、家族でご祝儀を包む場合の相場や適したご祝儀袋の選び方、正しい書き方について紹介します。

そもそもご祝儀とは

ご祝儀はもともとお祝いの儀式を指す言葉。今では、結婚のお祝いとして渡す金品のことを指すのが一般的。
ご祝儀は、新郎新婦が招待客をもてなすのにかかる食事代・会場費に加え、お祝いする気持ちとして金額をプラスするのがマナーとされていて、ご祝儀を渡さなかったり、あまりにも安い金額を渡すのは非常識にあたります。

会費制結婚式の場合はご祝儀が不要。特別仲のいい人の結婚式が会費制の場合は、別途プレゼントを贈るのが良いでしょう。

家族で出席する場合のご祝儀の金額

基本的には、「1人で出席する場合のご祝儀×人数分」がご祝儀の相場。ただし、偶数にならないよう気を付ける。夫婦2人で出席の場合は5万円が相場だが、親族の場合だと新郎新婦ととても仲がいい場合、自分たちの方が年上という場合は8~10万円が目安です。

小さな子供がいる場合は、人数にそのままカウントするのではなく少なめでも問題はありません。

ご祝儀袋は金額に合ったものを選ぼう

ご祝儀袋には、印刷のみの簡略なものから華やかな飾り結びのある格の高いタイプなどまで様々あり、包む金額によって適したご祝儀袋を選ぶ必要があります。

家族でご祝儀を包む場合は、5万円や8~10万円など高額になります。
5万円を包む場合は、和紙を使ったものでのしや水引が立体的なデザインを選び、5万円以上包む場合は、檀紙を二段重ねにして松などの飾りがついた華やかなものを選ぶと良いでしょう。

表書きと中袋の記載方法

家族でご祝儀を渡す場合は、代表として世帯主名だけ記載するか、連名にするのが一般的です。

夫婦連名の場合は右側に夫の名前、左側に妻の名前を書く、もしくは中央に苗字を記載して、右下に夫の名前、左下に妻の名前を記載してもOK。

連名は3人まで、3人までの連名の場合は、右から夫→妻→子供の順です。
中袋は、郵便番号・住所・氏名を記載する。連名にする場合は、表書きと同様右から夫、妻、子供の順です。

家族みんなで祝福しよう!

ご祝儀で大切なのはお祝いの気持ちであること、無理のない範囲内で金額を包み、ご祝儀袋のマナーも大切にすることが重要です。家族みんなで、新郎新婦の門出を祝福しましょう。

⇒⇒【こちらの記事もオススメ】夫婦で結婚式に参列する際のご祝儀やマナー
⇒⇒【こちらの記事もオススメ】夫婦でご祝儀を用意する際に気を付けるべきポイント



ライフハックカテゴリの最新記事