エコキュート設置に向いている家庭と向いていない家庭の違いとは

エコキュート設置に向いている家庭と向いていない家庭の違いとは

                                                                  

電気代の節約のために、エコキュートの設置を検討している人も多いのではないでしょうか。設置場所やメーカーを決めることも大切ですが、自分の家がエコキュートに向いている家庭か、向いていない家庭かをしっかり見極めることも重要です。どのような家庭が向いているのか、向いていないのかを確認し、自分の家庭が当てはまるかどうかをチェックしてから設置を検討しましょう。

エコキュートの設置に向いている家庭

エコキュートが向いているかどうかは、どれほどの節電したいと考えているかという点や、住宅の状況によっても異なります。エコキュートが向いている家庭の特徴をチェックしていきましょう。

省エネ・節約志向

エコキュートを設置する 最大のメリットは、光熱費の節約につながることです。具体的にどの程度光熱費を節約できるのか、家族4人で使用した場合の目安を紹介します。
エコキュートにかかる光熱費は年間で2万円~3万円ほどが目安です。家族4人の場合、年間のガス代はおよそ15万円となります。給湯にかかるガス代はおよそ12万円であり、エコジョーズであればおよそ10万円~11万円が目安ですが、ガス代のうち3/4は給湯に使用されているのです。

つまり、これまでのガス給湯器からエコキュートへ買い換えることによって、月に1万円ほど、年間でおよそ10万円もの光熱費を節約することができる場合があります。エコジョーズと比較しても、年間で7万円~8万円の節約につながる可能性も高いでしょう。
家族の人数が多い家庭やシャワーやお風呂の回数が多い場合など、ガス代が高ければ高いほどエコキュートによる節約効果も得やすくなります。2人家族の場合は月におよそ5,000円ほど、年間にすると5万円~6万円ほど節約につながるでしょう。

オール電化住宅

オール電化とは、空調、調理器具や照明といったすべてを電気でまかなう方法です。一般的な住宅であれば給湯や調理に使用するのはガスであり、照明や空調は電気を使用するなど、いくつかの熱源が存在します。熱源を全て電気にまとめることによって省エネになるうえに、安全な生活をおくれることがオール電化のメリットです。
また、オール電化住宅の場合、基本的に火を使用し施設せず調理器具は IH クッキングヒーターを使用します。給湯は給湯式のエコキュートを使用するため、ガスを使用している住宅よりも火災などのリスクが低くなり、子供やお年寄りでも安全にお風呂や調理器具を使用できるのです。オール電化住宅にすることを検討しているのであれば、エコキュートが向いているといえるでしょう。

向いていない家庭

エコキュートを設置することでメリットを得られない家庭や、エコキュートの設置に向いていない家庭にはどのような特徴があるのでしょうか。 ライフスタイルや住環境によって異なるため、向いていない家庭の特徴を紹介します。



・屋外に設置スペースがない(狭い)

エコキュートを設置する際には、電気温水器以上にスペースが必要となります。エコキュートは電気温水器と比較して消費電力が小さく節約につながるものの、ユニットを設置できるスペースがなければそもそもエコキュートを導入できないのです。
エコキュートを設置するために必要な最低限のスペースは、ヒートポンプユニットと給湯ユニットを設置するための広さを指します。しかし、ヒートポンプユニットと給湯ユニットの幅と奥行きに余裕がなければ、メンテナンスの際や設置の際にも手を入れることが難しいため、ある程度の余裕をもったスペースが必要となります。

さらに、高さのある給湯ユニットは、床の面積だけではなく高さも計算しなければなりません。パナソニックのエコキュートを例にとってみると、容量は同じ給湯ユニットでも薄型と角型、高さの低いもの、コンパクトなものの4種類が販売されています。
一般的な形状である角形のエコキュートであれば、幅600mm、奥行き680mm、高さ1810 mmとなり、設置に要するスペースは約0.4平方メートルです。コンパクトタイプのエコキュートであれば、幅560mm、奥行き440mmと非常に小さく、設置に要するスペースはおよそ0.2平方メートルとなります。

また、高さのないタイプは 、必要な床面積は変わらず高さだけ30mm低くなっているため、床も高さもスペースに余裕がない場合に便利なタイプです。しかし コンパクトタイプの奥行440mm、幅560 mmのスペースに加え、設置やメンテナンスの際に必要な手を入れるのに十分な隙間を作るスペースがない場合は、エコキュートの設置が難しいといえるでしょう。

・出張や旅行で留守がち

エコキュートで得られるメリットの1つは、エコキュートで使用する電気代がお得になる夜間電力プランを利用することです。夜間にお湯を沸かす 夜間電力プランを利用することによって、夜間にお湯を沸かす際の光熱費が節約できる一方、日中に電気を使用する際には電気代が割高になります。
そのため、お湯を使用する量が少なければ、エコキュートのメリットである夜間電力プランを利用してお湯を沸かし節電するという効果が得られなくなるためです。家族や子供が日中家に自宅にいることが多かったり、オール電化住宅で日中の家電製品を使用する機会が多かったりすると節約できず、反対に光熱費が高くなってしまう可能性もあります。

気温が低い地域(寒冷地)に設置する場合のポイント

エコキュートを使用する場合、家庭の状況や得られるメリットによって、向いている家庭と向いていない家庭があります。しかし、エコキュート設置する住宅がある地域によっても、向き不向きがあることが特徴です。特に、気温が低い地域にエコキュートを設置する場合に押さえておきたいポイントを紹介します。

・向いている?向いていない?

エコキュートを設置するのに寒冷地でら向いていないと考える人も少なくないでしょう。気温が低いとエコキュートが向いていないといわれることもありますが、理由は使用料が増えるため電気代が高くなる、凍結してお湯や水も出なくなるといったことが起こるためです。しかし、寒冷地向けのエコキュート選べば問題はありません。

しかし、基本的に寒冷地向けのエコキュートを選べば問題ありません。寒冷地仕様のエコキュートであればマイナス25度の気温であっても、80度以上のお湯を沸かせる機能が搭載されているためです。また、寒冷地向けであれば貯湯ユニットには凍結防止ヒーターが内蔵されているため、安全かつ安心して使用できます。

・寒冷地仕様は高価?

寒冷地仕様タイプを扱っているのは三菱電機、パナソニック、日立、コロナ、東芝、ダイキンであり、通常のエコキュートに加えて凍結防止ヒーターを内蔵するなどいくつかの機能が搭載されていることで、価格は高くなる傾向にあります。

しかし、補助金が受けられるケースもあるため各自治体のエコキュート補助金の条件を確認すると良いでしょう。給付の条件や補助金額は自治体ごとに異なりますが、多くのケースで予算上限に達したところで終了となるため、事前に内容を確認し補助金を申請したい場合には購入や工事についても検討し直す必要があります。さらに、エコキュート補助金を受ける場合、申請対象者や住宅には条件がある点にも注意が必要です。

主な条件として、エコキュート助成金を受け付けている市区町村に住民票があり、市区町村税を滞納していないこと、同一世帯で過去にエコキュートの補助金を受けた経験がないことなどが挙げられます。
さらに、暴力団員ではないこと、市区町村に存在するもしくは市区町村に建設する予定の住宅に設置し、申請者が住居する住宅であることなども条件です。また、寒冷地仕様のエコキュートを導入する場合は、レンタルや中古のエコキュートではないことも条件となります。
補助金に関する詳しい内容はhttp://eco-kaketsuketai.com/eco-cute/2378からチェックしましょう。

LPガス(プロパンガス)とも併用できる

エコキュートを設置すると同時に調理機器をIHクッキングヒーターにしオール電化住宅にするケースも多いです。しかし、キッチンはプロパンガスを使用するなど、エコキュートとプロパンガスを併用するという家庭も少なくありません。エコキュートとプロパンガスを併用するメリットとしては、光熱費が割高になる日中の時間帯に電気ではなくガスを使って料理をでき、節約につながることなどが挙げられます。

また、プロパンガスを使い慣れている人も多く、火力が強く調整しやすいプロパンガスの方が効率的に調理を行えるというケースもあるでしょう。他にも、お風呂の湯沸かし料金はエコキュートで節約できたり、ガスコンロであれば使えるフライパンや鍋が限られなかったりと、併用するとエコキュートとプロパンガス両方のメリットを同時に得られることが魅力です。
プロパンガスだけの場合は毎月およそ15,000円以上のガス台がかかりますが、併用することによって月に6,000円前後ガス代を抑えられる可能性があります。暖房や調理器具はプロパンガスのまま、給湯だけをエコキュートに変更するだけでも、十分な節約になるでしょう。



ライフハックカテゴリの最新記事