ebay(イーベイ)転売のメリットとデメリットとは?手順も紹介!

ebay(イーベイ)転売のメリットとデメリットとは?手順も紹介!

                                                                  インターネットがあれば世界中の人とつながることができる現代。転売も、国内でおさまっている必要はありません。この記事では、イーベイ転売のメリットとデメリットについて解説や、ebayを利用した転売のうち、国内で仕入れて海外に販売するebay輸出について説明、イーベイ転売を始めるための手順も紹介すします。

イーベイとは?

・1995年にアメリカで誕生
・世界的なオークションサイト
・有名な映画の1シーンにも登場している
・カテゴリーは3千以上ある
・出品数は億単位
・取引高は8.4兆円を超える(2016年)
・欧米をはじめ、主要各国版がある
・利用者は1億6千万人とされる

イーベイ転売のメリット/デメリット

/イーベイ転売のメリットとデメリットを紹介します。

・ebay輸出イーベイ転売のメリット

・海外への転売となるが、初心者でも参入しやすい
・出品から販売までの手順がわかりやすい
・世界中の人に対しての販売が可能
・日本の商品は人気が高い
・日本で仕入れたものを輸出することで、価格差が生まれて利益を出しやすい

・ebay輸出のデメリット

・表記はすべて英語となる
・やり取りも英語で行われる
・送料のことを常に考えておかないとならない
・海外への商品の送付に時間がかかる
・為替の影響を受ける
・イーベイの特徴を知らないと利益を出しにくい

イーベイでの転売方法

イーベイでの2つの転売方法を紹介します。

・在庫転売

・あらかじめ商品を仕入れて転売を行うこと
・一般的な転売は、在庫転売とされる
・中古品を扱う場合は、在庫転売がおすすめ
・廃盤商品や限定商品を扱う場合も仕入れが難しいため、在庫転売が安心
・売れ残ってしまうと在庫を抱えてしまうリスクがある

・無在庫転売

・商品が売れてから仕入れをすること
・在庫を抱えるリスクがないため、資金繰りがスムーズ
・売れる確証がない商品でも、安心して出品することができる
・新品で確実に仕入れができる商品は無在庫転売が効率的とされる

・無在庫転売のライバルは多め。このため、価格競争が激しく、利益率は低くなる傾向がある

イーベイで利益が出やすい商品とは?

・もともと供給されている数が少ない商品
・小さくて軽い商品(配送料が安く済むため)
・中古品(検品や写真撮影に手間がかかるため、ライバルが少なめ)
・日本のアニメ関連の商品
・日本の文化に関する商品

イーベイ転売での仕入れ先

・ヤフオク
・メルカリ
・Amazon
・リサイクルショップ
・ヨドバシカメラ
・HMV
※基本的にどこからでも仕入れは可能

イーベイ転売を始めるための方法

・イーベイで出品者のアカウントを作る
・売上を受け取るための、PayPalのアカウントを作る
・出品する商品をリサーチする
・商品を仕入れる
・出品し、売れたら発送する

イーベイ転売の注意点

・出品数に制限がある(初めて出品する場合は、10品まで)
・出品価格に上限がある(500ドル)
・イーベイ出品のための手数料がかかる→最初の50品は無料だが、以降は1つあたり0.30ドルかかる
・商品が売れた際には、10%の手数料がかかる
・PayPalの利用にも手数料がかかる
・海外への発送をする場合には、到着までに日数がかかるうえに料金も高めとなる

利益を伸ばそう!

イーベイでは、世界中の人を相手とすることが大きな特徴。しかし、イーベイならば日本にいながら海外輸出が簡単に行えます。利益を上げるために、イーベイを使いこなしていきましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事