独立のリスクとフランチャイズ契約のメリット・注意点について

独立のリスクとフランチャイズ契約のメリット・注意点について

                                                                  独立とは、サラリーマンが会社などの組織を辞めることであり、独立するだけなら誰でもできます。
独立を検討した際に最も重要なことは、なぜ独立したいと考えたのかという点です。
サラリーマンとして会社に所属して働くなかで、「組織の一員として働くことに嫌気がさした」「自由にビジネスをしたい」「企業の将来性に不安を感じる」といった漠然とした理由で独立を考える人もいます。
漠然とした理由が悪いわけではないものの、目指すビジネスが見えていなければ独立はできません。
ビジネスをはじめるにあたり、どのような内容にするのか、どのように稼ぐのか、明確な計画を立てる必要があります。
詳細なプランは独立を決定したあとに考えることも可能ですが、最初に目標を決めなければ、大まかなプランすら検討できないのです。
まずは、なぜ独立したいのかと、方法を検討しましょう。
さらに、独立に関するリスクを考えることも重要です。
多くの場合、メリットが先に立ってしまいますが、メリットだけを見ているのでは十分な準備ができているとはいえません。
1人で独立することには、非常に大きなリスクもあるのです。
最も大きなリスクは、十分な収入を得られるかどうかであり、最初から十分な収入を得られるケースは少ないといえます。
また、ビジネスを軌道に乗せられたとしても、大きなミスやトラブルが起こる可能性も0%ではありません。
リスクを理解していなければ、万が一のときに対処できないため、メリットだけではなくあらゆるリスクについても考えておかなければならないのです。
メリットやリスク、目標を明確にして、実際に独立しようと考えたとき、フリーランスや個人事業主、業務委託、法人設立などさまざまな選択肢があります。
しかし、経営経験がないサラリーマンにとって、しっかりと稼いでいける事業を立ちあげることは難しいといえるでしょう。
そこで、直営店などですでに成功している店舗の看板やメニュー、経営ノウハウなどを提供してもらえる、フランチャイズを利用する方法が有効です。

フランチャイズ契約でかかる費用

フランチャイズとは、加盟した法人や個人がフランチャイズ本店と契約をすることです。
契約することによって、フランチャイズ本店の看板やマニュアル化されたサービス、扱う商品を販売するための権利をもらいます。
稀に、部分的に個別の契約が締結されることもありますが、フランチャイズ加盟店には同じ契約書が利用されることが一般的です。
フランチャイズ本部と加盟店は、個々が事業者となり、契約のうえでは対等な立場となります。
つまり、一定期間内であれば契約を解除できるクーリングオフは適応されません。
そして、契約によって商標の使用を許可される対価として、フランチャイズ本部にロイヤリティを支払うといったシステムです。
フランチャイズ本部のことはフランチャイザー、加盟店のことはフランチャイジーと呼びます。
フランチャイズ本部が行うテレビCMやキャンペーンなどの宣伝効果もあり、集客が期待できるのです。
フランチャイズ本部では、常に新しいオーナーを募集しており、短い期間でロイヤリティが発生するような店舗作りを行っています。
フランチャイズ契約のロイヤリティは契約によって細かな数字が異なるものの、全体の売上の○%といった契約が一般的です。
月額固定支払いや、ロイヤリティは0円など、いろいろな形態があります。
ロイヤリティと同等に、フランチャイズでビジネスをはじめる際に気をつけたいポイントが、開業資金の確保です。
ロイヤリティと開業資金の目安を確認することにより、ビジネスをはじめるにあたり必要な費用が見えるでしょう。
また、フランチャイズ本店は、店舗作りのノウハウとして、仕入れから販売までの流れはもちろん集客や人材の採用、商品開発まで、ビジネスで必要な知識をすべてマニュアル化しているのです。
実店舗での研修を設けているフランチャイズ本店も非常に多く、店舗そのものを提供されるタイプの契約もあります。
そのため、個人でビジネスをする知識がない人でも、いちから学んで収益をあげられることがフランチャイズの強みです。
仕入れや集客など、それぞれの知識には専門的な要素や経験も重要になりますが、フランチャイズ契約をした加盟店は、すべての知識を1度に入手できます。
フランチャイズは、フランチャイズ本店の成功をもとにしてビジネスを行うため、個人で立ちあげるビジネスよりも安定しているといえるでしょう。
さらに、開業してから5年経過した際の店舗維持率は、個人の独立でおよそ25%、フランチャイズはおよそ70%と大きな差があります。
加えて、成功事例がいくつも存在することにより、一般的な事業と比較をして収益予想も立てやすいことがメリットです。
収益予想が立てやすいことは、金融機関から融資を受ける際に有利になります。
フランチャイズ契約でビジネスをはじめるメリットは、ノウハウの伝授や集客率、収益予想などさまざまな要素を含めた「成功率」にあるといえるでしょう。



フランチャイズに加盟するメリット

フランチャイズに加盟して経営者になることは、独立後の選択肢の1つとして多くの人に利用されています。
フランチャイズといえば、夫婦でコンビニ経営、ラーメン店や居酒屋といった、飲食チェーンのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
しかし、店舗を建てずに、研修で身につけた自らの技術力で勝負する、ハウスクリーニングやリペアサービスといったビジネスもあります。
街で見かけることの多い学習塾もフランチャイズ展開していたりと、一般的に知られており世の中に広がっている業種など、選択肢の幅は広いです。
フランチャイズのなかには、100万円以内といった低資金で加盟できるものもあります。
独立後に頭を悩ませるケースが多い資金の面でも安心でき、個人でも加盟しやすいことが魅力です。

フランチャイズ契約の注意点

フランチャイズ契約については、メリットだけではなく注意点も認識しておく必要があります。
フランチャイズ本部の知名度を活かして、開業当初から集客が期待できる点がメリットです。
CMやキャンペーンなどを行っているフランチャイズ本部が多いため、売り上げアップも期待できるでしょう。
また、契約によって異なるものの、運営に必要な最低限の備品などはフランチャイズ本部が負担してくれることもあるため、開業時の費用を抑えやすいといえます。
費用の面だけではなく、開業前に研修やセミナーを実施しているフランチャイズ本部が多く、業界未経験者でも挑戦しやすいのです。
さらに、開業後も経営サポートなどが受けられるケースもあります。
注意点は、契約書の内容、契約期間や更新、ロイヤリティをしっかり確認しておくことです。
やむをえず途中解約をしなければならないことも想定し、違約金はどうなっているのか、適切な金額であるかを確認します。
競合会社や組織で働いたり、競合会社を設立したりすることを禁止する、競業避止義務が守られた契約になっているかもチェックしましょう。
契約内容について、不明点や曖昧になっている部分については質問をして、疑問点がない状態で契約することが大切です。

フランチャイズで独立を検討しよう

フランチャイズについて、胡散臭いという感覚を拭えない人もいるでしょう。
しかし、フランチャイズは成功ノウハウのパッケージであるため、ノウハウ自体を知ることは悪いことではありません。
また、説明会に行く前に資料を請求することも可能です。
まずは、いろいろな情報を集めるところからはじめて、時間をかけて検討してみる方法もあります。
検討したあと、実際に説明会に参加し、個別の相談会を利用する方法が最適です。
踏み込んだ質問もしやすく具体的な話も聞けて、条件が合うと感じた際にはさらに話を進めていきます。
独立で成功するためには情報収集が大切であり、フランチャイズに加盟しなくても、独立するために成功事例を聞くことは貴重な経験になるのです。
フランチャイズの説明会は無料で、得た情報は独立に活用できるため、説明会へ参加する時間は無駄にならないでしょう。



ビジネスカテゴリの最新記事