クラウドワークスで実際に起こったトラブル!トラブルを回避するためのコツ

クラウドワークスで実際に起こったトラブル!トラブルを回避するためのコツ

                                                                  クラウドワークスは様々なクライアントが登録しているため、当然トラブルも起こります。
どんな仕事にでもいえることですが、トラブルを100%回避するのは困難です。
私が実際に体験したクラウドワークスでのトラブルを紹介します。「こんなトラブルが起こるのか!」と参考にして、トラブル回避に役立ててください。

マニュアルに注意

観光地に関する記事を書いたときのお話。
募集をかけていたクライアントは、評価数は少ないものの、募集要件が詳細に書かれていて信頼できると感じて応募。

サンプル記事を提出したあと、契約となりました。

契約後に、マニュアルが送信されました。

使用するクライアントも多い、一般的なマニュアルですね。

マニュアルに沿った記事構成で納品。
すると、


まとめ、いらない?!

マニュアル通りに書いたんですけど
再度、最初のメールを確認。
すると、マニュアルが2つ添付されていたのです。

あれ?1つしか見ていないかも知れないぞ・・・・。

見てみると、全く異なる構成のマニュアル。

ちなみに、こちらもクライアントが一般的に利用するマニュアル。よく目にします。

なぜ異なるものを2つ添付したんだよ?
と、苛立ちながらも、私も1つしか見ていなかったため反省。

修正して提出すると、小見出しを追加するように要求されました。

やはり、仕事を依頼した経験の少ないクライアントでした。
マニュアルも自分で作ったものではなかったために、内容の違いに意識が行かなかったのでしょう。

仕方なく修正をして提出し、仕事は終わりました。
もう、このクライアントとお仕事をすることは無いでしょう。

’経験不問’のジャンルに出ていた募集

’経験不問’のジャンルに、こんな募集がありました。

クライアントの評価も上々、仕事をするとなれば安心だなと思い応募しました。
すると返信が・・・

んん?!
全員採用ではないのか?

募集内容、というか、タイトルとも大きく違うのですが?!

釣りタイトルには注意しましょう。
応募する時間と、メッセージを確認する時間、無駄にしました(~_~;)

クラウドワークスではタスクをやるのもアリ

クラウドワークスでライティングを始めたばかりの時には、仕事を探す際にジャンルから探すことが多いですよね。
プロ・経験不問・タスク・特急ボーナス有と分かれています。
やはり経験不問から選ぶことが多いでしょう。

経験不問のジャンルにいたクライアントで、「初心者歓迎。ライターを育てたい。」と意気込んだプロフィールを書いている年配の男性がいました。(私は仕事をしていませんが)
恐らく、クラウドワークス内に「ライターになりたい!!」という登録者は居ないような気がします。

ほとんどの方が、お小遣いが稼げれば・・・と思っているのでは。
実際に、この中年男性が募集をしている案件は、ほとんど成約されていませんでした(-_-;)
(少し可哀想・・・)

ライティングの基礎を教えてくれる親切なクライアントもいるようですが、経験不問のジャンルにある案件は非常に単価が安いのです。
文章を書くことに全く自信がない(´・ω・`)という方は、経験不問のジャンルから探すのも良いです。

しかし、実はタスクにある案件の方が、単価が高く承認されやすいのです!
作業を開始したら、納品までは1時間以内に、という制限時間があり、時間内に書かなければというプレッシャーはありますが・・・。
しかし、1時間もあれば余裕で書き終わります。
効率よく稼ぐのであれば、タスクを利用する方が良いかも知れません。

===========================
ライター:まさひこ
会社員。副業でウェブライターを始める。
趣味はグルメサイトをチェックすること、
おいしいものを食べに行くこと。
===========================


ビジネスカテゴリの最新記事