母子家庭で子供を私立高校に通わせる場合の学費、メリットデメリットのご紹介

母子家庭で子供を私立高校に通わせる場合の学費、メリットデメリットのご紹介

                                                                  母子家庭で高校進学を検討した場合、私立高校は金銭面の負担が大きいという理由から諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。
実際に私立高校に通わせるために必要な学費、私立高校に通うことにメリットや、デメリットの解決方法を紹介します。
私立高校に通わせることを検討している母子家庭の方々は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

母子家庭で私立高校に子供を通わせることはできる?

母子家庭である場合、私立高校へ通わせる場合の最も重要な点は、金銭面に対する不安ではないでしょうか。
私立高校に通わせる場合、実際に掛かる学費や支援制度などを見てみましょう。

・私立高校と公立高校の授業料の比較

公立高校の授業料は約2万円、私立高校の授業料は約27万円です。
授業料だけでも20万円以上の差があることが分かります。学校納付金や学用品などの費用を合わせると、年間に必要となる金額はさらに差が開きます。
公立高校で必要となる学習費は年間平均45万円。学年別では、高校1年生でおよそ51万円、高校2年生でおよそ47万円、高校3年生でおよそ36万円の授業料が必要となります。
私立高校で必要となる学習費は、年間平均104万円。学年別では、高校1年生でおよそ127万円、高校2年生でおよそ97万円、高校3年生でおよそ85万円の授業料が必要となります。
私立高校は入学金が必要となるため、高校1年生の段階で必要な金額が大きくなるのです。
「高校授業料無償化」が導入されたものの、所得制限によって適応されない家庭があることによって平均授業料が上がっています。

・様々な助成制度

母子家庭で所得額が低い場合であっても私立高校へ通わせることを検討している場合、授業料の免除や奨学金制度を利用する方法が有効です。
年収250万円未満の世帯を対象とした「給付型奨学金」では、年間約13万円が給付されるため、学費に当てることも可能です。
また、「高等学校等就学支援金制度」を利用することも検討しましょう。この制度は年収910万円未満、子供2人の世帯が対象となる制度であり、授業料を軽減できる可能性があります。しかし、授業料以外に必要となる学習費用などは軽減されないため、学費すべてを対象とする場合には奨学金を利用しましょう。


・奨学給付金などの補助金の活用による実質の学費

各自治体では、私立高校の授業料を軽減するための制度があります。
東京都の場合、年収760万円未満の世帯を対象とした「私立高等学校等授業料軽減助成金事業」が設けられています。
国から受ける支援金と合わせて最大44万2千円まで受け取ることが可能。
授業料以外の教材費などを軽減する目的の「私立高等学校等奨学給付金事業」制度が設けられている自治体もあります。
これらの助成を活用することで、年間の学費は90万円前後まで抑えることも可能になるのです。
特に高校1年生、2年生の年度に掛かる費用を削減できる点は魅力です。
ただし、各自治体によって措置の内容が異なるため、居住している自治体で確認を行う必要があります。

・支援制度を活用しよう

制度の助成金ではなく、金融機関から借り入れを行うことを検討する方も多いのではないでしょうか。
しかし、借り入れをする前に補助金など支援をしてもらうことが出来る制度は利用しましょう。
所得や家庭の状況に応じて、申請が通らない場合もあるかも知れません。
また、申請書には家庭のプライベートな事情まで記入をしなければなりません。
私立高校に進学をさせる場合、この様な制度を利用せずに通わせることは難しい金額の学費が必要となります。
まずは各自治体の支援制度を調べ、申請をすることがおすすめです。

母子家庭で私立高校に子供を通わせるメリットデメリット

母子家庭で私立高校に通わせる場合の、メリットとデメリット。
どちらを重視するべきなのか、判断の材料にしてみてください。

メリット

・特待生制度で学費を抑える
・教育の意識に対する安心感

私立高校には特待生制度があり、成績が良い場合には学費が免除される場合もあります。
特待生に選ばれることで、公立高校よりも安い授業料で済ませることが出来るのです。
内申によって判断されるため、学業だけではなく遅刻や早退など学校での振る舞いも重要となります。
また、公立高校と比較をすると教育に対する管理体制が異なります。生徒の一般教養に関する教育から大学進学、就職に関することまで、全てに責任を持って指導をしてくれる高校が多いのです。
さらに私立では、進学や就職など将来に向けた学業に力を入れているため、通う学生の意識も高くなります。
家庭で教育を行う時間が確保しにくい母子家庭では、学校で様々な教育を行ってくれるという点は非常に心強いのではないでしょうか。

デメリット

・学費が高い
・助成金の申請が必要

私立高校では、授業料以外にも校舎の設備の維持費用として支払わなければならない項目があります。
実習費、冷暖房費、後者に関わる工事への寄付金、保護者・生徒・公演会費など。
様々な名目で費用が掛かる場合があり、この項目は高校毎に異なります。
また、短期留学プログラムや修学旅行が海外であるなど、学校行事に大きな費用が掛かる場合も。
海外留学や修学旅行は任意ではあるものの、可能であれば参加をさせてあげたいものです。
これらは、先に挙げた自治体毎の学費への助成である少額給付金制度を申請しましょう。
デメリットは、どれも金銭面の負担に関するものであり、クリアにする方法は支援制度の数だけあると考えられます。
子供の教育、将来に関する部分や、学校へ預けるという点での安心感から見ると、メリットの方が大きいとも考えられるでしょう。

まとめ

あなたは母子家庭で私立高校に通わせることについてどう思いますか?
母子家庭でも私立高校に通わせることは不可能ではありません。
しかし、所得額によっては支援制度を利用し、助成をしてもらう必要があるでしょう。
年間に必要となる金額をふまえて、自分の家庭に当てはまる制度を利用してください。
母子家庭であるために、金銭面の負担により子供の進学を諦めることが無いよう、更なる支援制度の強化が必要ですね。
参考になった方は是非シェアをお願いします。


ライフハックカテゴリの最新記事