悪徳業者が良く使う手口とは

悪徳業者が良く使う手口とは

                                                                  外壁塗装を請け負っている業者は優良業者が多いものの、なかには悪徳業者も存在します。そこで、悪徳業者がよく使う手口を確認しておくことで、トラブルを回避しましょう。

大幅な値引きをする

外壁塗装の提案内容に関わらず数十万円単位の割引を行うのは、悪徳業者がよく使う手口だといえます。基本的に、最初の提案の段階での金額が高く設定されており、値引きをした後の価格が相場の価格になるように設定していることが多いです。

最初に提案される金額が高い場合には、外壁塗装の面積を広く出していたり使用する塗料の値段が高かったりします。割引されて相場の値段になるのであれば、「この業者に決めよう」と考えてしまう人も多いですが、注意が必要です。

また、モニター価格などと称し数十万円といった割引を適用するケースもあるでしょう。例えば、「新商品の塗料であるためモニター価格で利用できる」「新しく営業所を構えたため現在であれば安く施工する」などと提案します。

手抜き工事をされる

外壁塗装の料金の半分は人件費と塗料の材料費であるため、人件費と材料費を節約できれば業者の利益も上がります。そのため、手抜き工事をする悪徳業者も存在します。

例えば、3度塗りしなければならないところを2度塗りしかしないなど、規定の回数の塗装を行わないため耐久性が低くなるといったトラブルも少なくありません。業者の立場では塗装の材料費が安くなるうえに作業量も少なくなるため、人件費の節約につながります。

さらに、必要以上に塗料を薄めるケースも多いです。当然、塗料を大幅に薄めることによって耐久性は低くなります。しかし、業者にとっては材料費が安くなるうえに薄めることで粘着性が低くなるため非常に塗りやすくなり、作業も効率的になるといった点がメリットです。スケジュールも短くなるため、人件費の削減にもなります。

また、乾燥前に次の段階の塗料を塗るケースもあり、1つの工程で塗装部分を乾燥させなければ密着性が低くなるため、結果として耐久性も悪くなるでしょう。乾燥させずに塗ることで1日の作業が早く終わるため、施工期間が短くなり人件費の節約にもつながります。

悪徳業者を見極めて安心できる業者に依頼をしよう

悪徳業者は訪問販売などを行うケースもあるため、すぐに契約を結ばないことも大切です。数十万円という値引きをされて相場の価格になるもしくはお得になると感じやすくなりますが、詳細をリサーチしてみれば元の提案金額が相場よりも高く設定されており、割引された後の料金が一般的であるというケースも珍しくありません。

さらに、一社だけから見積もりを依頼すると、提示された金額が適正であるかどうかがの判断基準がないため見極めるのも難しいといえます。満足できる仕上がりになるかトラブルに発展するかは、業者選びにかかっているといっても過言ではありません。

外壁塗装では、それぞれの建物ごとに適正価格があるため、いくつかの業者に見積もりを依頼し、比較・検討しましょう。
外壁塗装を無料で一括見積もりするならこちら



ライフハックカテゴリの最新記事