ジャケットにアイロンをかける方法や注意点!アイロンをするときに必要なものや手順

ジャケットにアイロンをかける方法や注意点!アイロンをするときに必要なものや手順

                                                                  ジャケットにアイロンをかけるときの手順や注意点を紹介します。

自分でジャケットにアイロンがけをするメリット

・クリーニング代を節約できる
・生地が長持ちする
・殺菌・消臭効果がある

ジャケットにアイロンをかけるときに注意したいこと

・間違ったやり方で行うとスーツを傷めてしまい、生地本来の風合いや柔らかさを失うこともある
・生地の目を意識しながら行う
・布は乾くときに形が決まるため、アイロンをあてた直後は動かさずに冷ます。扇風機をかけながら行うのもよい
・力を入れずにアイロンの重さであてる
・取れにくいしわには蒸気を活用する

ジャケットのアイロンがけで用意するもの

・アイロン‥家庭用で十分。コードレスよりもコード付きの方が温度が変わらない
・アイロン台‥家庭用で十分。
・霧吹き‥細かい霧が出るものを選ぶ。アイロンにスチーム機能がついていても蒸気量が足りないことが多いので、準備するのがよい
・当て布‥ジャケットにテカリが出るのを防ぐ。綿のハンカチなどでよい

ジャケットにアイロンをかけるときの手順

1.まず、袖をドライでかける。袖の中にバスタオルを入れるときれいにしわを伸ばせる
2.背中の広い部分を、襟から裾方向へ向かってかける。ひっくり返して裏地もアイロンする
3.ジャケットの前部分を力を入れずにふんわりとかける。方向は背中と同様、襟から裾方向へ向かってかける
4.最後に、仕上げとして襟をアイロンする

簡単にしわを伸ばす方法

・お湯を張った浴室にジャケットをかけておき、蒸気を利用してしわを伸ばす
・スーツをハンガーにかけたまま、スチームアイロンをかける

アイロンがけが面倒に思えるなら、しわになりにくい生地を使ったスーツを選ぶことが大切です。素材にこだわるなら、しわになりにくいスーツを探しましょう。



ビジネスカテゴリの最新記事