アコムACマスターカードを作る方法!電話連絡をなしにする方法も紹介

アコムACマスターカードを作る方法!電話連絡をなしにする方法も紹介

                                                                  アコムACマスターカードは最短即日発行や年会費が永久無料といったことが魅力で、手軽に作成できるとして注目を集めているクレジットカードです。
ただし、インターネット上の口コミサイトなどでは、アコムACマスターカードの審査が厳しいといわれており、作成に不安を抱く人も多いのではないでしょうか。事実、アコムマスターカードでは独自のスコアリングが行われているため、信用情報に傷がついていても審査を通過できるといったことはないといえます。

アコムACマスターカードは20歳以上69歳以下で、安定した収入のある人であれば審査を通過できる可能性が高いです。しかし、アコムACマスターカードはクレジットカードではなくカードローンの要素が強いため、審査に通過するためにはクレジットカードとは異なるポイントを押さえる必要があります。

アコムACマスターカードの申し込みに関する資格や審査基準、審査方法や通過するためのコツなどを見ていきましょう。また、審査時に実施される在籍確認に関しても注意点を解説します。


ACマスターカードの申し込み資格

アコムACマスターカードの申し込み資格は20歳以上69歳以下であること、安定した収入があることの2つです。毎月しっかりと収入があることを証明する必要がありますが、会社員だけではなく派遣社員や契約社員、パート、アルバイトであってもアコムACマスターカードに申し込めます。
事実、アコムの公式サイトの質問に「パートやアルバイトでも契約は可能であるか」といった質問が寄せられており、回答として「20歳以上で安定した収入及び返済能力があり、基準を満たしていれば契約できる」と明示しているのです。派遣社員に関する質問も寄せられており、「20歳以上で返済能力があり安定した収入があったうえで基準を満たしていれば契約できる」と、同様に回答されています。

収入がある人は、学生や主婦、パートやアルバイトなど雇用形態も問わず、アコムACマスターカードに申し込みが可能です。申し込みをする時には、主婦や学生で収入がある場合、職業欄にパート・アルバイトと正直に記入しましょう。ただし、収入がない学生や専業主婦の場合はアコムACマスターカードの審査に申し込めません。

ACマスターカードの審査基準


アコムACマスターカードは、返済能力と安定した収入の他に、審査基準を満たしていることが申し込み条件として挙げられています。どのような審査基準が設けられているのかを見ていきましょう。

クレジットヒストリー

アコムACマスターカードの審査を行ううえで最も重要視されるのは、クレジットヒストリーです。クレジットヒストリーとは、申し込みを行った人のクレジットカードの利用履歴やカードローン、ショッピングローンの利用返済履歴などが記録されているものです。カードローンやクレジットカードを利用したことがある人であれば、必ず個人信用情報機関に内容が登録されています。

さらに、アコムでは、アコムACマスターカードを審査する審査を行うときに個人信用情報機関に記録されている内容を必ず確認していることが特徴です。クレジットヒストリーには2ヶ月以上返済を延滞した記録や債務整理、自己破産など事故情報が登録されており、過去に金融事故を起こした人の場合はアコムACマスターカードの審査に通過できない可能性が非常に高いといえます。

クレジットヒストリーに登録されている金融事故の情報は2年、長いと10年記録された状態になるのです。金融事故を起こした履歴がある場合は、事故情報が消滅するまでクレジットカードを作るのは難しいと認識しておきましょう。

他社借入額

他社の借入額がどの程度残っているかもという点も、アコムACマスターカード審査する際に重要なポイントです。アコムACマスターカードは消費者金融であるアコムが発行しているため、クレジットカードの要素だけではなく、「買い物の際にも使用できるカードローン」といった要素が強いといえます。カードローンの利用額には総量規制の制限がかかっていることが特徴です。

総量規制は貸金業者が利用者の年収の1/3以上の貸付は行うことを禁止する貸金業法上の決まりであり、他社の借入額が年収の1/3程度の場合にはアコムACマスターカードの審査に通過できなくなる可能性があります。他社借入額とは、消費者金融から借り入れている金額はもちろん、クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融のカードローンが該当するため注意が必要です。住宅ローンや銀行のカードローン、自動車ローンなどは総量規制に含まれません。

年収

アコムACマスターカードの最低利用限度額は10万円であり、借入可能額は申込書の年収の1/3以内に納めなければならないことが貸金業法で決められているため、最低30万円の年収がない人はアコムACマスターカードを発行できないといえるでしょう。年収が30万円以上で安定していればアコムACマスターカードの審査で年収そのものは重要視されません。

過去に金融事故を起こしていないことや他社借入額が年収の1/3に収められていること、安定した収入があることといった基本的な条件を満たしている人は、アコムACマスターカードに申し込んでみましょう。

勤続年数

アコムマスターカードの審査基準として、勤続年数は重要ではないといえます。勤続年数が短かったとしてもアコムACマスターカードの審査に通過できる可能性は高く、実際に通過している人も多いです。安定した年収がある場合には、勤続年数に関して不安を抱く必要はありません。

収入形態

アコムACマスターカードの申し込みの際には、収入形態を申請しなければなりません。収入形態としては、一部歩合制・完全歩合制・固定給の3種類です。アコムACマスターカードの審査で重要なポイントは、安定した収入があることであり、審査の中で最も有利なのは固定給の人だといえます。
反対に、完全歩合制の場合、固定給の人と比較すると審査に通りにくくなるでしょう。しかし、収入形態はいくつかの審査項目の1つであり、収入形態が完全歩合制でも、他の項目で高評価を得られれば審査を通過できる可能性が高いです。


ACマスターカードの審査時間

アコムACマスターカードの審査時間については、申し込み方法によって違いがあります。自動契約機(むじんくん) の場合は最短30分 、営業時間は年中無休、8:00~22:00(年末年始は除く)です。 店頭申し込みの場合は最短30分で営業時間は平日9:30~18:00、インターネット申し込みの場合は最短30分で営業時間は年中無休、郵送申し込みの場合は数日で営業時間は年中無休となります。

アコムACマスターカードの審査時間は最短で30分であり、店頭申し込みやアコムの自動契約機(むじんくん)やインターネット申し込みをすることによって最短で即日カード発行することも可能です。

さらに、アコムACマスターカードは土日であっても最短即日発行してもらうことが可能であるため、すぐにクレジットカード作成したい事情がある場合などにも最適でしょう。アコムACマスターカードの発行は本人確認書類である運転免許証などを提出しなければなりません。申し込みの前に用意しておくとスムーズになるでしょう。

ACマスターカードの審査に通りやすくなる方法

アコムACマスターカードの審査基準を満たしていたとしても、審査に落ちるのではと不安を抱く人もいるでしょう。そこで、より審査に通りやすくなる方法を紹介します。

キャッシング枠を年収の1/3以下にする

アコムACマスターカードのキャッシング枠は10~300万円の間で申込者が金額の希望を出すことが可能です。ただし、貸金業法によって年収の1/3以上の借り入れは禁止されているため、アコムACマスターカードのキャッシング枠年収の1/3以上で申請してしまうと審査に落ちる可能性が高くなります。例えば、年収150万円の場合、キャッシング枠を50万円に設定すると総量規制に抵触してしまう可能性があるためです。

固定電話番号を記入する

アコムACマスターカード申し込み時には、携帯電話と固定電話の番号を記入する必要があります。携帯電話の番号のみでも申し込みできるものの、固定電話の番号を持っている人は両方記入すると良いでしょう。携帯電話は機種変更や解約で番号を簡単に変えられます。

そのため、携帯電話の番号を変えることでアコムからの連絡が入らないようにし、借入額を踏み倒される可能性があるためです。固定電話の場合は携帯電話ほど簡単に番号を変えられるものではありません。アコム側も借入額を踏み倒される不安が無く、固定電話を持っている人の場合は審査を通過しやすくなる可能性が高いです。


複数のカードに同時に申し込みしない

アコムACマスターカードの審査に通りやすくする方法として、複数のカードを1度に申し込まないことも大切です。アコムでは複数のカードを同時に申し込んでいる人に関して「クレジットカード不正利用する可能性がある」「お金に困っているため返済能力がない」と判断する場合があります。疑惑を持たれると審査を通過できる可能性も低くなるため、いくつかのカードに申し込みたい場合は一定期間をあけて申し込むことが、審査を通過しやすくするために大切なポイントです。

複数のカードに申し込む場合は6ヶ月で3枚までのカードを作成することが条件であるとされており、6ヶ月以内にクレジットカードの申し込みを行った場合には、ある程度時間をおいてからアコムACマスターカードの申し込みを行いましょう。

ただし、審査を通過するための対策を取ったとしても、100%審査に通るわけではありません。万が一審査に落ちてしまっても、再度申し込みをする場合には半年以上の時間を設けることが大切です。審査に落ちても、アコムACマスターカードをどうしても手に入れたいという人もいるでしょう。

そのような場合は、審査に落ちたあと半年以上の期間をあけた上で、再度アコムACマスターカードに申し込みをします。審査に落ちてから短い期間に申し込みを行っても審査に通る可能性は非常に低いです。そのため、アコムACマスターカードに再度申し込みをするのであれば勤続年数を延ばしたり年収をあげたりと、自身の条件を良いものにしてから、記入事項に間違いがないか必要事項は全て埋めているかをチェックしたうえで申し込みをします。

ACマスターカードの在籍確認


アコムACマスターカードの審査を行ううえで、在籍確認が行われます。在籍確認は、申し込みをした人が実際に記入している会社で働いているのかをチェックすることが目的であり、審査担当者が勤務先に電話を入れる方法で行われることが一般的です。在籍確認は、申し込みを行った人の会社に対してアコムとは名乗らず個人名で連絡を入れます。在籍確認の内容によってはアコムACマスターカードの審査を通過できない可能性があるでしょう。
例えば、申し込みの際に申告内容に虚偽が見られた場合などです。退職している勤務先を記入していたり、所属していない会社を申告したりした場合には、審査を通過できません。
さらに、休職中や休暇中は無職扱いになってしまうため、給料や手当はもらっている場合であっても審査に通過できない可能性が高いです。ただし、職場復帰のめどが立っていることが確認できれば、無職扱いにならず審査に通過できる場合もあります。

電話確認をなしにする方法

アコムACマスターカードの審査の際には、職場への在籍確認を行わない方法もあります。職場に電話をかけられると困る場合や在籍確認が難しい場合には、アコムの担当者に伝えましょう。電話確認をなしにするのであれば、社会保険証と直近1ヶ月の給与明細、写真入り社員証、雇用契約書のコピーの提出が必要です。

どうしても在籍確認ができない場合には、これらの書類を提出して審査を進めるかのことも可能ですが、通過できる確率は低くなります。審査を通過できたとしてもキャッシング枠が5~10万円など非常に少なくなる可能性があるのです。

なかには、どうしても審査を通りたいという理由で不正に在籍確認をクリアしようとする人もいます。ただし、不正行為が発覚した場合には審査に通過できないだけではなく、犯罪行為として処罰される場合もあるため注意しましょう。

例えば、アリバイ会社を利用したり知り合いに知り合いの会社を利用したりした場合が挙げられます。アリバイ会社は依頼者の勤務内容や勤務先を偽り、書類を発行してくれるサービスです。希望した源泉徴収書や給与明細なども作成してくれるため、無職であっても審査に通過できる場合があります。

アコムだけではなく、カード会社はアリバイ会社に関する情報も保有しているため、アリバイ会社から提出された書類が偽造であると気づかれる可能性が非常に高いです。審査に落ちることはもちろん、カードを発行した後に調査が行われ利用停止になる場合もあります。さらに、悪質であると判断されると警察に通報されることもあるため、注意しましょう。

知り合いや家族友人に依頼をして、実際に勤務していない会社を勤務先として申告する方法で審査を通過できることもあります。審査に通過できる可能性は高くなるものの、カードを発行した後に調査が行われ虚偽であることが判明する可能性が高い点に注意しなければなりません。

アリバイ会社を利用した場合と同様に、カードの利用停止だけではなく警察へ通報されることもあるため、不正は行わず可能な限り審査基準を満たせるように努力をするか、電話確認不要で申し込むための書類を用意しましょう。


ライフハックカテゴリの最新記事