レストランウェディングのレンタルドレス選びの4つのポイント

レストランウェディングのレンタルドレス選びの4つのポイント

レストランウェディングで着るレンタルドレスは、レストランウェディングの特性を考えて選ぶことが大事です。レストランウェディングで着るドレス選びの大事なポイントを5つ紹介します。

スカートのボリューム

人気のウェディングドレスはAラインかプリンセスラインであり、ボリュームがあるものです。Aラインならパニエを小さめに。
通路が狭い会場ではボリュームのあるスカートはテーブルとテーブルの間を通る際に引っかかってしまいますが、マーメードラインやスレンダーラインなら、多少通路が狭くても通れるでしょう。
また、裾はジャスト丈か短めが最適です。
レストランウェディングにはエンパイアラインですが、エンパイアは幼く見えてしまいがちなので、エンパイアライン程のボリュームまでのドレスがおすすめ。
ただし、トレーンを長く引くデザインのドレスはレストランウェディングには向きません。

動きやすいかどうか

レストランウェディングは、各テーブルを回ってゲストと一緒に食事や会話を楽しむ演出が多いため、移動のしやすさが重要です。
スカートの丈はジャストか短めにし、ジャスト丈ならAライン、プリンセスラインでも動きやすいでしょう。
立ったり座ったりが多い場合は、裾を踏みやすくなります。食事を一緒にするなら、袖や胸元のデザインにも注意しましょう。

目線の近い

レストランウェディングではゲストとの距離が近いため、細かいところが目につきやすいです。
生地の良さやレース、ビジューなど細部もしっかり見てもらえます。
レストランウェディングはゲストの近くを通ることが多いため、バックスタイルの美しいドレスもおすすめです。

.着替えやすいかどうか

会場によっては広い控室を確保できないため、着替えるスペースが限られます。
狭いスペースで着替えられることが重要であり、お色直しするなら2wayのドレスで雰囲気を変えるのがおすすめです。

まとめ

せっかくレストランウェディングをするなら、会場の特性を活かした映えるレンタルドレスを選ぶ必要があります。レストランウェディングで映えるドレスを選びましょう。

⇒⇒【こちらの記事もオススメ】少人数結婚式のドレスを選ぶ際の5つのポイント
【結婚式準備】ドレス試着の時の服装とポイント



イベントカテゴリの最新記事