会社は4種類!選択方法を知って会社設立を目指そう

会社は4種類!選択方法を知って会社設立を目指そう

                                                                  会社を設立するときに重要なのが、どの法人格で設立するかです。会社の種類とどの会社で設立するべきかについて解説します。



会社の種類とは?それぞれの特徴

会社の種類とその特徴について説明します。

合名会社

・社員は会社に対して出資義務を負う
・会社の債務に関して、直接有限責任(出資額を限度とし、責任を負う必要がある。債権者から追求される)があり、無限責任社員(会社の債権に直接連帯して責任を負う)を置く必要がある

合同会社

・合同会社は間接有限責任であり、出資額以上の責任を負うことはない
・出資額は最低1円からはじめることができ、金銭ではなく技術やノウハウで代替することができる

合資会社

・無限責任社員が1名必要となり、有限責任社員が1名以上必要
・社員が2名以上いないと設立できない

株式会社

・株式会社は、小さな株式会社(株式譲渡制限会社)と大きな株式会社(株式非譲渡制限会社)の2つに分けられる
・株式譲渡制限会社は、定款に株式の譲渡を制限する旨を記載することで、取締役を1人にし、監査役を無しにでき、有限会社に似た株式会社が設立できる
・株式非譲渡制限会社は、取締役3人以上、監査役1人以上が必要である

有限会社は設立できない

・有限会社は、取締役1名以上、最低資本金300万円で設立できた
・2006年に会社法人に関する法制度が改定され、有限会社法は廃止された

法人=会社ではない

法人とは、利益や公益などを目的とし、法で主体性が認められた組織。「会社などの営利目的の組織」や「NPOなどの非営利目的の組織」、「公社や公庫、独立行政法人などの公的機関」が法人とされています。
会社とは、法人の中でも営利目的の組織を指します。「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」が会社です。

株式会社と3種類の会社との比較

株式会社とほかの会社の違いについて説明します。

株式の発行

・株式会社は株式を発行することができるので、銀行からのローンや債券以外に、株式による資金調達が可能である
・合同会社や合資会社、合名会社は株式を発行することができないので、株式会社のような資金調達はできない

設立費用

・株式会社の場合、登録免許税(15万円)と定款承認(5万円)で、20万円かかる。設立費用が高額で、手続きが煩雑
・合同会社や合資会社、合名会社は、比較的費用が安く、手続きも容易である

経営に伴う事務

・株式会社は、株主総会を行う必要があり、役員の任期は最長10年である
・合同会社や合資会社、合名会社は、株主総会の必要がなく、役員の任期に制限がない

株式会社の設立に向いている場合

将来的に株式上場を視野に入れている場合、株式会社を選択するべきです。
多くの費用が必要になる場合、資金調達の選択肢が多い株式会社を選択すると良いでしょう。

合同会社の設立に向いている場合

許認可や入札などが理由で、とりあえず法人格を必要とする場合、合同会社が手軽です。個人事業主が節税を考えて法人化する場合にも合同会社が選ばれます。

事業に適した会社を設立しよう

会社には4つの種類があり、それぞれ特徴があります。事業の現状や将来性を考えて、事業に合った会社設立を目指しましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事