最新オフィスデザインを取り入れたい!事例と4つのポイントを紹介

最新オフィスデザインを取り入れたい!事例と4つのポイントを紹介

                                                                  新たにオフィスを探す際は、デザインを気にするものです。そこで、最新オフィスのデザインを紹介します。

木材を活かしたオフィスデザインの特徴とメリット

・あたたかい印象を与えてくれる
・木の香りがリラックス効果をもたらす
・木の種類や塗装の仕方、照明の使い方でカジュアルと高級感のどちらの雰囲気も醸し出せる

遊び心のあるオフィスデザインの特徴とメリット

・仕事場には関係がなさそうな設備や雑貨があるオフィスが多い
・実は機能的で業務が効率化する工夫が散りばめられている
・遊べたりくつろげたりするスペースがあると、気分をリフレッシュできる
・新しいアイデアが生まれやすくなる

開放感のあるオフィスデザインの特徴とメリット

・天井が高い、通路が広い、間仕切り壁が少ないなどであれば開放感がある
・圧迫感が少ないのでストレスを軽減できる
・オフィス全体が明るく感じられる
・コミュニケーションが活発になる

最新オフィスの特徴1:フリースペース

フリースペースを設けたオフィスデザインがトレンドです。
来客対応、打ち合わせ、休憩、セミナー会場など多目的スペースとして活用でき、ソファや椅子は統一した形にこだわらずに、さまざまなタイプを用意しておくのもおすすめ。
間仕切り壁が少ないので内装のコスト削減につながります。

最新オフィスの特徴2:ファミレスブース

ファミレス型のシートを配置した一角を設けるデザインが人気です。
集中した作業、打ち合わせ、ランチなど使い勝手が良く、背もたれの高いソファにするとソファ自体が間仕切りの役割をしてくれます
また、コの字型のレイアウトにすると正面に座るよりも話しやすい環境になるでしょう。

最新オフィスの特徴3:スケルトン天井

天井の仕上げがなされていないスケルトン天井はオフィスデザインとして人気が高いです。
飲食店などでよく見られる内装で、天井の仕上げを行っていない状態。配管などがむき出しであり、天井を高く見せる視覚的効果もあります。
ただし、天井の配管や構造材がむき出しになるので、場合によっては見た目が悪くなるおそれがあるでしょう。

最新オフィスの特徴4:インテリア

インテリアを効果的に使ったデザインが人気です。
全体的にカフェのようなイメージでまとめるのがトレンドで、観葉植物をふんだんに取り入れる、ハンモック、サーフボードなど、あえて仕事に関係ないものも遊び心を感じられるインテリアとして人気。
ポップな色やデザインのデスクや椅子を設置しましょう。

作業効率を重視したオフィスデザインを

最新オフィスのデザインには魅力が多いものの、作業効率に特化したデザインにも魅力はあります。
・個人作業やコミュニケーションを重視した業務など、業務に応じてアレンジする
・パネルを使用してスペースを区切ると、個人作業やプロジェクトワークなど多彩にアレンジできる
・自由度が高いフリーアドレスも効率的。個人のデスクを用意しなくてもいいので、コスト削減につながるメリットもある

オフィスデザインの注意点

・自社のコンセプトに合っているか
・使いやすいレイアウトか
・清潔感はあるか
最新オフィスの要素を取り入れたデザインをするなら、プロへ相談する方法も検討しましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事