家族挙式でのドレスを選ぶ際の3つのポイント

家族挙式でのドレスを選ぶ際の3つのポイント

家族挙式でドレスを着るならどんな点に注意して選べばよいのか、選び方のコツを解説します。

家族挙式の特徴

・参加するのは家族と親族、家族同然の親しい関係の人まで
・参加人数は数名~最高でも30名程度まで
・挙式のみ、食事会のみ、挙式+食事会のいずれか
・人数に見合った小さな会場で行うことが多く、新郎新婦とゲストとの距離が近い

会場に合わせることが重要

・会場の壁の色や部屋の雰囲気に合うドレスのデザインや色
・着替えるスペースが狭いなら、狭い場所でも着替えやすいドレス
・会場の明るさや壁の色や柄に注意→色によっては存在感が薄れたり、逆に目立ちすぎたりする

家族にウェディングドレス姿を見せる絶好の機会

身近な人ほどウェディングドレス姿を見たいと思っているものです。
結婚を祝ってくれる身近な人にウェディングドレス姿を見せる絶好の機会が家族挙式。

少人数の結婚式ではウェディングドレスを着用する割合が多く、どのような会場でもウェディングドレスなら合うものを見つけやすいでしょう。

自分らしさを出すならカラードレス

家族や親族、家族同然の親しい人たちを集めて人前で結婚式を挙げるなら、ドレスは白でなくても構いません。
挙式後の食事会もカラードレスを選べ、カラードレスは色もデザインも豊富です。

小規模の会場に合うものを選びやすく、カラードレスはヘアメイクなどでも個性を出しやすいでしょう。

お色直しの注意点

家族挙式は家族や身近な人たちとの会話や食事を楽しむのが目的であり、中座の時間が長くなるのは避けたいものです。
会場によっては着替えの場所を確保しにくいため、着替えに時間のかからないドレスを選びましょう。
挙式+食事会の家族挙式なら挙式と食事会の間でお色直しをします。

2wayの衣裳で雰囲気を変えるだけなら、中座する時間を短縮できるでしょう。
複数の衣裳を着てみたいだけなら、前撮りや別撮りで和服やカラードレスを着るという方法もあります。

まとめ

ドレス選びを工夫すれば、家族挙式の満足感を向上させられます。自分好みのドレスで、満足度を高めましょう。

⇒⇒【こちらの記事もオススメ】【結婚式準備】インポートドレスの選び方
少人数結婚式のドレスを選ぶ際の5つのポイント



イベントカテゴリの最新記事