一人暮らしを快適に!暮らしやすい1DKの部屋を作る方法

一人暮らしを快適に!暮らしやすい1DKの部屋を作る方法

                                                                  一人暮らしの住まい選びに置いて、どの広さの物件を選ぶのか悩む人も多いのではないでしょうか。そこで、1DKの物件の特徴とメリット、デメリットについて紹介します。

1DKの特徴は?

・一人暮らしの場合、だいたいワンルーム、1K、1DKを選ぶ人が多い。
・1DKは、一つの居室とダイニングキッチン(DK)がついている間取りのこと。
・同じ構成の1Kとの違いはキッチンのある部屋の広さとなっており、公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会では1DKと表記する場合、DKは4.5帖以上と定められている。
・ちなみに1LDKの場合は、同様にキッチンのある部屋の広さが8帖以上と定められている。

一人暮らしで1DKを選ぶメリットは?

一人暮らしで1DKを選ぶメリットについてみていきましょう。

・キッチンスペースが広い

・キッチンスペースが広いため、料理しやすい。
・ゴミ箱を置くスペースや家電を置くスペースなどがきちんと確保できる。
・ダイニングとしてテーブルを置くことができる。
・料理の臭いが寝室に届きにくい。

・収納スペースが多い

1DKはワンルームや1Kに比べて広いため、家具を置くスペースや収納スペースにも余裕があります。
荷物が多くなりがちな女性の一人暮らしにもおすすめ。

・部屋の広さに余裕がある

・ダイニングやキッチンスペースとは別に一部屋あるため、用途に応じて使い分けることができる。
・寝室と居住スペースを分けることができる。
・急な来客にも対応できる広さがある。

1DKを選ぶデメリットは?

・ワンルームや1Kの部屋に比べて家賃が高い
・広い分掃除が面倒
・玄関を開けるとダイニング・キッチンが丸見えになる間取りもある
・スペースを有効活用できないケース
・ダイニングキッチンと居室の間が壁や扉で仕切られている場合は狭く感じる。

1DKのインテリアのポイントは?

・ダイニングテーブルやいすは折り畳みが可能なものを選ぶと使い勝手が良くなる。
・ダイニングスペースにこたつテーブルやローソファーを置いてダイニングとリビングを兼ねた空間にする。
・居住スペースも開放して大きく使う
・場所をとる洋服ダンスやロッカーなど大型の家具はなるべく置かない。

1DKは一人暮らしに最適な間取り!

1DKの間取りは1人暮らしをする上である程度ゆとりを持って生活することができます。将来的に2人暮らしを考えている人にもおすすめの間取りだといえるでしょう。

゜・。・★  【公式】ブックオフのネット宅配買取サービス  ★゜・。

    ・゜・。☆ 自宅に居ながら本・CD・DVD・ゲームが売れる ☆・゜・。
  読み終わった本やゲームを箱に詰めて送るだけ!自宅にいながら簡単に本・ゲームが売れます!
     
          お得な買取額UPキャンペーンは随時開催中!


ライフハックカテゴリの最新記事