介護福祉士の給料が上がる!勤続10年と認定される条件とは?

介護福祉士の給料が上がる!勤続10年と認定される条件とは?

                                                                  介護福祉士の給料をアップする処遇改善が新たに施行されますが、そこには勤続10年以上という条件があります。この記事では、勤続10年を満たすための条件を紹介します。

介護職員の処遇改善の内容

介護離職ゼロに向けた対策として、2019年10月より施行されました。
介護サービス事業所で勤続年数が10年以上となる介護福祉士は、月額8万円増または年収440万円以上となる処遇改善を行うとされています。また、介護職員処遇改善加算として、加算届出をした事業所は一人あたり月額12000~37000円給料を上げることができます。

「勤続10年以上」の条件

・介護福祉士の資格を持っていることが必須条件
・同一事業所で10年以上勤務した場合も、異なる事業所での勤務期間を合算して10年以上となる場合も条件に該当する
・現在では、事業所それぞれの裁量で勤続10年以上の条件を決定できるようにすべきとの意見が上がっている

勤続10年以上なら誰でも対象?

処遇改善の条件は「勤続10年以上の介護福祉士」だが、スキルや仕事ぶりも大きく影響します。資格を持っていても、スキルや仕事ぶりに不安が残りリーダー級ではない人は対象外となる場合も。厚生労働省によると、勤続10年以上という条件はあくまでも目安としての基準であるとされています。

介護福祉士の資格

・1年に1度試験が実施される国家資格
・筆記試験が1月頃、実技試験が3月頃に実施される
・誰でも受験できるわけではなく、受験資格を得る必要がある
・合格基準は毎年変わるが、60%の得点率となる場合が多い

介護福祉士資格の受験資格を取る4つの方法

・養成施設ルート→高校などを卒業してから養成施設にて勉強する
・実務経験ルート→事業所で実務をしながら研修などで勉強をする
・福祉系高校ルート→福祉系の高校へ通い勉強をする
・経済連携協定(EPA)ルート→EPAにて勉強し、さらに3年以上の実務を経験して勉強をする
勤続10年以上は目安となるため、しっかりとスキルを身につけて仕事に取り組むことが大切です。


ビジネスカテゴリの最新記事