google play開発者サービスがアップデートできない

google playがアップデートできない場合の2ステップ

                                                                  「google play開発者サービスのアップデートが必要である」という表示が出た際、当然アップデートを行おうとするはず。
しかし、アップデートができないといった状態になるケースも多いのです。
もしもgoogle play開発者サービスがアップデートできない場合、わずか2ステップで解消できる方法を紹介します。
どの方法でもアップデートが出来なかったという場合は、参考にしてみてくださいね。

google play開発者サービスによるトラブルも?

Androidでは、ほとんどのアプリが「google play 開発者サービスアプリ」を使用しているため、このアプリは非常に大切です!
Google Play 開発者サービスは、端末やバージョンなどによって細かく分かれています。
そのため、自分の端末に合わないバージョンのアプリをインストールしてしまった場合、使用している全アプリに強制終了といったトラブルが多発することに繋がるのです。

google playのアップデートができない場合の対処法

最も多いケースはアップデートが途中で停止してしまうという状態。

Android端末で多発するケースであり、google playストアにも沢山の報告が投稿されているため問題視されています。
「問題が発生したためアップデートを中止します」や「予期せぬエラーが発生したためアップデートを停止しました」などといったエラーメッセージが表示されるケースが多いはず。

google play開発者サービスのアップデートが途中で停止してしまった場合の対処法があります。

ただし、スマートフォン以外にパソコンやタブレットなど別の端末がなければ難しい方法であることを認識しておきましょう!

対処法として、まずはスマートフォンの「設定」、「セキュリティ」から「デバイス管理者」をクリックします。
「デバイス管理者」の「Androidデバイスマネージャ」のチェックを外し、「設定」の「アプリ」または「アプリケーションの管理」から「すべて」を選びます。

「google play開発者サービス」をクリック、「容量の管理」から「データをすべて消去」を選択してください。
アプリのデータが削除されるため、再度Googleでログインをします。

加えて「アップデートのアンインストール」を行った上で再起動をしましょう。
再起動でアップデート自体は完了します。

しかし、これでは「google play開発者サービス」が消えてしまい、アプリのダウンロードなどが行えない状態になっているはず。
ここで、パソコンなど他の端末が必要となります。
他の端末がなければアプリを使用で気ないため、要注意です!


Google Play開発者サービスをダウンロードする

アプリの削除と再起動によってアップデートは出来るものの、Google Play開発者サービスも削除された状態になります。
そのため、パソコンやタブレットなど別の端末からアプリをインストールする必要があるのです。

パソコンで行う場合、パソコンでGoogleChromeを開き、スマートフォンでログインしているgoogleアカウントでログインをします。

「Google Play開発者サービス」で検索をするとアプリが表示されるため、インストールボタンをクリック。

ここでは「すでにインストールされています」といった表示がありますが、そのままインストールを押して問題はありません。

これでスマートフォン端末に「Google Play開発者サービス」がインストールされ、通常通りに使用が可能になります。

google playアップデートは自己責任で

開発者サービスのアップデートは、端末のスペックなどによってインストールされるアプリのバージョンも異なる点に注意が必要です。

アップデートが行われる度に「アップデートができない」という声は多くなっています。
ずべてのgoogle playユーザーに、アップデートされたアプリが届くまでに時間が掛かることが要因でもあるのです。

どうしてもアップデートができない場合は、開発者サービスの削除といった方法が一般的。
しかし、利用しているアプリに影響が出てしまう可能性もゼロではありません。

非常に重要な役割を果たすアプリであるため、削除については自己責任で行いましょう。