幼少期に音楽を聞かせて脳を鍛える!音楽を聞かないことのデメリット

幼少期に音楽を聞かせて脳を鍛える!音楽を聞かないことのデメリット

                                                                  小さな子供向けのコンサートも開催されているほど、幼少期に音楽を聴かせることの影響力は大きいのです。
子どもの脳を鍛えるために、音楽を聴かせたいと考えるパパやママも多いのではないでしょうか。
幼少期に音楽を聴かせることの重要性と、聴かせるのに適した音楽を紹介します。

脳を鍛える効果が期待できる理由

耳から入る音楽という情報は、脳で整理されて「音」として認識されます。
認識するためには、右脳と左脳を上手に使わなければならないのです。
そのため、知能の発育に効果が期待できるでしょう。

・物事を伝える能力

音楽を聴くと、その音楽に対する印象や感想を誰かに話したいと感じます。
そのため、自分の頭の中にある情報を人に伝える能力の向上にもつながるでしょう。
人とコミュニケーションを取ろうという気持ちが芽生える事でもあるため、成長してから他人と接する上でも役立ちます。

・外国語を聞き分ける能力の発達

音楽を聞き分ける力がつくため、言葉への対応や処理もスムーズに行えるようになります。
外国語を聞く能力の発達にもつながるため、英語など外国語を学ばせたいと考えている場合には音楽と併せて聞かせるという方法も有効です。

・気持ちが安定する

リラックス効果が期待できる、クラシック音楽やオルゴールの音などを聴く事がおすすめです。
心地良いと感じる音楽を聴くと、脳がリラックスした状態となりストレスが緩和されます。

ストレスが軽減される事によって、集中力も上がる効果が期待できるのです。
自律神経を整え、気持ちが安定します。
大人にも共通していえる事であるため、ママやパパと一緒に音楽を聴くのも良いでしょう。


・身体能力と集中力の向上

音楽に合わせて身体を揺らしたり、手を叩くといった行動で身体能力が向上します。
子供の背中や肩をポンポンと優しくたたくという方法も有効です。

また、音楽に合わせて自分の体を動かすことに神経を集中することで、自然と集中力も向上します。
成長した時に勉強や仕事に対する集中できるようになるでしょう。
集中することに慣れているため、疲れにくいということにも繋がります。

幼少期に適した音楽とは

基本的にはクラシック音楽が適しているといわれています。
その理由は、バイオリンやピアノの音を聞くと脳のα波が出るためであるといわれています。
α波が出ている時は脳がリラックスしている状態であり、ストレスや緊張状態を緩和する効果が期待できるのです。

最もおすすめの音楽とは

クラシック音楽もよいですが、他にも様々な音楽を聴かせてあげましょう。
低い音、恐怖や圧迫感を感じさせるような音以外であれば、悪影響を与える事はありません。
赤ちゃんの聴く力は、胎児の段階で発達しているため、ママの声が聞こえています。
そのため、生まれた直後でもママの声は認識できるのです。
つまり、幼少期に最も適している音楽は、ママの子守歌であるということです。

音楽のない環境のデメリット

ママのお腹の中にいるときには、ママの声だけが聞こえる静かな環境でした。
しかし、沢山の音が聞こえるようになり、脳の情報処理が追いつかないこともあります。
テレビや外の音など、沢山の音が混じった環境に居たり、反対に会話のない家庭で過ごしてしまうことは様々な悪影響を与えます。
音を聞き分ける能力が発達しない、言葉を話す能力の成長も妨げる可能性があります。

脳を鍛える効果とリラックス効果

幼少期に音楽を聴かせることには、脳を鍛える効果だけではなくリラックス効果も期待できます。

  ・音を聞き分ける能力の向上
  ・コミュニケーション能力の向上
  ・身体能力の向上
  ・集中力の向上
  ・ストレス緩和

このように、様々な能力の向上に効果が期待できるのです。音楽を聴かせる際には、クラシック音楽やオルゴールなどバイオリンとピアノの音をベースにした明るい音楽を聴かせましょう。