出張はマンスリーマンションとホテルどっちが良い?選び方とメリット・デメリット

                                                                  仕事で出張するケースでは、出張中に滞在する場所に迷う人も多いのではないでしょうか。1週間以内など短期間の出張の場合にはビジネスホテルを利用する人が多いですが、長期間の出張となった場合にはホテルのほかにマンスリーマンションを利用するケースもあるのです。そこで、1週間以上の長期出張と超える長期で現地へ滞在するときに利用するには、ホテルとマンスリーマンションどちらがよいのか、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

予算から見るホテルとマンスリーマンションの特徴

出張の際には、滞在する期間によって宿泊場所を決めることになり、長期間に渡る出張であればホテルとマンスリーマンションという2つの選択肢があります。1カ月程度の滞在であれば、予算の面でも差が生じます。そのため、滞在予算も含めたメリットとデメリットを比較することがポイントです。

・ホテルのメリット・デメリット

ホテルを利用するのであれば、毎日ベッドシーツやタオルが交換され、部屋の掃除もスタッフが行います。さらに、歯ブラシといった消耗品も補充されることによって、生活必需品や消耗品について自分で購入したり補充のために購入する必要がありません。
何かトラブルが発生すればホテルのスタッフへ問い合わせて対応してもらうことも可能であり、食事についてもホテルにあるレストランを利用できます。ルームサービスがあるホテルであれば、借りている部屋でゆっくり食事を摂ることも可能です。

また、費用に関しても、ホテルの利用方法によってはマンスリーマンションと比べて低予算となる可能性があります。例えば、仕事が休みの日は自宅へ帰るためホテルには宿泊しない場合です。週休2日であれば、1カ月に8日はホテルに宿泊しないことになるため、ホテルのほうが予算を抑えて利用できるでしょう。
また、ホテルは交通の便がよい立地や飲食店が多い繁華街に近いエリアにあるケースが多く、自分にとって都合のよい場所のホテルを見つけやすいという点も魅力です。

一方、ホテルの宿泊費についてはデメリットとしても挙げられ、宿泊代を1日あたりで計算するとマンスリーマンションのほうが安くなります。
そのため、利用方法によってはデメリットにもなるのです。加えて、部屋には机とベッドなど最低限の物が置ける程度の空間であり、広々としているとは言い難いホテルが多いといえます。寝起きをするためだけに利用するのであればよいですが、休日など1日中部屋で過ごすことは窮屈に感じる可能性が高いです。

ほかにも、キッチンはないため購入したお弁当などを温めることもできなかったり、洗濯物はホテルの有料サービスかコインランドリーを利用しなければならなりません。ユニットバスや照明の暗さなど、長期間暮らす際には精神的な負担となることも多いでしょう。

・マンスリーマンションのメリット・デメリット

マンスリーマンションは、ホテルと比較をして天井や居住空間にゆとりがあるため、窮屈に感じることなく「自分の自宅」といった感覚で利用できることがメリットです。
物件によって異なりますが、ユニットバスではなかったりリビングがあったりと、圧迫感のない空間で長期間快適に過ごせる可能性もあります。また、調理器具や洗濯機が備え付けられている部屋もあり、自炊もできることが魅力です。

予算についても、ホテルと比べると1日あたりの料金はリーズナブルになります。長期間滞在する際には、食事などにかかる費用も軽視できません。自炊ができることや、洗濯も有料サービスやコインランドリーをしようせずに済むなど、基本的な部屋の利用料金以外を抑えられることは大きなメリットです。
デメリットは、家事を自分で行う必要があること、隣室の住民と相性が悪かった場合にストレスを感じることが挙げられます。

普段の生活スタイルに合うほうを選ぼう

ホテルとマンスリーマンションのどちらを選択するか迷った際には、仕事が忙しく家事をする時間を確保できないのであればホテル、休日に自分で家事をできる場合にはマンスリーマンションを選択するのも1つの方法です。
短期間でも快適に生活できるよう、メリットやデメリットを比較し、自分のライフスタイルに合うほうを選択しましょう。