節約旅行はツインルームとダブルルームどちらが良い?違と選び方を紹介

ビジネスホテルの部屋の種類は、主にツインルーム、ダブルルーム、シングルルームの3種類です。それぞれの違いと、どちらが節約旅行に向いているのかを紹介します。

ツインルームとダブルルームの違い

ビジネスホテルの部屋の種類は、主にツインルーム、ダブルルーム、シングルルームの3種類となります。ツインルームは、1部屋にシングルサイズのベッドが2台置かれた2人部屋です。海外では、体の大きさに合わせて、ツインルームでもダブルベッドが置かれている場合があります。しかし、日本国内のビジネスホテルでは、「ツインルーム=シングルベッド」が主流です。

一般的に、シングルルームは横幅100cm以下のシングルサイズのベッドが1台置かれているため、1人部屋となります。ダブルルームは横幅140cm~160cmのダブルベッドが1台置かれており、2人部屋です。横幅120cm以下のセミダブルベッドが置かれている部屋の場合、基本的には1人部屋であると認識しておきましょう。セミダブルベッドは、女性同士や子供と一緒あれば、寝ることは可能です。ただし、基本的には1人用のベッドであるため、シングルベッドでは狭い、ゆったりとしたスペースで寝たいという人向けのベッドとなります。

中には、ツインルームのシングルベッドを2つ並べて、ダブルベッドにしたらよいのではと考える人もいるのではないでしょうか。しかし、ビジネスホテルのベッドは基本的に動かせないため、一緒に宿泊する相手や、目的ごとに部屋の種類を選択しましょう。

また、「トリプル」が用意されているホテルもあります。トリプルとは、ツインルームもしくはダブルルームに、3人で宿泊する方法です。基本的には、ツインルームもしくはダブルルームを利用します。ダブルベッドと比較すると大きなサイズとなる、クイーンサイズベッドが2台、もしくはキングサイズベッドが1台です。

トリプルは、3人で宿泊するという意味ですが、一般的にはベッドが3台用意されているわけではありません。ホテルによっては、ベッドが3台置いてある場合もありますが、シングルベッドが2台、ソファーベッドが1台置かれていることもあります。あくまでも3人で1部屋に宿泊するというものであり、ベッドの種類までは選択できないことが多いです。

極力節約するためにはどれを選ぶのがベスト?

1人でビジネスホテルに宿泊する際には、シングルベッドが1台置かれているシングルルームを選択することが節約になります。体型や、シングルベッドでは狭いと感じる場合には、ダブルルームの選択やセミダブルベッドへの変更をすることも有効です。2人で宿泊する場合は、ベッドが2台のツインルームを予約することが多いでしょう。

しかし、宿泊料金を安く抑えることを目的とした場合、ダブルルームを予約したほうが料金の節約になります。多くのビジネスホテルでは、ツインルームと比較をすると、ダブルルームのほうが料金は安い傾向にあるのです。

ツインルームの場合、ベッド2台を置くためのスペースを確保しなければなりません。ツインルームは、ベッドを置く手間、清掃の手間、部屋の総面積の広さから、料金が高くなります。友人と同じベッドで寝ることに抵抗がない場合には、ダブルルームを選択することが節約になるのです。また、ホテルで行っているキャンペーンや、朝食のサービスがあるかという点も、宿泊料金を節約するためのポイントとなります。

必ず確認しよう!料金システムについて

ビジネスホテルに2人以上で宿泊する場合には、料金システムの詳細を確認しなければなりません。ホームページや予約サイトごとに、1室料金で表記されている場合と、1人の料金で表示されている場合があるのです。例えば、ツインルームで1室4,000円と、1人4,000円では、2人で宿泊した場合に倍の料金を支払うことになります。

料金システムの詳細は見落としてしまう人が多いため、注意が必要です。チェックインの際にトラブルにならないよう、ホテルの料金システムを必ず確認しましょう。