海外ではauのポケットwifiレンタルがおすすめ!ショップでの契約方法と1ヶ月の料金について

                                                                  インターネット通信については、海外出張や旅行など短時間の渡航であっても、利用が必須であるという人が多いでしょう。しかし、海外でwifiを使うためには、どのようなシステムを利用すれば良いのでしょうか。1ヶ月程度の短期間海外でwifiを利用するのであれば、ポケットwifiのレンタルを利用する方法が有効です。そこで、ポケットwifiレンタルのシステムやショップでの契約方法、料金とおすすめのサービスについて紹介します。

1ヶ月の利用でポケットwifiレンタルがおすすめな理由

ポケットwifiレンタルは短時間の利用に最適なプランも多く、1日から契約可能なサービスも存在します。レンタルの主な費用も、1ヶ月契約で日割りすると1日数百円程度でポケットwifiを利用できる場合が多いです。さらに、レンタルしたポケットwifiは同封されている封筒に入れてポストへ投函するだけで返却できます。非常に簡単なシステムであり、初めて利用する人でも戸惑うことなくスムーズにサービスを利用できるでしょう。

返却については、レンタル期間終了当日に返却しなければならないわけではなく、レンタル期間終了翌日までにポスト投函すれば良いといったサービスもあります。急な出張やwifiの準備を忘れていたなど、急遽ポケットwifiをレンタルしたい場合にも、

申し込みをした後、最短当日に受け取れるものが多いです。レンタルをするお店によって異なるものの、近くにレンタルショップがある人はインターネットで注文し、店頭で機器を受け取られる場合もあります。近くにお店がないケースでも、最短即日で発送されるため、翌日に指定の空港や自宅に届くことも魅力です。

また、ポケットwifiは、レンタルであっても通常契約であっても通信速度は同じであり、安定性や速度に不安を抱くことなく利用できます。通信エリアも通常契約と同じであるため、使用するエリアを確認した上で契約をすれば、安定した通信速度で問題なく使用可能です。

一般的にポケットwifiを契約すると2~3年契約を継続するという条件が設けられており、契約を期間内に解約すると1~2万円程度の違約金を支払わなければなりません。しかし、ポケットwifiレンタルの多くは違約金がかからないため、短期間で試しに使用したいという人にも最適です。なかには、契約時の手数料が無料、送料無料のポケットwifiレンタルサービスも存在します。

auのポケットwifiとは「WiMAX」のこと

auには、「ポケットwifi」といったサービスはありません。ポケットwifiはとはワイモバイルのサービスの名称であるためです。

auで提供しているサービスはWiMAXと言われるものであり、WiMAXはもともとUQコミュニケーションズと呼ばれるau提供元のKDDIグループ会社が提供しているものとなります。そのため、auのレンタルは「wifiルーター」と表記されているケースが多いです。

auのポケットwifiの特徴

auのポケットwifiは月7GBであり、海外でも利用可能です。プロバイダー経由で契約した際に、WiMAXは海外で利用できるプランが用意されていません。そのため、プロバイダー経由で契約してしまうと海外への出張や旅行の際に使用できないため注意が必要です。

しかし、auで提供されているサービスには海外で利用できるプランがあるため、WiMAXのルーターを使用しau 4G/ LTEの電波を利用できます。ただし、海外で使用した場合の料金は比較的高いことを認識しておく必要があるでしょう。

また、auのポケットwifiレンタルは、店頭で申し込むと即日使用可能なことが魅力です。auのポケットwifiレンタルに申し込む方法は、店頭での申し込みとインターネットでの申し込みの2種類があり、auのポケットwifiを店頭で申し込んだ際には、契約した直後からwifiを利用できます。

ただし、当日持ち帰れるのは店頭に機種の在庫がある場合のみであるため注意しましょう。auのポケットwifiは、auショップだけではなくインターネットのレンタルショップで借りることも可能です。インターネットサイトのレンタル料金は1日およそ500円であり、1ヶ月利用するとおよそ8,000円となります。費用はauでWiMAXを契約した場合と比較して高くなりますが、短い期間海外で利用するのであれば利用を検討するのも良いでしょう。

auのポケットwifiと他社の料金比較

ポケットwifiは、auを含め大手キャリアのSoftbankやdocomoでも扱っています。au(WiMAX)の通信速度は788Mbps、docomoは788Mbps、Softbank(ワイモバイル)は612Mbps、月額料金はau 4,380円~、docomo は6,280円~、softbankは3,696円~です。

無制限プランはauのみあり、docomoとSoftbankにはありません。auのポケットwifiは無制限プランが用意されていることと通信速度が速いことがメリットだといえます。

料金だけで見てみるとauのポケットwifiはdokcomoのものと比較して料金が安いものの、Softbankと比較すると高いことがデメリットです。料金面だけで見てみるとWiMAXを扱っているプロバイダーの方が料金は安いため、安さを重視する場合には「auでなければならない」ということはないでしょう。

ポケットwifiレンタルの契約方法と注意点

ポケットwifiレンタルはインターネット上から契約手続きを行えるため、非常に便利です。一般的な流れとしては、ウェブサイトの申し込みページからレンタル期間を選択し、補償サービスなどオプションに加入したい場合には加入を選択します。空港で受け取る場合には、別途料金がかかる場合が多いです。また、空港内にある郵便局の名前と住所も入力しなければなりません。



次に購入手続きへ進み、氏名や住所電話番号などの基本情報を入力します。申込者情報を入力した後は、クレジットカード情報を入力し配送方法を選択し、実際に商品を受け取る流れです。自宅もしくは指定した空港内の郵便局で受け取りましょう。店頭受け取りを希望した場合には店舗へ足を運び、直接受け取ります。パスワードはポケットwifi本体に貼られているためパスワードを入力し、電波をキャッチするか確認しましょう。

帰国後は同封されていた封筒に入れて返却するだけです。万が一返却すべき備品が入っていなかったり無断で延滞したりした場合には、メールや電話で連絡が入ります。レンタルをする際には、機種が選べないことを認識しておくこと、返却を延滞する場合にはあらかじめ連絡を入れることが大切です。ポケットwifiレンタルは、レンタルする端末を選べないケースも多く、会社によって異なるものの端末を1種類のみしか扱っておらず選択肢がなかったり、レンタルする端末は会社側が選んだりといった場合もあります。

また、ポケットwifiレンタルは契約申込期間を過ぎて返却されないと1日ごとに延滞料金がかかることにも注意が必要です。連絡をせずに延滞すると、レンタル料金よりも延滞料金の方が高くなってしまう場合もあります。もしも、トラブルが起こったなどレンタル期間を延長したいときには、レンタル会社へ連絡しましょう。また、念のために延滞料金も確認しておくと安心です。

海外で使うポケットwifiを選ぶポイント

海外で使用するポケットwifiを選ぶ際には、通信ヘリにエリアに対応しているかをどうかが重要です。wifiを使いたい場所で、レンタル予定のポケットwifiが対応しているかどうかは、レンタル会社の公式ホームページなどで確認できます。

また、1ヶ月程度利用するのであれば、データ通信が無制限のポケットwifiを利用する方法が有効です。ポケットwifiの会社によっても異なりますが、1日5 MB までなど制限があるケースも多いため、注意しましょう。短い期間であっても通信量が多くなる可能性がある場合は、データ通信無制限のポケットwifiを選択する必要があります。

海外での使用は「どんなときもWiFi」がおすすめ

「どんなときもWiFi」最大の特徴は、クラウドSIMを採用しているため大手キャリアの回線を利用できることです。「どんなときもWiFi」は端末そのものにSIMカードを挿入せず、クラウドサーバー上に存在するSIMカードを利用して通信を行う方法で利用します。

そのため、ルーターをオンにするたびにau、docomo、Softbankの中から最適な回線に自動的に接続される仕組みです。SIMカードで通信を行う一般的なルーターと比較して速度や対応エリア速度が速く、対応エリアも広いことが特徴だといえます。さらに、「どんなときもWiFi」は他の会社と比較して月額料金が安いことも魅力です。

料金は1ヶ月4,280円であり、2年縛りのWiMAXや他のプロバイダーと比較しても月額1ヶ月の料金は安い部類に入ります。さらに、速度が速く対応エリアも広いため、コストパフォーマンスが非常に良いといえるでしょう。

「どんなときもWiFi」のメリットとデメリット

「どんなときもWiFi」は、国内外問わずどこでも使用できることが最大のメリットだといえます。日本全国はもちろん世界107の国で利用できるうえに、海外で使用する場合も特別な手続きは必要なく、すぐに使用可能です。自動的にSIMカードを切り替えるクラウド SIM を導入していることによって、日本でも国内でも海外でも地域に対応エリアに合わせた最適なSIMを自動で選択して通信するため、面倒な設定も必要ありません。

一般的に、海外で通信を利用する場合には別途手続きが必要であり、海外で使えないルーターも多いです。そのため、海外であっても手続き不要ですぐに使える「どんなときもWiFi」は非常に使いやすいといえるでしょう。また、申し込みをした後、最短当日に発送されるため翌日には届き、すぐに使用できることや、通信データ通信が無制限であるため容量を気にせずに使用できることも魅力です。

ただし、「どんなときもWiFi」には2年間契約を継続しなければならないといった条件が設けられており、1ヶ月だけのポケットwifiレンタルを検討している場合には注意しなければなりません。さらに、WiMAXと比べると速度が遅いこともデメリットです。しかし、料金が安いこと、手続き不要で非常にスムーズに利用できることなど、メリットのほうが大きいといえるでしょう。

海外で短期利用するならポケットwifiレンタルを検討しよう

大手キャリアを含めたポケットwifiレンタルのなかでも、「どんなときもWiFi」は国内だけではなく海外でもスムーズに利用でき、1ヶ月の料金はリーズナブルであり通信速度が安定しているなど、非常にコストパフォーマンスの良いサービスです。特徴やメリットが非常にシンプルなため、1ヶ月程度の短時間海外で使用したい人や、データ通信量を気にせずにインターネットを使用したい人には非常に最適だといえるでしょう。