会議用のskype for businessの使用方法

                                                                  skype for businessはどのような使い方ができるのでしょうか。基本的な使い方や導入が向いている企業の特徴を説明します。

「Skype for Business」とは

・「Skype for Business」は、マイクロソフトの「Office 365」の法人向けサービスとして提供されている
・Business Premiumプランの一部だが、単体で月額で利用することも可能
・Skypeと同じく複数人でのビデオ会議が可能で、スマホにも対応している

SkypeとSkype for Businessの違いと

・Skypeは一般消費者向けの無料サービス、Skype for Businessは法人向けの有料サービス
・Skype for Businessは同時につなげる人数が多い(Skype25人とSkype for Business250人)
・Skype for Businessは、ブロードキャストも利用可能
・Skype for Businessは、通信内容の暗号化などセキュリティも充実している

Skype for Businessの使用方法

・会議URLを発行し、メンバーに送る
・メンバーは直接Skype forBusinessから相手に呼びかけができる
・状況に応じて出入力やカメラの設定を変更できる

Skype for Businessの特徴

・他のOffice365の機能とスムーズに連携できる
・外部との通信を制限することも可能
・チャット機能が内蔵されており、会議中にメッセージを送ることもできる
・会議の在籍確認が可能

Skype for Businessの導入メリット

・遠方にいる人と簡単につながることができるため、出張の費用を削減できる
・リモートワークをしている人でも会議に参加できる
・移動時間も有効活用できる

Skype for Businessを有効活用する方法

・マイクロソフト「Office365」を使用しているなら、そのままのSkype for Businessを利用できる
・取引先からの電話が多い場合、Skype for Businessに社内の電話を転送するプランを利用すると、どこにいてもオフィスにかかってきた電話に応答できる
・大規模な会議をおこないたい場合でも、Skype for Businessなら対応可能

Skype for Businessの導入注意点

高品質な通信をするには、接続環境に気を付ける必要があります。
スムーズに導入するために、設定や利用方法などのマニュアル化やトレーニングをおこなう必要があるでしょう。

まとめ

Skype for Businessを導入すれば、社内外のコミュニケーションがスムーズになります。特徴を押さえた使い方をして、より円滑に業務を進められるようにしましょう。