テレワークの課題と労務管理を行うためのポイント

                                                                  テレワーク導入にはいくつかの課題があります。課題の一つである労務管理の方法について解説します。

テレワーク導入の課題1:情報漏洩などのセキュリティについて

・不正アクセスでの情報漏洩
・公共施設などを利用したモバイルワークの場合は、第三者にパソコンの画面を覗かれることでの情報漏洩
・勤務中の社員がトラブルに巻き込まれるなど、社員の安全

テレワーク導入の課題2:本人チェックと勤怠状況の確認について

・実際に勤務するのか懸念する声もある
・予定通り業務を介しているかどうかをスムーズに確認できる必要がある(終了や離席も含む)
・作業の成果はあっても、本人以外(なりすます)の作業ではないか確認したいという声も少なくはない

テレワーク導入の課題3:適切な労働時間を含む労務管理

・社員の健康を管理する上でも超過労働がないか管理することは重要
・テレワークは無断で休日勤務をしていないか管理がしにくい
・テレワーク中の仕事の進め方や休憩の取り方は社員が調整することが多い。そのため、労働時間に見合った休憩を取っているかも離れていると管理が難しい

テレワークは労働基準法も遵守する

・法定休日と法定労働時間の遵守(特例がある場合は届けが必要)
・適切な休憩時間を与える
・深夜の賃金、など

テレワークは通勤がないため通勤交通費はかからないのがメリット

勤務中にかかる通信費などは会社負担が原則。
自宅勤務の場合は、勤務に要した水道光熱費なども基本は会社負担します。
特に規定はないですが、テレワークで勤務中であっても仕事で移動が必要になった場合はその交通費も会社が負担することは考えておくべきです。
細かい取り決めについては業務の性質や条件に応じてあらかじめ就業規則などに盛り込んでおくとよいでしょう。

テレワークを利用する社員との連絡や仕事の開始や終了を把握する方法

・企業によって決め方はさまざま
・始業と終業は電話を入れるという方法もある
・業務連絡などのコミュケーションはチャットを使う企業は多い
・ミーティングや会議はテレビ電話も使用できる
・企業に合ったコニミュケーションの方法を考えておくことが大切

テレワークで労務管理をスムーズに行うツール

・オンラインでセキュリティから勤怠管理などができる
・パソコン以外のさまざまなデバイスの利用が可能
・パスワードやアクセス権限など管理機能が充実
・アカウントの追加が可能
・使い方を選択できる、など

まとめ

テレワークにはさまざまな課題がある。中でも労務管理はなかなか難しいです。社内での規定を決めるなどの解決を図り、便利なツールを使うなどしてテレワークを成功させる方法はあります。