お風呂の水漏れ!原因を知ってから修理をしよう!

                                                                  大量の水を使用するお風呂場でも、水漏れが発生することがあります。水漏れが起こった場合は、その原因を特定して適切な対処をすることが大切。この記事では、お風呂が水漏れをしてしまった場合の原因と効果的な修理方法について紹介します。

お風呂が水漏れする原因その1:浴槽

・浴槽のひび割れ
・給湯機の排水口の劣化
・ゴム栓の劣化

お風呂が水漏れする原因その2:蛇口

・部品の劣化
・パイプの破損
・接続部の緩み

お風呂が水漏れする原因その3:シャワーヘッド

・部品の劣化
・シャワーヘッドの破損
・シャワーヘッドとホースの接続部の緩み

お風呂が水漏れする原因その4:給湯器

・部品や本体の経年劣化
・給排水ホースの破損
・浴槽のひび割れの給湯器が水漏れする原因となる

お風呂が水漏れする原因その5:壁や床

・壁や床に使われている材料が経年劣化して水が浸透してしまう
・床下にある配管の破損
・壁に埋め込まれたパイプ類の破損

お風呂が水漏れする原因6:換気扇

・部品の劣化やサビ(浴室の蒸気や外気によって水滴が多くつく場所であるため)
・換気扇内部に水がたまってしまう
・サビが混ざった茶色の水が落ちてくることもある

対処法その1:浴槽が原因の水漏れ

浴槽のひび割れが原因の場合→修理や本体の交換が必要なため業者へ依頼します。排水口やゴム栓の劣化が原因の場合→部品の交換によって改善されるでしょう。部品によっては、自分で対処できる箇所もあります。
原因が特定できない場合には、業者へ依頼すると安心です。

対処法その2:蛇口が原因の水漏れ

・部品の劣化→部品の交換によって改善される。部品によっては、自分で対処できる箇所もある
・パイプの破損→パイプの修理や交換が必要となる。自分でも対処できないわけではないが、業者へ依頼するほうが安心
・接続部の緩み→緩んでいる部分がわかれば、専用の工具を使って自分で対処が可能

対処法その3:シャワーヘッドが原因の水漏れ

・部品の劣化→部品の交換によって改善される。部品によっては、自分で対処できる箇所もある
・シャワーヘッドの破損→修理や本体の交換が必要。自分で交換できる場合もあるが、業者へ依頼すると安心
・シャワーヘッドとホースの接続部の緩み→専用の工具を使って自分で対処が可能


対処法その4:給湯器が原因の水漏れ

・部品や本体の経年劣化→部品や本体の交換によって改善される。部品によっては、自分で対処できる箇所もある。本体の場合は、業者へ依頼する
・給排水ホースの破損→破損の程度によって、修理または交換が必要。業者へ依頼すると安心
・浴槽のひび割れが原因となっている場合は、修理や浴槽本体の交換が必要となるため業者へ依頼する

対処法その5:壁や床が原因の水漏れ

・壁や床に使われている材料の経年劣化→補修や修繕の必要がある。業者への依頼が安心
・床下にある配管の破損→業者へ修理の依頼をする
・壁に埋め込まれたパイプ類の破損→業者へ修理の依頼をする

対処法その6:換気扇が原因の水漏れ

・部品の劣化→部品の交換によって改善される。部品によっては、自分で対処できる箇所もある
・部品のサビ→こまめに掃除してサビを落とすことで、サビによる部品の劣化を防ぐことができる
・換気扇内部に水がたまってしまう→内部の水をできる限り取り除く
・分解して掃除することも効果的

修理する際に必要な工具とは?

・モンキーレンチやプライヤー→ナットを緩めたり閉めたりするための工具
・水栓レンチ→蛇口を外すときに必要な工具
・ピンセット→蛇口内部の細かな部品を扱う際に便利な工具

お風呂の水漏れを対処するリスク

原因に対して適切な対処をしていないと効果が期待できません。水漏れの原因は、見ただけでは明確にできない場合が多いため適切な対処をするのが難しいのです。
無理に対処しようとすると、部品などを破損させてしまう可能性があります。
水漏れの状況を悪化させてしまう可能性があるでしょう。

お風呂の水漏れ修理を業者に依頼した際の費用相場

・シャワーヘッドが原因の場合→7000~1万7000円
・蛇口が原因の場合→4000~3万5000円
・浴槽が原因の場合→12~18万円
現場の状況次第で対応難易度が違います。

業者選びのポイント

・なるべく早く対応してくれること
・料金がわかりやすく良心的であること
・水まわりトラブル解決の実績が多くあること

お風呂の水漏れを防ぐ方法

・定期的にメンテナンスをする
・接続部の緩みも定期的にチェックする
・定期的に換気をする

的確な対処で修理しよう!

お風呂の水漏れはさまざまな原因が考えられるため、原因を的確に見つけて対処することが大切です。