ソフトバンク光を契約する際に必要な書類と開通までの流れ

                                                                  ソフトバンク光を契約するなら、必要な書類を揃えておく必要があります。また、ソフトバンク光の契約から開通までの時間をある程度予測しておくことで、よりスムーズに契約ができるでしょう。ソフトバンク光を契約する際に必要な書類と開通までの流れを詳しく紹介します。

ソフトバンク光の契約種別

・インターネット回線を始めて契約する場合⇒新規
・フレッツ光以外の他社を利用していた場合⇒乗り換え
・フレッツ光からの乗り換え⇒転用という
ソフトバンク光はフレッツ光と同じ光回線となるため、新規ではなく乗り換えとなります。

申し込みから開通までの時間

・新規や乗り換えの場合は約1カ月
・転用の場合は約2週間
契約するタイミングによって、開通までにかかる日数は変わります。

繁忙期は開通に時間がかかる

繁忙期は1~3月(開通まで2~3カ月かかる場合もある)であり、5~7月は繁忙期が過ぎるため、キャンペーンが強化されることもあります。
そのため、5~7月ならば開通工事もそこまで混み合わないことが多いです。

新規契約の流れ

1.サイトなどからの申し込みをする
2.電話確認後に、契約書などの必要書類が郵送される
3.回線工事業者からの電話で、工事の日程を決定する

転用契約の流れ

フレッツ光からの転用の場合は、新規申し込みの前にフレッツ光で「転用承諾番号」を取得します。(電話か公式サイトから手続き可能)
転用承諾番号の有効期限は15日間なので、有効期限内にソフトバンク光の新規申し込み手続きをしましょう。
契約書や機器が届いたら、開通工事と機器の設定をします。

乗り換え契約の流れ

1.ソフトバンク光の新規申し込みをする
2.契約書や機器が届き、開通工事と機器の設定をする
3.ソフトバンク光が使えるようになったら、乗換元となる光回線を解約する

契約の際の必要書類

・月々の支払いに試用するカードや通帳
・契約者が未成年の場合は親権者等同意書
・親権者等同意書に記入した人の本人確認書類
・本人確認書類:①~⑤のどれか1つ。詳しく見ていきましょう。

①運転免許証

都道府県公安委員会発行で有効期限内の運転免許証であり、申し込み書類と、氏名・生年月日・住所が同じである必要があります。
住所が異なる場合は別途書類が必要です。
また、国際免許は受付不可となります。

②パスポート

日本国が発行しているパスポートで、有効期限内のもの。
申し込み書類と、氏名・生年月日・住所が同じである必要があり、住所が異なる場合は別途書類が必要です。

③マイナンバーカード

有効期限内のもので、申し込み書類と、氏名・生年月日・住所が同じである必要があり、住所が異なる場合は別途書類が必要です。
マイナンバー通知カードは受付不可となります。

④健康保険証

社会保険でも国民保健でも受付可です。
有効期限内のもので、健康保険証の場合は、他に発行から3カ月以内の住民票記載事項証明書・公共料金領収書・官公庁発行の印刷物のいずれかが必要になります。(発効日の印字があるもののみ有効)

⑤身体障がい者手帳

療育手帳や精神障がい者保健福祉手帳でも受付可です。
発行日の記載または有効期限の記載があり有効期限内のもので、顔写真、氏名、生年月日が記載されているものとなります。


外国籍である場合はどうする?

契約者が外国籍の場合の本人確認書類
・在留カードと外国パスポート
・外国人登録証明書と外国パスポート
・特別永住者証明書
上記3パターンのいずれかを用意しましょう。

書類と住所が違う場合の対処法

書類と申し込み住所が異なる場合の必要書類
・住民票記載事項証明書か公共料金領収書か官公庁発行の印刷物が補助書類として必要となる
・どの書類も発行から3カ月以内で、発行日が印字されている必要がある
・本人確認書類及び申し込み書類の氏名が一致していて、申し込み書類と住所が一致しているもの

WEBから写真をアップロードする際の注意点

・原本をカラーで撮影する(モノクロでは受付不可)
・裏面にも印字がある場合には、両面撮影してアップロードする
・JPGもしくはPNGで、3MB以下に設定する

ソフトバンク光が契約可能な窓口

・ソフトバンクショップ
・公式ホームページ
・代理店
・家電量販店
・Yahoo!BB公式ホームページ

代理店から契約するのがオススメ

代理店からの申し込みは、他の窓口に比べてキャッシュバックなどの特典が多い傾向にあります。
代理店によって、オプション加入の有無やキャッシュバック額、手続き方法などに違いがあり、基本的にはキャッシュバック額が大きいことが魅力とされているのです。

光回線受付センターがおすすめ

おすすめ代理店は光回線受付センターです。
光回線受付センターならば煩わしい手続きが不要で、オプション加入なしで高額のキャッシュバックの特典があります。
また、フリーダイヤルで親切にサービスの説明が受けられます。

代理店選びは重要!

・キャンペーン内容を電話で問い合わせしておく→悪徳代理店の場合は電話での問い合わせができない場合があるため、問い合わせて直接内容を聞いておくと安心
・適用条件が厳しすぎない代理店が安心→高いキャッシュバックを謳っていても、実際に受けられるキャッシュバックは安いケースも多い
・申請方法が複雑すぎないか→申請時期なども含めて、キャンペーンの申請が親切であるかどうかを確認しておくと良い

契約後はキャンセルできる

契約から8日以内ならばクーリングオフが可能です。
クーリングオフをするための特別な条件はありません。
実際に使ってみて、速度に不満を感じたり利用ができなかったりした場合でも、クーリングオフが利用できます。

開通後の手順

以前に使っていた回線やプロバイダがある場合は解約手続きを忘れずに行いましょう。
フレッツ光からソフトバンク光への転用の場合も、プロバイダの解約が必要な場合があります。
キャッシュバックの申請が必要な場合には忘れずに行うことも大切です。
契約するタイミングによっては、開通までに時間がかかる場合があります。また、契約する窓口によってキャンペーン内容が異なるため、なるべくお得に契約しましょう。