ウエストリンギアは育てやすい?特徴と育て方

                                                                  常緑のウエストリンギアは、丈夫で育てやすいのが魅力です。生垣としても鉢植えやグランドカバーとしても重宝するウエストリンギアの育て方を解説します。

ウエストリンギアの特徴

・オーストラリア原産
・シソ科の常緑低木
・霜が降りなければ屋外でも越冬できる→生垣や庭木としても人気
・開花時期が4~10月と長い
・日当たりの良い場所を好むが、じめじめした暑さは苦手
・病害虫には強い

ウエストリンギアの育て方

・加湿に弱いので、水をやり過ぎないようにする→土がしっかり乾いたら、たっぷり水を与える
・日当たりの良い場所に置いて育てる→鉢植えの場合は、夏の間半日陰の涼しい場所に移す
・水が多すぎると根腐れするので、梅雨の時期は雨が当たりにくい軒下などに移す
・肥料は少なめ→春と秋に少量の緩効性肥料を与える
・増やすときは挿し木
・植え替えは2年に1回程度

ウエストリンギアを育てる際の注意点

・水を多く与えすぎないこと→梅雨時の長雨に当たると根腐れしやすい
・夏場のじめじめした暑さも苦手なので、暑い時期は朝水を与えてはダメ→土の中の水が高温になり根腐れするので、水やりするなら夕方
・剪定するなら花が終わった後、伸びすぎた枝を切りそろえる程度にする

開花株選びが大切

ウエストリンギアが丈夫に育つかどうかは、最初に良い開花株を購入することが大事です。小さい鉢に植えられている場合は、育て始めるときに少し大きめの鉢に植え替えてあげましょう。