結婚式の雰囲気を左右する!使う曲の選び方のポイント

                                                                  結婚式用の曲(BGM)は、結婚式の雰囲気を大きく左右するとても重要な役割があります。この記事では、結婚式用の曲を選ぶ際のコツやポイントについて紹介します。

結婚式にBGMが必要なシーンとは

結婚式でBGMが必要となる場面について確認しておきましょう。
迎賓:会場入りするゲストを迎える際の曲。静かすぎずクラシカル調な曲がおすすめ。

新郎新婦入場…BGMとして一番の見せ場。和装には和の雰囲気あふれる曲を選ぶなど、衣装の雰囲気に合わせる。
乾杯:乾杯の合図の後に、開宴を彩る華やかな曲を選ぶ。

ケーキ入刀:ケーキ入刀の合図直後にBGMを入れる。
お色直し中座:演出によって曲を選ぶ。新郎新婦二人ともお色直しの場合は二人の思い出曲を選ぶなど。
両親への手紙:手紙の内容が映えるよう、歌詞のない曲がベスト。

結婚式の曲は早めに選ぼう

結婚式のBGMは雰囲気を左右する演出の重要アイテムです。
BGMが必要なシーンはたくさんあるため、余裕をもって早めに候補を出しておく必要があります。選曲をプランナーに任せることもできるが、後悔がないように進めましょう。

どのような式にしたいか、2人はどのようなイメージか、新郎新婦が納得する選曲を。
好きな曲でも歌詞をしっかりチェックして、結婚式にそぐわない曲ではないか確認することも大切です。

結婚式に使う際には著作権に注意

結婚式の曲選びでは、著作権に注意する必要があります。
結婚式は多くのゲストが参列して一度に同じ音楽を聴くことになり、私的使用の範囲とはならないため、無断使用は著作権の侵害にあたります。

JASRACと提携している会場で結婚式を挙げるのであれば、著作権関連の手続きは必要ありません。
プランナーに使用したい曲を伝えるときは、CDのコピーやダウンロード曲ではなくCDの原本が必要となります。

最適な曲を選んで結婚式を盛り上げよう

BGMが必要な場面は多く、一つの場面でも多くの曲を視聴・確認しなければならないため時間がかかりがちです。
しかし、曲選びは結婚式の雰囲気や印象を大きく左右するため、余裕をもって納得のいく曲選びをしましょう。