結婚式の受付係に抜擢!失礼の内容ゲストを迎えるマナーとは

                                                                  新郎新婦から結婚式の受付係を依頼されることは、「結婚式の顔」としてとても名誉なことだが、何をやるべきなのか、ほかのゲストよりマナーに気を配らなければならないのではと不安になる人も多いでしょう。この記事では、受付係が行う仕事や気を付けるべきマナーについて紹介します。

結婚式の受付係の仕事とは

主な仕事は以下の通りです。
・結婚式関係者(両家関係者)の立場としてゲストを迎えて挨拶する
・ゲストに芳名帳への記帳を促す
・ご祝儀を受け取って管理する
・ゲストに席次表を渡す
・会場の席や控室を案内する

受付係の服装マナー:女性編

両家の顔としてゲストを一番最初に出迎える役割だということを意識したドレス選びをしましょう。
清潔感のあるデザインと色合いのドレスを選びます。
お辞儀した際に胸元が見えてしまう、丈が短すぎるスカートなどを選ぶのはNG。髪の毛も頭を下げたときにバサッとならないようにセットしましょう。
ご祝儀を受け取る際に、ゲストは受付係の手元を見るため、華美すぎず清潔感のあるネイルやハンドケアを心がけることも大切です。

受付係の服装マナー:男性編

スーツは清潔感があるものを選び、スーツのしわはだらしなく見えるため事前にしっかりとりましょう。
色は黒かダークネイビーなど暗めを選び、カジュアルな式であれば少し明るめやチェックが入っているものでもOK。
シャツは白シャツがベストですが、カジュアルな式であれば淡いカラーシャツでもよいでしょう。
靴下は黒のミドル丈一択。カラーやショート丈は結婚式にそぐわないため注意が必要です。

結婚式の受付係が意識すべきこととは

新郎新婦にいつまでに開場するべきか確認し、余裕をもって会場入りします。
会場入りしたら、新郎新婦の親族控室にあいさつへ行き、会場スタッフと打ち合わせをしましょう。
トイレやクローク、控室、喫煙室がどこにあるかを把握しておきます。
また、持ち場は離れないこと、トイレなどで離れるときは、必ず誰かほかの受付係に待機してもらうことも大切です。
式の顔となるため笑顔を絶やさず、ゲストに好印象を与え、私語は慎みましょう。

結婚式の顔となって新郎新婦を支えよう

受付係は、ほかのゲストと比べて服装のマナーを守ること、責任感・笑顔を大切にする必要があります。事前・当日の準備がとても重要だといえるでしょう。