結婚式での挨拶!新郎の謝辞のポイントと流れとは

                                                                  一生に一度の結婚式で新郎が注目を浴びる謝辞。一度きりだからこそ何を話したらいいか、どれくらい話すべきなのか分からないことばかりです。この記事では謝辞の流れや例文、当日のポイントを解説します。

新郎の謝辞のタイミングと結婚式の流れ

大まかな結婚式の流れ(一例):ゲスト入場→新郎新婦入場→開宴挨拶→新郎新婦紹介→主賓挨拶→乾杯→ケーキ入刀→ゲストスピーチ・余興→お色直し・キャンドルサービス→祝電紹介→親への手紙・花束贈呈→謝辞→閉会・新郎新婦退場→ゲスト退場
謝辞は結婚式の終盤にあります。謝辞は両家の代表者が述べるため、新郎が若い場合は新郎の父親が行うことも多いですが、新郎が謝辞を述べるパターンも一般的です。

謝辞の構成ポイントと注意点

謝辞は、結婚式の最後にゲストへ感謝を伝える大切なもの。気持ちを伝えるために、構成を考えてまとまりのある内容にすることが重要です。
謝辞の一般的な構成…導入・本題・結びの3構成。
謝辞の時間はゆっくり話して3分以内に収めましょう。
また、忌み言葉は入れない(終わる、欠ける)よう注意が必要です。

謝辞では何を言えばいいの?

具体的な構成と例文を確認しておきましょう。
【導入】…冒頭あいさつ・両親やゲストへのお礼
【本題】…新郎新婦や両親との話など具体的なエピソード(例:二人が知り合ってから~年たち、これからは人生のパートナーとして支えあっていこうと決めました、など)、今後どのような家庭を築きたいか、抱負
【結び】…今後の付き合いについて(例:今後ともご指導ご鞭撻のほど心からよろしくお願いいたします。など)、結びの挨拶

結婚式の当日に謝辞を述べる際のポイント

謝辞の場には原稿を用意せず、自分の言葉で自然に話します。
目線はまっすぐゲストへ。
間違ってもいいので、気持ちを込めて堂々と話しましょう。
冒頭のお礼と最後は、新婦と二人で一礼します。

謝辞には感謝を込めることが大切

新郎謝辞はある程度の構成を考えておくこと・忌み言葉に気を付けること・ゲストと両親への感謝の気持ちを盛り込むことが重要です。自分らしさを盛りこみ、ゲストの印象に残る結婚式の締めくくりにしましょう。