初心者が免停になったら処分は厳しい?初心者講習の内容とは

                                                                  初心者は運転に不慣れなこともあり、ベテランのドライバーよりも事故や違反を起こしてしまう確率が高いです。免停になった場合と対応について説明する、として次の段落につなげてください。

初心者運転期間とは

免許取得後の1年間に事故が多いという理由から1985年に初心運転者期間の制度が設けられました。
制度の対象となるのは「原付免許」、「普通二輪免許(小型二輪免許も含む)」、「大型二輪免許」、「普通免許」の4つの免許です。これらを取得してから1年間は「初心運転者期間」として扱われます。

初心者が免停になったら?

初心運転者が一定の違反を犯すと初心運転者講習の受講が求められ、通常の免許制度の処分に加えて講習の受講という条件が課せられることになります。
・免許取得後1年以上経過者の場合:通常の行政処分
・免許取得後1年未満の場合:通常の行政処分+初心運転者特例が適用

初心者運転期間中の行政処分とは

期間中に以下の条件に1つでも当てはまると、再試験の対象者になります。
・違反点数が1点または2点の違反を繰り返し、合計が3点以上になった場合
・1回の違反で3点が付く違反をして、その後さらに1点以上の違反をした場合
・1回の違反で4点以上となる違反をした場合

初心運転者講習の内容について

・安全運転知識の向上
・所内コースにおける運転練習
・路上コースにおける運転演習
・危険予知訓練
・新たな心構え
講習がすべて終了すると最後に「初心運転者講習終了証明書」をもらえます。

初心運転者講習の費用と場所

公安委員会から住所地などを勘案して場所・日時の案内が来ます。原付を除き講習時間は7時間であることから丸一日(9時頃~17時頃)かけて行われます。
初心運転者講習に発生する費用は免許種別によって異なり、普通免許の場合は15,250円です。(条例によって定められているため、住んでいる都道府県によって料金や期間などが異なる)
場所と費用を通知はがきで確認しておきます。

初心運転者講習を受けなかったらどうなるのか

初心運転者講習を受講しなかった場合(一部を除いて通知が来てから1カ月以上超過)は 免許取得1年経過時に再試験が課せられます。
再試験の結果不合格になると取り消し処分が執行される(合格率10%未満)、再試験は普通自動車免許を新規で取得するときと同じ技量が問われますが、運転経験が浅い初心運転者にとって運転免許試験場における試験官を前にしての再試験受験は難関となるのです。

やむを得ない理由

1カ月以内に受けることができなくても認められるケースがあります。
1. 海外旅行のため
2. 病気または負傷したため
3. 免許の効力が停止されているため
4. 災害を受けているため
5. 法令の規定により身体の自由を拘束されているため
6. 社会の習慣上、または業務の遂行上、やむを得ない緊急の用務が生じたため
7. その他、公安委員会がやむを得ないと認める事情がある場合

適用が除外されるケース

該当する免許の上位免許を取得した場合は講習受講から除外されます。
○普通免許→大型免許・普通二種免許・大型二種免許を取得 (事実上困難)
○普通二輪免許→大型二輪免許を取得
○原付免許→小型特殊、仮免許以外の免許を取得
初めての免許取得が普通免許の場合、普通乗用車以外に原動機付自転車が乗ることが認められているように該当免許以外にも運転することが可能な場合、その車種(下位車種)で検挙された場合では初心者特例として計算されません。

通知が来たら素早く対応!

初心者が免停になった場合、よほどの理由がない限り、初心運転者講習を受けることになります。1カ月以内と期限が定められているため、忘れずに受講しましょう。