少人数結婚式のドレスを選ぶ際の5つのポイント

                                                                  少人数結婚式できるならどんなドレスが良いのか、選ぶときに気を付けたいポイントを5つ解説します。

ポイント1:花嫁のスタイル

花嫁の背が高いか低いか、やせ型かぽっちゃり型かによって、似合うドレスのラインが異なります。
型がいかり肩かなで肩か、胸が大きいか小さいかで、似合う首回りや肩回りのデザインが変わるのです。

ポイント2:会場の雰囲気

ホテルか専門式場か、あるいは高級レストランかカジュアルレストランかによって会場の持つ雰囲気が違うため、場の雰囲気に合うドレスも異なります。
会場の明るさや壁の色、壁紙の柄などによって、映えるドレスの色や柄が異なるのです。

ポイント3:少人数結婚式ならではの特徴を活かす

新郎新婦とゲストとの距離が近いため、ドレスの質感や細かい細工までゲストの目に入ります。
各テーブルを回ったり、ゲスト1人1人に挨拶して回ったりできるため、席を1つ1つ回りやすいスカートのボリュームや形を意識して選びましょう。

ポイント4:1着ならウェディングドレス

フォーマルドレスやワンピースなどでも結婚式を行うことはできますが、少人数結婚式を行うときは、ウェディングドレスを選ぶケースが多いです。
教会での挙式なら白一色が基本ですが、挙式の後の食事会や、人前式の式ならカラードレスでもかまいません。ゲストが平服でも、新婦はウェディングドレスというケースが多いです。

ポイント5:お色直し

少人数結婚式は親しい人たちと一緒にゆったりとした時間を過ごすことが目的であり、長い中座は時間がもったいないです。
お色直しで中座するなら、主役がいない時間帯を上手に活用する演出が必要です。ゲストを楽しませる映像を流すなどが良いでしょう。
2wayの衣裳を利用したり、ヘアメイクだけ変えたりすることでお色直しの時間を短縮します。

少人数だからドレス選びは慎重に

人数結婚式は大人数の結婚式以上にドレス選びに注意を払う必要があります。不安な場合は、式場のスタッフに相談しましょう。