結婚後は結婚指輪と婚約指輪を重ね付けすることがオススメな理由とは?

                                                                  婚約~結婚までは婚約指輪を付け、入籍後は婚約指輪を外して結婚指輪のみ付ける人は少なくありません。

婚約指輪を結婚指輪に重ねて付けることには意味があり、さらに重ね付けで指先の華やかさがアップするでしょう。

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする意味とは?

重ね付けするときは、いずれの指輪も、左手薬指に、結婚指輪を下に婚約指輪を上に付けます。

永遠の愛を誓い合った結婚指輪を結婚の約束を表現した婚約指輪で上からロックすることで、「永遠の愛」を留めておくという意味が込められているのです。

婚約指輪は、葬儀などTPOによっては外した方が良いケースもあり、外す際に煩わしくならないために結婚指輪の上に付けるとよいでしょう。

指輪を重ね付けするメリットとデメリット

【メリット】
・シンプルなデザインの結婚指輪とデザイン性の高い婚約指輪を重ね付けすると、手元に華やかな印象を与えることができる。
・フォーマル場面だけでなく、普段から手元に女性らしい上品なイメージを持たせることができる
【デメリット】
・指輪同士がぶつかって傷がついてしまう恐れがある
・重ね付けを前提に選ばないと、指輪同士のコーディネートが上手くできないことも
・重ね付け前提に選ぶと、内側に付ける指輪は指の付け根に近くなるため、やや大きめのサイズにする必要がある
・重ね付けしないときに少し緩く、外れやすくなる

しっくりくる指輪選びのポイント

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けした際に、色合いや隙間が気にならないような指輪の選び方をすることが大切です。

婚約指輪と結婚指輪を単品ずつ買うと指輪間の隙間が目立ち、色がちぐはぐになりやすい傾向にあります。

同じブランドで重ね付け用の婚約・結婚指輪をセット販売を活用しましょう。

同じブランドで婚約・結婚指輪を購入すると割引になるところもあります。

別ブランドで買ったり、セット買いしない場合は同系色でそろえることがポイント。

また、近い形のものを選ぶと、婚約指輪がストレートリングで結婚指輪がウエーブ状リングだと指輪の隙間が生じ、馴染みづらくなるでしょう。

重ね付けをさらに魅力的にするためのコツ

小さなダイヤモンドが一周ついているエタニティリングの結婚指輪と組み合わせて華やかさをアップさせます。

派手な指輪が苦手な人は、全面だけダイヤがついているハーフエタニティリングもおすすめ。

異素材の指輪を組み合わせることで、重ね付けが引き立ちます。

婚約指輪と結婚指輪を普段から重ね付けすることで、結婚後もしまうことなく長く婚約指輪を楽しむことができるでしょう。